omniture

ポーランドのコニンにあるJohnson Mattheyバッテリー材料工場は、再生可能エネルギー100%で稼働しています

Johnson Matthey PLC
2021-01-26 19:56 1097

ロンドン, 2021年1月26日 /PRNewswire/ -- 持続可能な技術のリーダーであるJohnson Matthey(JM)は、ポーランドのコニンにあるバッテリー正極材料工場が、生産初日から再生可能資源の電力供給だけで、稼働することを確認しました。

JMは、太陽光と風力への投資に焦点を当てた再生可能エネルギーのヨーロッパ有数の生産者および販売業者であるAxpo Polska sp.z.o.o社と契約を締結しました。 Axpo Polska sp.z.o.o社は、コニンにあるJohnson Mattheyの新工場に再生可能電力を供給します。この工場は、2022年に稼働を開始し、2024年に生産する自動車プラットフォームに供給する予定です。 100%再生可能エネルギーを使用することで、工場の二酸化炭素排出量が大幅に削減され、ポーランドの低炭素経済への移行をサポートします。

コニンの新工場は、PHEV / BEV自動車用バッテリー使用向けに設計されたJMの高度なニッケルリッチ正極材料の一種であるeLNO®の商品化における大きな一歩を示しています。eLNOは、再生可能エネルギーを100%使用して生産を行うため、持続可能なバッテリーのバリューチェーンに貢献する強力な環境適性があります。生産初日から100%再生可能エネルギーを確保することは、Johnson Mattheyの現在と将来の持続可能性への取り組みを示しており、電池材料事業が生産を拡大するにつれて、新しい長期再生可能エネルギー供給を開発するための戦略的パートナーシップに投資するJohnson Mattheyの計画の第一歩を表しています。

 Johnson Matthey 電池材料事業部Chief ExecutiveのChristian Günther氏は「電池材料の製造は、エネルギーを大量に消費するプロセスです。 コニン工場は、目標とする生産能力で稼働すると、JM全体のエネルギー消費量が大幅に増加するため、持続可能なバッテリーの価値連鎖を確保するには、最初から二酸化炭素排出量を最小限に抑えることが重要です。 電気自動車の未来で大きな役割を果たすだけでは十分ではありません。世界をよりクリーンで健康的な場所にするために、Johnson Mattheyで行うすべての活動の中心は持続可能性となります。」と述べています。

Johnson Mattheyは、よりクリーンで健康的な世界を可能にする科学の世界的リーダーです。 発明と技術革新への200年以上の継続的な取り組みにより、お客様の製品パフォーマンス、機能、安全性を向上させ、2020年には、収益の50%以上を
環境ソリューションから獲得している企業に与えられるロンドン証券取引所のグリーンエコノミーマークを取得しました。 私たちの科学は、低排出輸送、医薬品、化学処理、地球の天然資源の最も効率的な利用などの分野で世界的な影響力を持っています。 今日、14,000人を超えるJohnson Mattheyの専門家がお客様やパートナーのネットワークと協力し、私たちの周りの世界に真の違いをもたらしています。 Johnson Mattheyは、Global Battery Allianceのメンバーであり、持続可能なバッテリー価値連鎖に関するGBAの10原則をサポートしています。

詳細については、www.matthey.com を参照してください。

科学を刺激し、人生を向上させる

eLNOは、Johnson Matthey Public LimitedCompanyの商標です。

 

ソース: Johnson Matthey PLC
Related Links: