omniture

Bama Teaが安溪鉄観音宣伝のためお茶のブランドサミットを開催

Bama Tea
2020-10-13 13:10 304

【泉州(中国)2020年10月13日PR Newswire=共同通信JBN】中国茶企業、Bama Tea Co., Ltd.は、10月10日に福建省でウーロン茶の一種である鉄観音茶を紹介し、福建の業界の発展について話し合うためお茶のブランドサミットを開催した。

Bama Teaの鉄観音茶製品が11年連続で中国での売り上げをリードしてきた
Bama Teaの鉄観音茶製品が11年連続で中国での売り上げをリードしてきた

サミットでは「Bama Tea Industry Research Institute(八馬茶産業研究院)」が設立された。これは、2020年にFujian Academy of Agricultural Sciences(福建省農業科学院)によって立ち上げられた農業産業化計画だ。今年異なる業界で10の研究所が建設される予定で、「Bama Tea Industry Research Institute」は茶産業で初の研究所となる。Bama TeaはResearch Instituteと協力し、茶の植え付け、加工、物流、販売、管理に関する茶産業の標準化システムを向上させる。

お茶のブランドサミットで「Bama Tea Industry Research Institute」が設立された
お茶のブランドサミットで「Bama Tea Industry Research Institute」が設立された

鉄観音は中国で300年間も消費されてきた。無形文化遺産の国家レベルブランドの鉄観音を持つ代表者として、Bama Teaは鉄観音茶をうまく世界に宣伝してきた。2018年にBama Teaは武漢の東湖で中国とインドのリーダーに中国茶を提供するのに選ばれた。2017年には、アモイのBRICSサミットと泉州のMaritime Silk Road International Arts Festivalという2つの国際的なイベントでサービスを提供した。

中国茶は世界中の人々の間でますます人気が出てきている。また、中国政府は世界40以上の国・地域で「安溪鉄観音」ブランドを登録しており、わが国の国際文化交流において重要な役割を果たしている。Bama TeaのWang Wenli社長は「Bama Teaの鉄観音茶製品は、11年連続で中国での売り上げをリードしてきた。お茶のブランディング不足と茶製品の均質化の時代に、大手ブランドになるには差別化された良い製品から始める必要がある」と述べた。

お茶のブランドサミットでBama Teaの鉄観音茶を紹介
お茶のブランドサミットでBama Teaの鉄観音茶を紹介

▽Bama Teaについて

Bama Teaの工場と茶畑は、中国福建省泉州市に位置する安渓県にある。Bama Teaは現在、中国国内に1800以上の店舗を持ち、中国でお茶を販売する最大のチェーンの1つだ。Bama Teaは定期的に海外で文化交流イベントに参加し、世界の24カ国69都市で中国茶文化を広めてきた。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20201012/2946426-1-a?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20201012/2946426-1-b?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20201012/2946426-1-c?lang=0

ソース: Bama Tea
Related Links: