omniture

第5回中国北京国際マジック大会は北京市昌平区で開幕しました

China Youth Daily
2020-11-06 00:59 703

北京, 2020年11月5日 /PRNewswire/ -- 第5回中国北京国際マジック大会の開幕式及び重要無形文化財魔術師マジックショーが開幕しました。今回の大会は"文化観光消費新しい動力、公益福祉新しいシーン"をテーマとして、オンラインとオフライン両方で一連の公演とチャリティーイベントを行いました。

中国マジック「金菊賞」の金賞メダリスト、丁洋がマジック「月光白鳩」を披露
中国マジック「金菊賞」の金賞メダリスト、丁洋がマジック「月光白鳩」を披露

開幕式及び重要無形文化財魔術師マジックショーと「北京の光」近景マジック魔術師ショーのほか、「北京の光」近景マジック魔術師ショーなどのパフォーマンス、「金長城杯」マジック動画募集大会、「金長城杯」マジック生放送大会、「マジックが星を照らす」自閉症の子供達に関心と愛を与えるネットチャリティーイベント、「昌平を好きになる」第1回マジック文化観光消費シーズン、第5回「回龍観と天通苑で中国北京国際マジック大会」、「金長城・ミニシアター」マジック常駐公演、「美しい昌平と现场巡り」福祉公演、「雲端」シリーズ国際マジック交流活動及び第7回「金長城杯」国際子どもマジックスターチャンピオン大会などのイベントも続々登場しました。今回のマジック大会は初めて「マジック三百プロジェクト」の計画を投入しました、すなわち未来の5年間においで、百回重要無形文化財マジックショーを公演、百回重要無形文化財マジック課程を撮影、百名の重要無形文化財継承者とマジック弟子のために公演の舞台を提供する計画です。

開幕式では、北京市文化観光局の副巡視員馬文が「マジックは昌平区の文化クリエイティブ産業の核心内容の一環で、北京市の文化クリエイティブ産業の重要な構成部分でもある」と言いました。中国では規模最大、最も影響力のあるマジックイベントの一つとして、マジック大会はすでに9年も続きました。2012年から、昌平区は 「マジック大会」のリーダーシップと主な役割を十分に発揮し、世界高レベルを代表する「金長城杯」大会のブランドを作り、国際影響力のあるマジック組織を創立し、大量なマジックの人材を育成した上で、更に中国そして世界のマジック文化クリエイティブ産業の発展も推進しました。

第5回中国北京国際マジック大会は中国曲芸家協会、北京市文化観光局、北京市文資部門、北京市文聯、北京芸能グループ、北京市昌平区人民政府が主催し、北京曲芸家協会、中国曲芸家団、北京市昌平区文化観光局が実施し、北京金長城京演マジック文化株式会社、北京楽多港奇幻楽園、北京市昌平マジック協会、中国マジック産業発展連盟、中国高校マジックサークル友好会が協力し、北京快手科学技術株式会社が今回の大会オンラインサポートを提供いたしました。

連絡先:張連昆
連絡方法:0086-13521243150

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1327889/china_youth_daily.jpg?p=medium600  
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1327890/china_youth_daily.jpg?p=medium600

 

 

中国国家一級俳優、秦鸣暁、姚金芬夫婦がマジック「インタラクティブな古彩」を演じる
中国国家一級俳優、秦鸣暁、姚金芬夫婦がマジック「インタラクティブな古彩」を演じる

ソース: China Youth Daily