omniture

Adapdixが、AI駆動の自動化および制御ソフトウエアの成長を加速させるためのシリーズA資金調達で800万ドルを調達

Adapdix Corporation
2020-12-08 18:00 833

プレザントン(米カリフォルニア州)

2020年12月8日

/PRNewswire/ -- エッジAIの自動化および制御ソフトウエアのデジタル変革のリーダーであるAdapdix Corporation(https://www.adapdix.com/ )は8日、800万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを完了したと発表した。資金ラウンドはMicron Venturesが主導し、既存投資家のX2 EquityとともにWRVI Capitalが参加した。

ADAPDIX Edge-optimized AI/ML Performance
ADAPDIX Edge-optimized AI/ML Performance

Adapdixは、産業グレードのデータメッシュ技術に基づく初の予測分析ソリューションであり、超低遅延、予測可能なメンテナンスと制御を実現する。これは、単なる障害の検出と防止から、制御の有効化や自己修正動作の自動化まで、企業はエッジAI性能のジャーニーで次のステップに進むことができることを意味する。

AdapdixのAnthony Hill創立者兼最高経営責任者(CEO)は「エンタープライズ企業は、モデルの精度を高め、ネットワークのコストや混雑、遅延を削減するために、処理能力をデータのソースにますます近づけてきている。AdapdixEdgeOps(TM)ソリューションは、エッジで価値を引き出し、システムを制御するという重要かつ成長中の市場のニーズに対応している。今回の投資ラウンドは、市場におけるAdapdixのリーダーシップの地位を確固たるものにし、より多くのエンタープライズ企業がリアルタイムの予測分析で自社のエンドツーエンドの運用を制御し、稼働時間を確保できるようにする」と述べた。

AdapdixのEdgeOps(TM)は、高度な人工知能と機械学習(AI/ML)分析を、分散型のエッジベースの制御プラットフォームと組み合わせたソフトウエア専門のソリューションだ。Adapdixは、AIデータがあるエッジで制御できるようにすることで、分散データメッシュエコシステムを実現し、顧客中心のエッジAI展開の新しい基盤を提供する。

WRVI Capitalの創設マネージングパートナーであるNicholas Brathwaite氏は「Adapdix EdgeOps(TM)の革新的な技術は、スケーラブルな多変数プラットフォームを提供し、企業は重要なインフラストラクチャー全体でAIとMLを運用できるようになり、これまで不可能だった大幅な稼働時間とビジネスの収益性を向上させる」と述べた。

Micron Venturesのベンチャーキャピタル・ディレクターであるAndrew Byrnes氏は「人工知能は、職場のプロセスを企業が自動化および最適化する方法を変革する。Adapdixには、新しいレベルの生産性と合理化されたプロセスを迅速かつ効果的に開放するデータインサイトを生成する強力な機能を備えた革新的なプラットフォームがある」と述べた。

AdapdixのEdgeOps(TM)は、最初は半導体、電子機器、自動車業界の製造業の顧客に焦点を当て、さらに多くの業界に拡大する予定だ。

▽Adapdixについて

Adapdixは、エッジの人工知能(AI)と機械学習(ML)を最適化する革新的なソフトウエアプラットフォームを企業に提供している。同社の顧客中心のAdapdix EdgeOps(TM)プラットフォームは、機器の稼働時間、サプライチェーンと輸送コストの削減、在宅勤務従業員の管理と生産性の向上においてこれまでに類を見ない性能の向上を実現する。Adapdixは2015年に設立され、米カリフォルニア州プレザントンに本社を置いている。詳細は、www.adapdix.com を参照。

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1359460/adapdix.jpg?p=medium600 
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1359461/ADAPDIX__Logo.jpg?p=medium600 

ソース: Adapdix Corporation