omniture

NCCNがワールドキャンサーデーの世界的ながん治療改善で「個人としてとらえる」キャンペーン

National Comprehensive Cancer Network
2021-02-04 07:05 1572

【プリマスミーティング(米ペンシルベニア州)2021年2月4日PR Newswire=共同通信JBN】

*代表的基準の腫瘍学ガイドラインの背後にある非営利連合組織は、組織内の多くの人々を鼓舞するがんとの個人的な連帯のストーリーを共有

*世界の腫瘍学コミュニティーは、過去1年間のがん治療に対するCOVID-19の影響を調査中

米国における主要がんセンター(leading cancer centers )の連合組織であるNational Comprehensive Cancer Network(R)(NCCN(R) - NCCN )は毎年2月4日にワールドキャンサーデー(World Cancer Day)(World Cancer Day )を記念して世界中の人々や組織と連帯する。2021年ワールドキャンサーデーは、がんとともに生きる人々とその家族、介護者、医療提供者、研究者、擁護者、およびその他のボランティアの勇気と成果に捧げられており、がんから命を救うことをサポートするためにだれもが参加することを呼びかけている。2021年ワールドキャンサーデーの取り組みは、NCCNがメンバーとなっているUnion for International Cancer Control(UICC - UICC )が主導している。「I Am and I Will」(I Am and I Will )というテーマは、がんコミュニティーの並外れた精神と強靭さを要約したものである。2021年、NCCNの従業員は、さまざまなスタッフの生活ががんによって直接影響を受けたことを共有することにより、がん治療について「get personal(個人としてとらえる)」ための21日間のチャレンジ (21-day challenge )に参加した。 

NCCNのRobert W. Carlson最高経営責任者(CEO)は「NCCNガイドラインは、がん治療における臨床の方向性と方針について認められている基準であり、あらゆる医療分野で利用できる最も徹底的かつ頻繁に更新される臨床診療ガイドラインでもある。そしてそれだけでなく、自分の愛する人や自分自身をどのように治療してもらいたいかを表すものでもある。NCCNガイドラインと関連リソースは、専任スタッフのサポートを受けて、あらゆる種類のがんに関する一流専門家からなる学際的なパネルによってまとめられている。 患者がより良い生活を送れるよう支援するわれわれの仕事は、単なる仕事以上のものであり、使命である。これは、われわれのスタッフがワールドキャンサーデーのチャレンジに収めるために提出した数多くの個人的なストーリーで極めて明瞭である」と語った。

NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology(NCCN Guidelines(R) - NCCN Guidelines )は世界中のがん治療の基準を引き上げるのに役立つ無料のリソースである。エビデンスに基づいたコンセンサスによる推奨事項は、すべての患者が最適な結果につながる可能性が最も高い予防、診断、治療、支援サービスを確実に受けられるようにすることを目的としている。ガイドラインは2020年に世界中で1170万回以上ダウンロードされた。NCCNガイドライン(R)は現在79の異なるトピックをカバーしており、50の異なる言語のさまざまな形式で存在している。

過去12カ月間、NCCNは進行中のCOVID-19パンデミック(COVID-19 pandemic )の間、質の高いがん治療の維持と最適化にも取り組んできた。この取り組みには、がん患者にワクチン接種するためのガイダンス原則 (guidance principals for vaccinating people with cancer )、複数の組織による安全で推奨されるがん検診と治療を再開することの重要性に関する声明(statement )、患者とスタッフを感染から安全に保つためのベストプラクティス(best practices )、変更された治療情報と支持療法などがある。

UICCのCEO、Cary Adams博士は「COVID-19は世界的にがん制御に影響を与えており、がんコミュニティーによる対応は並外れて、英雄的でさえあった。今年は、これまで以上にワールドキャンサーデーに彼らの功績を称賛することが適切である。 2021年に、がんが世界中のすべての国にもたらす長期的な課題にわれわれの集団的取り組みを再び集中させることを目指そう。われわれは、より多くのことを予防し、早期に診断し、がんとともに生きるすべての人々が必要な質の高い治療を受けられるようにしなければならない」と語った。

NCCNの「get personal」キャンペーンに関する詳細な情報はNCCN.org/WCD(NCCN.org/WCD )を参照。NCCNのCOVID-19パンデミックをめぐる取り組みに関する詳細な情報はNCCN.org/covid-19(NCCN.org/covid-19 )を参照。世界中のがん治療を改善するためのNCCNの取り組みに関する情報はNCCN.org/global(NCCN.org/global )を参照。hashtag #NCCNGlobal(#NCCNGlobal )でオンライン対話に参加を。

▽National Comprehensive Cancer Networkについて
National Comprehensive Cancer Network(R)(NCCN(R) - NCCN )は、患者のケア、研究、教育に献身する主要がんセンター(leading cancer centers )の非営利連合組織である。NCCNは患者の生活の向上につながるがんケアの質、有効性、効率、アクセスの改善に取り組んでいる。NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN Guidelines(R) - NCCN Guidelines)などのイニシアチブに関する詳細な情報はNCCN.org (NCCN.org )にアクセスを。NCCNのフォローは以下で:

Facebook @NCCNorg (@NCCNorg )

Instagram @NCCNorg (@NCCNorg )

Twitter @NCCN (@NCCN )

▽メディア関係問い合わせ先 
Rachel Darwin 
267-622-6624 
darwin@nccn.org

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/441768/NCCN_Logo.jpg?p=medium600

ソース: National Comprehensive Cancer Network
Related Links: