omniture

CNNの「Super Hero」:来年開催の東京パラリンピック大会で 輝きを放つ世界のアスリート5人を特集

CNN International
2020-11-26 12:35 772

【香港2020年11月26日PR Newswire】 CNNは11月放送の「Super Hero (スーパーヒーロー)」で、東京パラリンピックに出場する世界のアスリート5人を特集する。CNNのアンカー兼特派員、クリスティーナ・マクファーレンChristina Macfarlaneがホストを務める30分の新番組は、大きな困難にもかかわらず極めて高いレベルで競い合う彼らの意志力、強さ、大望を紹介する。

CNNの「スーパーヒーロー」に、東京に出場する感動的アスリート5人
CNNの「スーパーヒーロー」に、東京に出場する感動的アスリート5人

CNNはまず、パラリンピック2回出場の水泳選手、マロリー・ウェグマン(Mallory Weggemann)を取材。彼女は2008年に硬膜外注射を受け体に麻痺が残る。しかしそのわずか3カ月後、プールに復帰した彼女は2012年のロンドン・パラリンピックで金メダルと銅メダルを獲得した。ウェグマンは今年、パンデミックのためにプールが閉鎖されると、陸上での代替トレーニングを見いだした。

瀬立モニカ(Monika Seryu)の人生は、高校の体育授業中に負傷し下半身麻痺になって以来、完全に変わることになる。しかし、川で知り合ったホームレス男性に励まされたこともあって、パラカヌーを選んだ。パラリンピックを間近に控え、現在23歳で東京生まれの彼女は地元で戦うことを楽しみにしている。

生まれながらに脚と両手の指がないライリー・バット(Ryley Batt)は、生涯を車いすで成長することに楽しみを感じていなかった。ただそれは、車いすラグビーとの運命的な出会い、そしてそのスポーツをマスターする道を選ぶまでのことだった。パラリンピックに過去4回出場し、金メダル2個を獲得したバットは東京パラリンピックのオーストラリア代表の共同キャプテンに指名されている。

車いすでプレーするのはラグビーだけではない。卓越した戦略と精度を必要とするボールゲームのボッチャもある。CNNは世界トップ級のボッチャ選手、香港の何宛淇(Yuen-kei Ho)から話を聞いた。生まれつき脊髄性筋萎縮症(SMA)を抱える彼女は2016年のリオでパラリンピックデビュー。来年東京でナンバーワンになることに照準を合わせている。

最後にCNNは、南アフリカのランナーで走り幅跳びの選手、ムプメレロ・ムショロンゴ(Mpumelelo Mhlongo)を取材。ムショロンゴは、手足の発達に異常をきたす羊膜索症候群を患っている。陸上での努力に加えて、化学工学博士課程の学生でもある彼は、南アフリカの医療資源向上を目指すヘルスケア新興企業の共同創業者でもある。

Super Hero予告編:https://bit.ly/3kTZy40
Super Hero画像:https://bit.ly/2UB1VO8

30分特別番組の放送時間(日本時間):

11月28日(土)午後8時
11月29日(日)午前11時、および午後3時

CNNインターナショナルについて

CNNはテレビ・オンライン・モバイルなど様々なデバイスを介し、世界中で7カ国語、4.8億以上の世帯で視聴されている。CNNインターナショナルは、ヨーロッパ・中東・アフリカ・アジア太平洋・南米における主な主要メディアの視聴調査でNo.1の国際テレビニュースチャンネルの評価を得ており、アメリカ合衆国内でも高いプレゼンスを誇っている。CNNデジタルはデジタル革新の最先端を走っており、視聴者の膨大な視聴行動データをもとに、様々なデジタル・プロパティや、コンテンツ・パートナーシップなど、戦略的なコンテンツ事業を展開している。CNNはジャーナリズムの分野における世界中で様々な栄誉ある賞を受賞。加えて、CNNIの非ニュース・プログラミング部門では、毎年1,000時間を超えるシリーズ、ドキュメンタリー、特別番組が制作されている。CNNは世界に36の編集部と1,100以上の系列局を擁しており、ワーナーメディアの傘下にある。

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: CNN International