omniture

バリラ財団とフードタンクが、「農場からフォークまで、食料システムをリセット - 国連食料システムサミット2021に向けてステージを整える」のイベントについて発表

Barilla Foundation
2020-11-30 01:20 1834

イタリア、パルマ、2020年11月29日 /PRNewswire/ -- バリラ・グループとフード・タンクのグイド・バリラ会長は、「私たちは、より持続可能性のある未来に向けて加速し、力をつけ、調整し、そしてデザインを行う必要があります。また、企業、市民、そして組織などを含み、人々の間で、別の未来も可能なのだということについての自覚を深めてもらう必要があります」 と語った後で、この目標を達成する上でフラッグシップとなるイベントについて発表しました。そのタイトルは、「農場からフォークまでの食料システムをリセット – 国連食料システムサミット2021に向けたステージを整える」というものでした。

バリラグループとフード・タンクが主催するこのイベントは、12月1日火曜日の東部標準時の午前8時から11時、中央ヨーロッパ標準時の午後2時から5時にバーチャルで開催されます。登録はこちら:http://bit.ly/ResettingFoodSystem

混乱の多かった今年も終わりに近づき、世界が国連食料システムサミット2021に期待を寄せる中、農業、食品、および栄養に関する一流の専門家、政策立案者、民間部門の関係者、NGO、そして市民団体が一堂に会し、節目となるこの会議で食料システムをリセットする機会について議論をします。イベントは、コロナウィルスの大流行による後遺症を超えて、今後食料システムをどのようにして人間のニーズと地球上の限界に合わせたらいいのか、その方法について探ります。なぜなら、私たちは食料システムをもっと回復力のある、より包含性のある、そしてより持続可能なものにする必要があるからです。

議題には次の内容が含まれます: 

  • グイド・バリラ会長による歓迎の挨拶。
  • 「ダージリン・ エクスプレス」の創設者兼シェフであるAsma Khan氏およびフードタンク理事長のDanielle Nierenberg氏による開会の基調講演。
  • 小委員会および専門家による講演の題目: 
    • 世界の食料供給における農家の役割。
    • ヨーロッパの農業の変遷。
    • 新しい食料経済。
    • 食品ビジネスの未来。
    • 食品とテクノロジーの交わり。
    • 食品の健康的側面。
    • 新しい、持続可能な食料システムの構築。
  • コロナウィルス後の食事に関する世界的に著名なシェフによる解説。

国連には2030年までに達成することを目標とした全17件のSDG(持続可能な開発目標)がありますが、飢餓、貧困、不平等の撲滅に向けたSDG達成まで残り10年となった今、食料システムがこれらすべてのSDGにおいて重要な要素になります。私たちがどのように食料を生産し、購入し、販売し、そして食べるのかに関して、その間にあるリンクを活用することにより、もっと健康的で、もっと繁栄した、そしてもっと充実した生活をサポートできるはずです。

著名な講演者には次の各氏が含まれます:

  • Dan Barber、レストラン「Blue Hill」および「Blue Hill at Stone Barns」のシェフ兼共同オーナー 
  • Emily Ma、Lead社、Food Systems社、X社 (ムーンショットファクトリー)、Alphabet社 (Googleの親会社)
  • Janusz Wojciechowski氏、 欧州委員会欧州委員(農業担当) 
  • Sara Bleich氏、 医療政策・管理学部のハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院の公衆衛生政策担当教授

結果は一連の推奨事項にまとめられ、国連食料システムサミットに送付されます。

写真:https://mma.prnasia.com/media2/1343886/Resetting_the_Food_System_from_Farm_to_Fork.jpg?p=medium600  
ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/1343887/Barilla_Center_for_Food_and_Nutrition_Logo.jpg?p=medium600  

 

連絡先:Mariagrazia Martorana、メディア関連コンサルタント、携帯電話  +39 3335761268

 

ソース: Barilla Foundation