omniture

ファーウェイはインテリジェントコネクティビティーを備えた産業Intelligent Twinsの構築に努力

Huawei
2020-09-25 15:33 1515

【上海2020年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はHUAWEI CONNECT(ファーウェイ・コネクト) 2020で、テクノロジー、ネットワーク、および業界シナリオ向けオールシナリオ・インテリジェントコネクティビティー・ソリューションを発表した。これらのソリューションは、ファーウェイが産業Intelligent Twins(インテリジェントツイン)を構築するためユビキタスギガビット、決定論的エクスペリエンス、超自動化を特徴とするインテリジェントコネクティビティーを提供することをサポートする。ファーウェイはまた、企業向け自動運転ネットワーク(ADN)ソリューションを立ち上げ、企業ネットワークをADN時代に推進し、業界のインテリジェントなアップグレードを加速した。

ファーウェイのエグゼクティブディレクター兼投資検討委員会会長であるDavid Wang氏は「Building industry Intelligent Twins with intelligent connectivity(インテリジェントコネクティビティーを備えた産業Intelligent Twinsの構築)」と題する基調講演を行った。Wang氏によると、コネクティビティーは生産性である。Intelligent Twinsをよりスマートにするのは、単なる計算能力ではなく、強力なコネクティビティーである。

ファーウェイはユビキタスギガビット、決定論的エクスペリエンス、超自動化がインテリジェントコネクティビティーの3つの主要な特性であるとみている。

ファーウェイのエグゼクティブディレクター兼投資検討委員会議長であるDavid Wang氏がオールシナリオ・インテリジェントコネクティビティー・ソリューションを発表
ファーウェイのエグゼクティブディレクター兼投資検討委員会議長であるDavid Wang氏がオールシナリオ・インテリジェントコネクティビティー・ソリューションを発表

Intelligent Twinsはコネクティビティーに関する5つの新しい要件を提起

Intelligent Twinsの4つの主要コンポーネントは、インテリジェントインタラクション、インテリジェントコネクティビティー、インテリジェントアプリケーション、およびインテリジェントハブである。このうち、インテリジェントコネクティビティーはIntelligent Twinsの本体のようなものである。Intelligent Twinsはインテリジェントコネクティビティーにどのような新しい要件を課すのだろうか?

Intelligent Twinsのコネクティビティーシナリオには3つのタイプがある。1つは、AIクラスターサーバーやクラウドデータセンターの接続など、インテリジェントハブ内のコネクティビティーである。2つ目は、インテリジェントハブとインテリジェントインタラクションデバイス間のコネクティビティーである。いわば「脳」と「手足」をつなぐものだ。最後のタイプは、AIカメラ、4Kドローン、ロボットアームの接続などのインテリジェントインタラクションデバイス間のコネクティビティーである。

全体として、Intelligent Twinsには、高い信頼性、パケット損失ゼロ、差別化されたサービス、リアルタイムの高帯域幅、スマートO&Mの5つのコネクティビティー要件がある。

Intelligent Twinsのコネクティビティーニーズを満たすため、ファーウェイはインテリジェントコネクティビティーの3つの主要な特性を定義した。

1つ目は、ユビキタスギガビットである。帯域幅はコネクティビティーの基本である。AIカメラ、ドローン、産業用カメラ、産業用VR/ARサービスの幅広いアプリケーションにより、ユビキタスギガビットコネクティビティーが不可欠となった。

2つ目は決定論的エクスペリエンスである。Intelligent Twinsのコネクティビティーは、主に物事や多様な生産シナリオを対象としている。たとえば2019年のピーク時には深セン空港に1分未満に1機の航空機が発着していたため、リアルタイムのネットワークを保証することが不可欠だった。別の例では、電力会社は「シックスナイン」、またはさらに高い信頼性と、停電を世帯あたり年間2分未満に抑えることを保証する必要がある。したがって、決定論的コネクティビティーは、エンタープライズサービスのセキュリティーと信頼性にとり不可欠である。

3つ目はハイパーオートメーションである。業界がインテリジェントになるにつれ、ネットワークの規模と複雑さだけでなく、サービスの種類も増大し、ネットワークのO&Mがさらに困難になる。ビッグデータとAIのアプリケーションは、従来の半自動O&Mを超自動O&Mに変換し、これらすべての複雑さをデジタルインテリジェンスで処理できるようにする。

ファーウェイのオールシナリオ・インテリジェントコネクティビティー・ソリューション

テクノロジーに関しては、ファーウェイのオールシナリオ・インテリジェントコネクティビティー・ソリューションは、インテリジェントインタラクションデバイスにユビキタスギガビットと低レイテンシーコネクティビティーを提供し、AIを適用して決定論的ネットワークエクスペリエンスとハイパー自動O&Mを実現する。ネットワークに関しては、これらのソリューションはキャンパス、データセンター、WAN、およびセキュリティーネットワークをIntelligent Twinsに提供する。業界については、インテリジェントコネクティビティーをインテリジェントインタラクション、インテリジェントハブ、および業界のノウハウと組み合わせて、業界向けのシナリオ固有のインテリジェントソリューションを構築する。

  • 5Gインテリジェントコネクティビティー:ギガビットアップリンク速度、20ミリ秒レイテンシー、サブメーターレベル位置

ファーウェイは、業界のインテリジェントアップグレードをサポートするため、アップリンク帯域幅、レイテンシー、位置精度の点で5Gインテリジェントコネクティビティー機能を引き続き強化する。たとえば、スマート製造ドメインでは、ファーウェイはSuper Uplinkテクノロジーを使用して、HDビデオアップロードにギガビットアップリンク速度を提供した。ファーウェイの5Gインテリジェントコネクティビティーテクノロジーは、ポートなどのリモート操作と制御を必要とするシナリオ向けに、事前スケジューリングやミニスロットなどの機能を導入して、レイテンシーを20ミリ秒に短縮し、手作業の90%を自動化された操作に置き換えた。UTDOAとより高い帯域幅のおかげで、ファーウェイの5Gインテリジェントコネクティビティーは、スマート製造のためのサブメーターレベルの位置精度をサポートすることができ、工業団地での生産・管理の効率を高める。

  • インテリジェントIPネットワーク:すべてのサービスで高帯域幅とロスレス

ファーウェイのインテリジェントIPネットワークは、ネットワーク要素、ネットワーク、クラウドで構成される3層AIアーキテクチャーに基づいており、キャンパス、WAN、およびデータセンターネットワークのバージョン2.0へのアップグレードを容易にする。

ファーウェイのCloudCampus 2.0ソリューションは、キャンパスネットワークをギガビット時代へと導き、あらゆるデバイスを介してあらゆるアプリケーションにギガビットコネクティビティーを提供し、ネットワークリソースのインテリジェントなスケジューリングを可能にする。CloudWAN 2.0ソリューションはWANネットワークにインテリジェンスをもたらす。CloudWAN 2.0を使用すると、クラウドとネットワーク間でシナジーを実現でき、差別化されたサービスのニーズに対応することができる。CloudFabric 2.0は、データセンターネットワークでのパケット損失をゼロにし、AIコンピューティングとストレージの効率を30%以上向上させ、データセンターネットワークのインテリジェント化を支援する。

  • F5Gインテリジェント全光ネットワーク:高帯域幅相互接続とフレキシブルパイプ

ファーウェイはF5G時代の全光ネットワーク戦略を提案し、3つのインテリジェントな全光ネットワークソリューションを発表した。

1つ目はCampus OptiXソリューションである。キャンパスOptiXは、4KカメラやVR/ARなど新しいサービスに対するキャンパスのニーズを満たすため、高帯域幅アクセスを提供する。

2つ目はSingle OptiXである。このソリューションは効率を大幅に向上させつつ、さまざまなレートでの伝送ニーズに対応することができる。

3つ目はDC OptiXである。ITスタッフはワンクリックでDC OptiXを導入できるため、エンタープライズシナリオ向けのプラグアンドプレイソリューションとなる。

ファーウェイはこの戦略を通じて、光コネクティビティーをネットワークエッジまで拡張し、すべての人、家、組織に究極のサービスエクスペリエンスを提供することにコミットしている。

ファーウェイのADNソリューションは企業がターゲット

ファーウェイのADNソリューションはネットワークにインテリジェンスをもたらす。AIをネットワーク要素、ネットワーク、クラウドに統合することにより、ファーウェイのADNネットワークは自己組織化、自己修復、および自己最適化される。これらのソリューションは、デジタル業界のサービスと超自動運用を実現する。

ネットワーク要素+AI:AIは、従来のネットワーク要素をデジタルでインテリジェントなネットワーク要素にアップグレードするために適用され、すべてのネットワーク要素のより機敏なデータ検知と処理を可能にする。

ネットワーク+AI:ファーウェイはAIを使用してネットワーク管理を再定義する。インテリジェント管理および制御システムは、ネットワークデジタルツインの構築を支援し、自動展開、イベント前のシミュレーション、イベント後の検証・予測・防止、プロアクティブな最適化など、ネットワークの動的制御と閉ループ管理を可能にする。

クラウド+AI:ファーウェイはネットワークにクラウドベースのAI訓練サービスとモデルサービスを提供し、すでに機器とネットワークに組み込まれているソフトウエアシステムとAIモデルをアップグレードし続ける。これにより、自動運転ネットワークが常に改善され、ネットワークがよりスマートになる。

深セン空港、China Southern Power Grid、SPD Bankからのファーウェイの顧客は、輸送、電力、および金融セクターにわたるファーウェイのインテリジェントコネクティビティーのアプリケーションを共有した。

Wang氏は「ファーウェイは過去40年間、すべての関係者と連携して、接続されていない世界を接続し、完全に接続された世界を構築してきた。今後40年間、当社はインテリジェントコネクティビティーを備えた産業Intelligent Twinsの構築にコミットする」と語り、講演を締めくくった。

HUAWEI CONNECT 2020はファーウェイが主催するグローバルなICT業界向けの毎年恒例の旗艦イベントで、2020年9月23日から26日まで上海で開催されている。HUAWEI CONNECTは、顧客とパートナーがこれらの変化を乗り越えてエクスペリエンスを共有し、協力して新しい価値を創造することができるように設計されたオープンプラットフォームである。われわれは今年のイベントでは、業界デジタル化の傾向と機会を探り、高度なICTテクノロジー、製品、ソリューションを紹介し、共同イノベーションの成果に関する業界インサイダーの見方を与え、デジタルトランスフォーメーションにおけるベストプラクティスを共有する。当社の最終的な目標は、すべての利害関係者に利益をもたらし、すべての産業に新しい価値を生み出す、オープンで健全な産業エコシステムを構築することである。詳細な情報はhttps://www.huawei.com/en/events/huaweiconnect2020/ を参照。

ソース: Huawei
Related Links: