omniture

Learがフォーチュンの2021年「最も賞賛される企業」の1つに

Lear Corporation
2021-02-10 06:00 384

【サウスフィールド(米ミシガン州)2021年2月10日PR Newswire=共同通信JBN】シートと電子システムの世界的な自動車技術リーダーLear Corporation(リア・コーポレーション)(NYSE:LEA)は、フォーチュン誌の「世界で最も称賛される企業」リストに5年連続でランクインした。

Learは、自動車部品部門で総合4位を獲得。これは、米国を拠点とする自動車部品メーカーとしては最高位である。

LearのRay Scott社長兼最高経営責任者(CEO)は「この栄誉を再び受けることは、当社の多様なチームと開放的なカルチャーに対するこの上ない賛辞だ。彼らのオペレーショナル・エクセレンスへの取り組み、顧客への革新的ソリューションの提供、開放的なカルチャーの涵養が当社の成功の理由だ。われわれは、チームとして仕事をし、顧客ニーズを理解し、地域社会をサポートし、長期的に収益の上がる成長を推進していることを誇りにしている」と語った。

Learは2020年、こうした目標をサポートするため、以下のいくつかの行動を取った。

  • COVID-19パンデミックに対応した安全作業戦略の策定。Learは、他の企業が、従業員が安心して安全に仕事ができる職場を取り戻せるよう、80ページ以上の文書を公開して共有、ダウンロード数は3万5000を超えた。
  • 緊急対応要員、最前線で働く人々、非営利団体、地域社会、そこで雇われている人々向けに1000万枚以上のフェースマスクを生産できるよう生産能力を増強。 
  • 2050年までの炭素排出量ネットゼロ達成目標、2030年までに炭素排出量を50%削減しつつ、同社の製造施設での再生可能エネルギー使用を100%にする計画など、いくつかの新たな環境目標を発表。
  • 世界最大の企業責任イニシアチブである国連グローバル・コンパクトへの参加。
  • Corp!誌から多様性重視企業として表彰された。 
  • J.D.パワーの「2020 U.S. Seat Quality and Satisfaction Study(SM)」(米シート・クオリティーと満足度調査)で2つの賞を受賞し、大衆車部門を席巻。
  • 革新的な車載コマース・プラットフォームXevo Marketで、オートモーティブ・ニュース紙の「2020 PACEアワード」を受賞。 

フォーチュンは、グローバル経営コンサルティング会社コーン・フェリーと協力して、52の業界グループの670のグローバル企業のエグゼクティブ、ディレクター、アナリスト3820人に企業の評判を調査した後、年次リストをまとめた。

回答者は、経営と経営陣の質、製品とサービスの質、イノベーション、社会的責任、世界的競争力、長期投資としての価値など9つの要素をベースに企業の評判をランク付けした。

Lear Corporation(リア・コーポレーション)について

シートと電子システムの世界的な自動車技術リーダーLearは、世界中の消費者向けに優れた車内体験を実現している。39カ国にいる才能豊かで多彩な同社従業員チームは、イノベーション、オペレーショナル・エクセレンス、持続可能性へのコミットメントを糧としている。Lear はより安全、よりスマートで、もっと快適な旅のための技術を提供し、「Making every drive better(TM)(すべてのドライブをより良くする(TM)」。ミシガン州サウスフィールドに本社を置くLearは、世界の主要自動車メーカー全てにサービスを提供しており、Fortune 500で166位にランクされている。Learの詳細については、lear.com(https://lear.com/ )を参照するか、Twitterで@LearCorporation のフォローを。

ソース: Lear Corporation
Related Links: