omniture

エンパイアステートビルがバーチャル点灯式典と5番街ウインドーディスプレーで旧正月を祝福

Empire State Realty Trust, Inc.
2021-02-09 14:16 1639

【ニューヨーク2021年2月9日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界で最も有名なビルが在ニューヨーク中国総領事館と提携して丑年の新年を祝福

エンパイアステートビル(Empire State Building、ESB)(The Empire State Building  )は9日、在ニューヨーク中国総領事館と提携し、2月10日に世界的に有名なタワーライト照明、および丑年を記念する5番街ロビーの新しい春節ウインドーディスプレーの披露によって、旧正月を祝福すると発表した。


2021年2月10日の日没直前の午後5時(EST)、世界中のゲストはエンパイアステートビルのYouTube(YouTube )ページでバーチャル点灯式典に参加し、2月12日の旧暦最初の新月に先立って、ビルの有名なタワーを赤く染める"スイッチオン"を目撃することができる。Empire State Realty TrustのAnthony E. Malkin会長・社長兼最高経営責任者(CEO)がHuang Ping駐ニューヨーク中国総領事とともにあいさつする。式典は事後に総領事館のウェブサイト(Consulate General's website )やWeChat、Instagram(Instagram )で閲覧できる。

エンパイアステートビルは2021年2月10日から3月10日、「Back to Order(常態復帰)」と題する美術館品質の5番街ロビー・ウインドーディスプレーでも旧正月を祝福する。United Design LabがChina Arts and Entertainment Group Ltdとコラボしてデザインしたディスプレーは、異例の年を受けた2021年の平常復帰として雄牛の物語を告げる。雄牛が春を迎える4つの場面は、洪水を防ぐ者として立ちふさがって好天をもたらし、豊作の到来を告げる平和の象徴として描かれている。ウインドーはひょうたん、瑞雲、ハスの花、ザクロ、飛ぶランタンなどの伝統的要素を盛り込み、このような中国の歴史的象徴の重要性に敬意を払っている。5番街ロビーのウインドーは、ESBテナントかESB展望台ビジター限定で観覧可能である。

Empire State Building Observatory ExperienceのJean-Yves Ghazi社長は「旧正月は世界の中国人と中国系の人々にとって極めて重要なイベントであり、家族は一緒に祝うために旅行する。COVIDで混乱した世界において、われわれは特別で意味のあるタワー照明と幻想的なウインドーディスプレーでこの祝祭をたたえる。エンパイアステートビルは豊かで幸運な新年のために丑年の旧正月を祝う友人の皆さんにおめでとうと申し上げたい。エンパイアステートビルは開いており、ニューヨーク市に戻る皆さんを歓迎する用意ができている」と語った。

エンパイアステートビルと特別な照明、イベントに関する詳細はhttps://www.esbnyc.com/ を参照。

▽エンパイアステートビル(Empire State Building)について

マンハッタンのミッドタウンにそびえ立つ高さ1454フィート(地上からアンテナまで)のエンパイアステートビルは、Empire State Realty Trust, Inc.(ESRT:NYSE)が所有する「世界で最も有名なビル」である。2021年に同ビルはニューヨーク市の中心にあるアイコニックなランドマークとして90周年を迎えた。

エネルギー効率、インフラストラクチャー、公共区域、アメニティーへの新たな投資によって、エンパイアステートビルは世界中のさまざまな業界の一流テナントを引き寄せている。エンパイアステートビルは、ESRTの1010万平方フィートのポートフォリオの一部だ。ESRTは構築環境のエネルギー効率と持続可能性のリーダーで、WELL健康安全性評価(Health-Safety Rating)を達成した米国初の商業不動産ポートフォリオである。これは、現在のCOVID-19状況と将来のより広範な衛生・安全関連問題に対応する運用方針、保守プロトコル、緊急事態計画、利害関係者教育に焦点を当てたすべての種類の施設に対する証拠に基づく第三者認証の格付けである。

ESRTは2020年のGRESB Real Estate Assessment(不動産評価)で最高の5スターとグリーンスター認定、88得点を獲得した。これはESRTが全調査参加回答者の上位20%に入ることを意味する。GRESBは、不動産企業・ファンドの持続可能性成果の一級の評価手段と広くみられている厳格な基準として国際的に知られている。

同ビルは、Uberが実施した調査で、世界で最も人気のある旅行先に、米国建築家協会が行った世論調査では米国の好ましいビルに選ばれた。エンパイアステートビルは、Lonely PlanetのUltimate Travel List第2版でNew York City Attraction 1位にランク付けされた。エンパイアステートビルの詳細は以下を参照:www.empirestatebuilding.com, www.facebook.com/empirestatebuilding, https://twitter.com/empirestatebldg, www.instagram.com/empirestatebldg, http://weibo.com/empirestatebuilding, www.youtube.com/esbnyc, https://www.tiktok.com/@empirestatebldg, www.pinterest.com/empirestatebldg

▽Empire State Realty Trustについて

Empire State Realty Trust, Inc.(NYSE:ESRT)は「世界で最も有名なビル」であるエンパイアステートビルを含め、マンハッタンとニューヨーク大都市圏のオフィス、リテール資産を所有、管理、運営、買収、再配置している。同社のオフィスとリテールポートフォリオは2020年9月30日現在、賃貸用面積が1010万平方フィートに上り、このうち940万平方フィートは14のオフィス資産(マンハッタンに9、コネティカット州フェアフィールド郡に3、ニューヨーク州ウエストチェスター郡に2)、約70万平方フィートがリテールポートフォリオである。

Empire State Realty Trustは構築環境のエネルギー効率と持続可能性のリーダーで、対象ポートフォリオの76%がエネルギースター(ENERGY STAR )認証を受け、100%が再生可能風力発電で賄われている。ESRTは健康と安全の証拠に基づく第三者認証WELL健康安全性評価(WELL Health-Safety Rating )を達成した米国初の商業不動産ポートフォリオとして、不動産の持続可能性成果でGRESB最高の5スターとグリーンスター認定も受けており、健康・高機能ビルとしてFitwel(Fitwel )のChampionにも選定されている。

Empire State Realty Trustに関する詳細は以下参照:

empirestaterealtytrust.com(empirestaterealtytrust.com

Facebook(Facebook

Instagram(Instagram

Twitter(Twitter

LinkedIn(LinkedIn


 

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1434723/ctc6505.jpg?p=medium600
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1434724/windows.jpg?p=medium600
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/479871/Empire_State_Realty_Trust_Inc_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Empire State Realty Trust, Inc.
Related Stocks:
NYSE:ESRT
Related Links: