omniture

可能性を解き放ち、成都が没入型ショーで公園コミュニティーの機会を披露

National Business Daily (NBD)
2020-09-25 16:42 1879

【成都(中国)2020年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】

National Business Daily(毎日経済新聞)の記事:

中国南西部の成都は、新たな経済部門を促進するために継続的な取り組みを行う中、住みよい公園コミュニティーを中心とする多数の新しい場所と製品を9月25日に紹介した。

風光明媚で住みよい公園コミュニティーの成都
風光明媚で住みよい公園コミュニティーの成都

成都市コミュニティー・ガバナンス委員会とChengdu New Economic Development Commission(成都新経済開発委員会)が主催し成華区が催したこの特別イベントは2020 Chengdu New Economy Double Thousand Project(2020年成都新経済2つの1000プロジェクト)の一環である。

イベントは屋外展示と屋内の記者会見で構成された。屋外エリアでは、ビジターは中国電信(China Telecom)、ファーウェイ、Ximalayaなどの企業によるスマート家電、日常消費財など複数の製品と公共サービス製品を実地体験することができた。

屋内エリアでは型破りな形式で記者会見が行われた。それは公園コミュニティーでの家族の1日を追跡する没入型かつインタラクティブなリアリティーショーである。公園コミュニティーを構築する製品と機会がパフォーマンスの朝、昼、夜の各章に織り込まれている。

ショーの監督であるLe Lei氏は「1場面は、感情の反応を引き起こす時間と空間の1点である。ビジターはわれわれが作り上げた3場面の中にいる家族の視点に立つことで、より深く製品を体験することができる」と述べた。

公園コミュニティー内の合計100の新しい場所と100の新しい製品がイベントで発表され、ファーウェイ、New Hope Groupなどの有名企業が最新技術とアプリケーションを宣伝する機会を得た。このほか、イベントではコミュニティー事業と企業トップ100のリストが公開された。

サプライヤーとバイヤーのマッチングの促進を強化するため、イベントに並行して、成都の革新的な新経済の製品を取引するためのプラットフォームが開設された。このプラットフォームは取引、サービス、運営の各機能により、オンラインで「Double Thousand Project(2つの1000プロジェクト)」に関連する製品と場所の取引を仲介することができる。

さまざまなニーズに対応するサプライヤーを的確に見つけ、リソースの割り当てを最適化することがイベントの主要課題である。世界に新たな機会を解き放つことにより、イベントはコミュニティーレベルでの公園都市開発によりよく関与するよう投資家と機関を引き付けることが期待される。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200924/2924469-1?lang=0

ソース: National Business Daily (NBD)