omniture

Vulkan Ray Tracing上に構築されたaiSim 3.0が自動運転を検証

AImotive
2021-03-24 17:00 557

【ブダペスト(ハンガリー)2021年3月24日PR Newswire=共同通信JBN】 

*自動運転センサーシミュレーション用のプラットフォーム非依存型ソリューション

欧州で自動運転技術に取り組んでいる最大の独立系チームであるAImotiveは24日、Khronos(R)GroupのVulkan(R)APIを統合し、aiSim 3.0のレイトレーシング性能を向上させたと発表した。

世界初のISO26262認定を受けた自動運転開発用の自動車グレードのオープンシミュレーターツールであるaiSimは、自動運転に必要なすべての主要なセンサー様式を正確かつ効率的にシミュレーションするよう設計されている。この次世代シミュレーターaiSim3.0は、2021年4月に発売される。

aiSimは、業界標準のVulkan APIを利用することで、さまざまなハードウエアプラットフォームに最高のカバレッジを提供することができる。最新のVulkan Ray Tracing拡張機能を使用すると、レンダリングタスクが利用可能なGPUレイトレーシングハードウエアに効率的に分配されるため、シミュレーション性能が向上する。また、aiSimは全体的な環境の光や気候の的確なシミュレーションを通じて、カメラ、LiDAR、レーダーなどのセンサー向けの物理的に現実的な新たなレベルのインプットの創出を可能にする。

効率的なデータ共有とストリーミングにより、最も複雑なセンサー設定でも、aiSimはHIL(ハードウエア・イン・ザ・ループ)のリアルタイムシミュレーションを実現する。

AImotiveのLaszlo Kishonti最高経営責任者(CEO)兼創業者は「AImotiveは、パフォーマンスの上で妥協することなく、当社の顧客と業界全体がすべての適切なコンポーネントを最小のコストで使用できるようにするオープンスタンダードにコミットしている。Vulkan Ray Tracingを使用することで、aiSimはこれまで以上に現実的な自動運転シミュレーションをリアルタイムで提供し、自動運転システムのさらなる開発とテストを加速することができる」と述べた。 

KhronosのNeil Trevett社長は「VulkanはGPUアクセラレーション上で明示制御を提供するため、aiSimなどの高度なデベロッパーは、高性能と視覚上のリアルさを必要とする自社の顧客向けの基盤となるプラットフォームの可能性を最大限に引き出すことができる。オープンスタンダードであるVulkan Ray Tracingは、複数のメーカーの低コストワークステーションやパーソナルコンピューター上の高価な映画のような視覚効果でしかこれまで利用できなかったリアルタイムのレンダリングテクノロジーを開放した。レイトレーシングの精度と物理的な正確さは、シミュレーション環境に特に適している。われわれは、ゲームと同時にこの新しいVulkanの機能を使用するプロフェッショナルな自動運転アプリケーションを目の当たりにすることを楽しみにしている」と述べた。

▽AImotiveについて AImotiveは、自動運転技術に取り組んでいる世界最大の独立系チームの1つであり、この分野で最も資金提供を受けている欧州企業の1つである。同社は自動運転ソフトウエア、独自のシミュレーションツール、ニューラルネットワークアクセラレーションハードウエアIPを開発し、自動運転の展開を支援するエコシステムを構築している。同社はスケーラブルでモジュール式、かつハードウエア非依存型の製品を開発し、業界のコラボレーションを促進して世界中のドライバーに救命技術を迅速に提供している。人工知能、センサーフュージョン、実際の自動運転ワークロードに対する同社のチームの深い理解は、同社のグローバルなテストフリートから収集されたデータによってさらに強化されている。3Dグラフィックスと幅広いハードウエアプラットフォームの最適化における同社の長年の経験により、同社は自動運転用ソフトウエアで最高のパフォーマンスのソフトウエアソリューションをはじめ、ローカルおよびクラウドベースのスケーラブルなシミュレーションを提供できる。より詳しい情報は、www.aimotive.com を参照。

▽The Khronos Groupについて The Khronos Group (Khronos Group )は、業界をリードする150を超える企業で構成されるオープンで、非営利のメンバー主導コンソーシアムである。新世代のVulkan GPU APIを含む3Dグラフィックス、拡張現実および仮想現実、並列プログラミングのための高度でロイヤルティーフリーの相互運用性標準を構築している。Khronosのメンバーは、Khronos仕様の開発と進化を推進し、仕様ドラフトと適合性テストへの早期アクセスを通じて、最先端のプラットフォームとアプリケーションの提供を加速することができる。

Khronos(R)およびVulkan(R)は、The Khronos Group Inc.の登録商標である。 

▽報道関係問い合わせ先

Bence Boda
Communications Manager
+36301828085
bence.boda@aimotive.com

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/777482/ai_motive_landscape_logo_Logo.jpg?p=medium600 

 

 

ソース: AImotive