omniture

SANYは水素燃料電池を使った建設車両でよりクリーンな燃料の時代を受け入れる

SANY Group
2021-03-29 12:51 243

【長沙(中国)2021年3月29日PR Newswire】毎年この日、全世界の何百万人もの人々がアースアワー(Earth Hour)を迎えて家庭、ビル、通りの照明を消す。2008年以来、「電気を使わない日」はこの惑星への約束として、エネルギーと環境を保全するために貢献している。SANYはこの約束を、当社機械の省エネと環境に優しいソリューションの絶え間ないイノベーションを通して果たしている。最近の2つの例としてはSANYの主力インテリジェント工場から新たに発表されたダンプトラックとミキサートラックで、両車両とも水素燃料電池技術を採用している。後者は水素を動力とする世界初のミキサートラックである。

このプロジェクトの研究開発エンジニアによると、水素燃料電池を使った建設車両には5つの重要な優位性がある。その中でも、水と熱だけを排出して「汚染ゼロ」を実現することは産業のグリーンな将来に向けた飛躍である。

中国は2060年までのカーボンニュートラルに焦点を合わせている。この目標を達成するには、とりわけメーカーが具体的なステップを踏むことが必要だ。

新しい燃料電池を動力とする建設車両は、「汚染ゼロ」の他にも次の4点で従来の建設車両よりも優れている:

1. 長いバッテリー寿命:合計容量1680 Lの水素シリンダーとの組み合わせによって500キロ以上の航続距離が確実になり、ドライバーを「マイレージへの不安」から解放する。

2. さらなるパワー:大きなトルクを発生するモーターとAMTギアボックスを使うことで、高出力の燃料電池スタックは50%を超えるエネルギー転換率を発揮する。この車両はより優れた加速率と当番能力を実証している。

3. より高い天候への適応力:統合型熱管理システムが高温や寒冷の天候状況で加熱と冷却を自動的に実行し、最高の性能を維持する。

4. 安全へのさらなる配慮:高温保護、過電流保護、低圧アラーム、漏洩検知、水素供給システム制御といった機能が不安のない運転体験を保証する。

SANYのクレーン事業部門副ゼネラルマネジャー、Li Tanbo氏は発表式典でスピーチし、建設車両の開発トレンドはグリーンエネルギーならびにグリーンでインテリジェントな機器技術のアプリケーションに向かっているとし、SANYは5年以内に中国で最大の包括的な水素燃料ソリューションのプロバイダー、そしてトップの電気建設車両メーカーになる計画であると述べた。

ソース:SANY Group

ソース: SANY Group