omniture

Shanghai ElectricがPEM水素製造技術研究開発センターを開設、中国でのグリーン水素開発を強化

Dalian Institute of Chemical Physics of the Chinese Academy of Sciences
2021-03-17 13:22 1398

【上海2021年3月17日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードする発電・産業設備および統合サービスのメーカー兼サプライヤーであるShanghai Electric(以下、「同社」)(SEHK:02727、SSE:601727)は中国科学院大連化学物理研究所(大連研究所)と協力し、3月4日にProton Exchange Membrane (PEM) Hydrogen Production Technology R&D Center(プロトン交換膜(PEM)水素製造技術研究開発センター)を開設した。双方はMegawatt Modular(メガワットモジュラー)およびHigh-Efficiency PEM Hydrogen Production Equipment and System Development(高効率PEM水素製造装置・システム開発)に関するプロジェクト協力協定に調印し、Shanghai Electricの水素エネルギー分野における重要な一歩を印した。

Shanghai Electricは中国最大のエネルギー機器メーカーの1つとして、中国のクリーンエネルギー活動の一環としてグリーン水素開発の最前線にいる。今年の2回のセッションでは、第14次5カ年計画が活発に議論され、グリーン水素が中心に取り上げられた。強力な政府支援と幅広い業界の関心により、2021年は水素エネルギー業界のゼロ年として出現しつつある。

現在、Shanghai Electricと大連研究所は、新エネルギー発電と電解水水素製造への産業開発経路について暫定合意に達している。双方は協力の一環として、引き続きPEM電解水水素製造の変革の潜在的可能性を高め、競争力のあるPEM電解水素製品の開発を加速し、産業応用とシナリオを促進する。両者はさらに、水素エネルギー産業チェーン全体で綿密な協力を継続し、全体的な工業化を加速させていく。

水素エネルギーは、現在のすべてのクリーンエネルギーの中で最大の潜在的可能性を誇っており、開発への鍵はその生産にある。現在、水素は主に化石燃料、産業副産物の水素の回収・精製、および水の電気分解により生産されている。これらのプロセスは大量の炭素を排出する。近年、世界中でPEM水電解装置が急速に発展していることにより、現在の技術で炭素排出量をゼロにし、グリーンでクリーンな水素を効果的に生み出している。この飛躍的進歩は、中国によるカーボンピークとカーボンニュートラルの目標達成を支援するのに貢献するだろう。

したがって、電解水からの水素製造の市場ポテンシャルは極めて大きい。予測によると、2050年までに、水素エネルギーは中国のエネルギー市場の約10%を占め、需要は6000万トンに達し、年間生産額は10兆人民元を超える。2020年6月に国際エネルギー機関が発表した「Hydrogen: Tracking Energy Integration(水素:エネルギー統合追跡)リポートは、世界の電解水素生産プロジェクトの件数と設備容量の両方が大幅に増加し、出力は2010年の1MWから2019年には25MW超に急増したことを示している。注目すべきは、水素が国際貿易で中心的な役割を果たすエネルギー資源として天然ガスの仲間入りをする潜在的可能性から来ており、いつか天然ガスに取って代わる可能性もあるとされている点である。PwCの「2020 The Dawn of Green Hydrogen(2020年のグリーン水素の夜明け)リポートでPwCは、実験的水素が今世紀半ばまでに5億3000万トンに達すると予測している。 

Shanghai Electricは、将来の新エネルギー技術の1つとして成長の大きな潜在的可能性、特に新エネルギー車に動力を供給する能力を考慮して、数年前に水素エネルギーに焦点を合わせた。Shanghai Electric中央研究所は2016年、主要な燃料電池システムとスタック技術の研究開発への投資を開始した。2020年、Shanghai Electricが独自開発した66kWの出力を誇る燃料電池エンジンは、セ氏マイナス30度という低温環境での始動が可能で、National Motor Vehicle Product Quality Inspection Center(国立自動車製品品質検査センター)の検査に合格した。これはShanghai Electric独自の水素循環システムを採用し、強力なパワーと優れた耐久性を実現し、商用車のガソリンエンジンやディーゼルエンジンに取って代わる可能性を秘めている。

技術が成熟するにつれ、水素は工業化の加速段階に入った。Shanghai Electricは、その開発とグリーンエネルギーの変革を推進する機会を活用しつつある。Shanghai Electricはこれらの取り組みの一環として、2020年に水素エネルギー部を設立し、開発をさらに加速し、グリーンでクリーンなエネルギーの新時代をもたらしている。

中国最大のエネルギー機器メーカーの1つであるShanghai Electricは、プロジェクト開発、マーケティング、投資・資金調達、エンジニアリング・調達・建設(EPC)の能力を持ち、新エネルギーの開発とイノベーションを加速し続けている。同社は、上流の発電から下流の化学冶金までの産業チェーン全体で相乗的な基盤と資源の利点を有している。これらの要素を組み合わせることで、Shanghai Electricの水素製造分野への参入ペースが加速する。

現在、Shanghai Electricは、中国の4つの近代的石炭化学産業実証地区の1つであるNingdong Base(寧東基地)で、数多くの主要なグリーン水素統合エネルギー産業の実証プロジェクトを展開している。その中で、寧東エネルギー基地の「ソース―グリッド―負荷―貯蔵―水素」プロジェクトは、再生可能エネルギーの生成、エネルギー貯蔵、電気分解からの水素生成、およびグリーン化学/冶金の産業チェーン全体を統合している。

Shanghai Electricは2020年12月、内モンゴル自治区のOtog Front Banner(オトグ前旗)で「ソース―グリッド―負荷―貯蔵―水素」エネルギープロジェクトを開発するための協力協定を締結した。このプロジェクトは、大規模な電気化学エネルギー貯蔵と水素製造装置を備えており、大規模な新エネルギー発電基地を建設し、同地域の効率的な冷熱、電気、蒸気、水素エネルギー供給実現を支援する。 

 

ソース: Shanghai Electric