omniture

Tanmiah Food Companyがポジティブな家禽チャレンジに100万米ドルの賞金を発表

Tanmiah Food Company (TFC)
2020-09-23 15:01 1385

ジッダ(サウジアラビア)

2020年9月23日

/PRNewswire/ -- *ネット・カーボンネガティブ・フットプリントをサポートするため、世界のイノベーターや起業家が家禽(かきん)廃棄物転用のための持続可能なソリューションを提案するよう要請される

 

Tanmiah Food Company(TFC)は、同社の農場で生み出された過剰な量の鶏糞がもたらす課題に対処するための革新的なソリューションを追求している。

Omnipreneurship Awards: Sustainability Branch Grand Challenge(オムニプルヌールシップ賞:持続可能性部門グランドチャレンジ)の導入により、TFCはサービスプロバイダーのNineSigmaとともに、グループ企業が業界内で直面しているさまざまな障害へのソリューションを探究することを目指している。

このチャレンジは一般の人々に公開されている。提案が受理され、審査された後、最終選考に進む前に、5つの組織が2万米ドルの賞金を受け取るための1次選考を通過する。最終受賞者は、そのソリューションに対し100万米ドルの賞金を受け取る。TFCは増加する一方の鶏糞をTFCの中核事業のための付加価値製品に転換、利用するための新しいプロセスを生み出すソリューションを探し求めている。

歴史的には、集約的な家禽生産は環境に悪影響を及ぼしてきた。未加工の鶏糞の保管と廃棄処分は、それに関連する大気、水、土壌の汚染のせいで問題となってきた。すなわち、家禽ごみの埋め立ては温室効果ガスの排出を招く。鶏糞はアンモニアに分解され、鳥や農場従事者の健康に悪影響を及ぼす。不十分な鶏糞管理は病原菌や重金属などにより土壌や水質の汚染につながる。この部門の急速な成長率を考慮すると、これらの排出を削減する措置が必要とされる。既存の技術は依然として環境に有害であり、水と大気の汚染、深刻なカーボンフットプリントをもたらす要因となっている。TFCの目標は、この有害な生産プロセスをカーボンネガティブ・バリューチェーンに転換し、環境にポジティブな貢献を果たすことである。

TFCのZulfiqar Hamadani最高経営責任者(CEO)は「Tanmiahはネット・カーボンネガティブ家禽生産者として、地域をリードする持続可能な家禽企業となり、この地域の模範的な循環型ビジネスモデルとしての役割を果たすことを目指している」と強調した。

Omnipreneurship Awards Programは、企業文化を管理し、積極的なグローバル企業市民になるとのコミットメントをもって運営している親会社のAl-Dabbagh Group's(ADG)を具体化したものである。ADGは、以前は他の賞プログラムを支援してきた。例えば、Stars Impact Awardsは影響力の大きいグローバルなNGOを表彰し、その活動に資金を提供した。またPhilanthropreneurship Awardは、ビジネスと慈善活動を融合して重要な世界的課題を解決する個人や組織に与えられた。

詳細およびエントリーについてはhttps://www.omnipreneurshipawards.com/ を参照。エントリーは、CET(中央欧州標準時)2020年12月15日午後11時59分が期限である。ファイナリストは2021年1月に発表され、チャレンジの受賞者は2021年6月に発表される。

背景情報:

Omnipreneurship Awards: https://www.omnipreneurshipawards.com/

TFC Website: www.tanmiah.com

Video - https://mma.prnasia.com/media2/1276963/Omnipreneurship_Awards_2020.mp4?p=medium600 
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1276959/oa_2020.jpg?p=medium600

Omnipreneurship Awards
Omnipreneurship Awards
ソース: Tanmiah Food Company (TFC)