omniture

血中酸素飽和濃度と15日間のバッテリー寿命(注1)を装備したAmazfit Band 5が49.9米ドル(注2)で9月21日に発売

Amazfit
2020-09-22 00:00 834

【深セン(中国)2020年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】

*近日中にAmazon Alexa内蔵型(注3)も登場

リストバンドはよりスマートになれるか?各種のヘルス管理とAlexa内蔵のこのオールラウンドなリストバンドのチェックを。

スマートリストバンドのAmazfit Band 5が、優れたAmazfitウエアラブル・ラインアップにHumaiの最新製品として発売された。Amazfit Band 5は、スポーツジムバンドとして必要とされる最大限の機能だけでなく、近日発売の強力な内蔵型のAlexa機能によって頻繁に使用される双方向機能付きの完全なヘルス管理アシスタントとよりスマートなリストバンドも搭載する。手ごろな価格のAmazfit Band 5は、チャレンジに満ちた今日の世界で18-50歳とそれ以上の人々、特にお買い得品を求める健康志向で軽スポーツ志向の人々がアクティブにあり続け、若くあり続けることを支援するのを目的としている。

▽完全かつ科学に基づくパーソナルヘルス管理のバンド(注4)

ウエアラブルバンドのカテゴリーは通常、低価格の基本デバイスとみなされてきた。しかし、Amazfit Band 5はこの「バンド」カテゴリー、特にパーソナルヘルス管理をアップグレードしている。

正確なBioTracker(TM)2:Amazfitは医療機器ではないものの、最新世代のPPG光センサーHumai BioTracker(TM)2ndを搭載して出荷され、安静時の心拍数、心拍ゾーン、高心拍アラートを含む24時間年中無休の継続的な高精度心拍測定を提供しており、これはHumaiがこれまでに開発した中で最も汎用かつ正確なバイオセンサーである。

高度なOxygenBeats(TM)は、Amazfit Band 5の血中酸素飽和濃度測定を実現している。これはHumai独自開発の酸素データAIエンジンによって駆動される。専門的な酸素分析器の結果と比較しても、OxygenBeats(TM)の平均誤差はわずか1.67%(注5)であり、血中酸素検出のための大半のウエアラブル・リストデバイスの平均誤差より優れた精度を示している。OxygenBeats(TM)は、回復した中国のCOVID-19患者の追跡訪問にも使用されている。

科学に基づくPAI(TM)はノルウェーのPaiHealth調査(注6)に基づくPersonal Activity Intelligence Assessment Systemである。シンプルなアクティビティー追跡メトリックによって、ユーザーは日常の心拍データを単一のパーソナルスコアに変換し、健康であるためにはどの程度のアクティビティーが必要かを知ることができる。科学研究で裏付けられていることだが、100 PAI以上を維持することは、寿命を最大5年(注7)延長し、循環器疾患による死亡リスクを平均25%(注8)減少させることにつながる。Amazfit Band 5を使用すれば、心臓トレーニングの理解を深めることになる。

Sleep Quality Monitoring(睡眠の質モニタリング)は、全ての睡眠、浅い睡眠、深い睡眠、急速眼球運動(REM)を測定し、睡眠パターンを理解することができる。Amazfit Band 5は、昼間の20分以上のうたたね時間でも睡眠を管理する。

Menstrual Period Tracking(月経期追跡)は、女性が月経期、排卵期を追跡し、それが起きる前に女性に警告する。

Stress Monitoring(ストレスモニタリング)は心拍数変動を通じ、リラックス、ノーマル、ミディアム、ハイの4つのレベルでストレスレベルを計算する。

Breathing Exercise(呼吸運動)は、ストレスの開放に役立つ深呼吸セッションのやり方をガイドする。

血中酸素飽和濃度と15日間のバッテリー寿命を装備したAmazfit Band 5が44.9米ドルで9月21日に発売、Amazon Alexaを内蔵
血中酸素飽和濃度と15日間のバッテリー寿命を装備したAmazfit Band 5が49.9米ドルで9月21日に発売、Amazon Alexaを内蔵

▽誰もがジムおよびヘルス・リストバンドとして必要とするオールラウンドなバンド

Amazfit Band 5は現在、同程度の価格のウエアラブルバンドの中で魅力的なハードウエア、ソフトウエア、機能を提供できる市販中のオールラウンドバンドである。Amazfit Band 5は126x294の解像度の1.1インチAMOLEDカラーディスプレーを搭載している。このようにナイスな価格でも、スクリーンは2.5D強化ガラスと指紋防止コーティングを装備している。

Amazfit Band 5は軽量で、ストラップなしで12グラムの重量しかない。Bluetooth 5.0と節電テクノロジーによって、125 mAhバッテリーはAmazfit Band 5を通常使用のシナリオで最大15日、節電シナリオで25日、スタンバイで約3カ月間稼働させることができる。(注9)

Amazfit Band 5は、3つのカラーの肌に優しいTPUストラップがあり、5ATM(注10)防水のおかげで水泳を含む11のスポーツモードをサポートする。Amazfit Band 5は、アプリからダウンロードできる45以上の豊富なウオッチフェースの品揃えがあり、2つのウオッチフェースは編集可能なウィジェットをサポートするため、ユーザーはこれをパーソナライズしたり、バックグランドに個人の写真を付け加えたりすることもできる。

▽Amazfit Band 5はよりスマートなバンドになることができる

リストバンドはよりスマートになれるか?

答えはイエスである。Amazfit Band 5はAmazon Alexa(注11)によって生活にゆとりを持たせ、より楽しくさせる。Alexaを使用すれば、質問、情報検索、翻訳、ショッピングリスト作成、アラームやタイマーのセット、リマインダー、天候のチェック、お知らせのチェック、スマートホームへのコマンド送信ができる。Amazfit Band 5に話しかければ、ユーザーの音声コマンドに対してスクリーンのテキストで応える。例えば、以下のように言ってみよう。

「Alexa、パスタタイマーをセットして」

「Alexa、卵をショッピングリストに加えて」

「Alexa、リビングルームの明かりをつけて」

「Alexa、バラク・オバマはどんな人」

Alexaはクラウドに存在しており、常にスマートになり続け、新しい能力を付加してAmazfit Band 5に自動的に提供する。Amazfit Band 5でAlexaを使用するのは簡単で、ハンズフリーである。話しかけるだけで、Alexaは即座に答える。

重要:

Amazfit Band 5は9月21日から米国市場のAmazonを通じて初めて発売される。その他の市場は10月から追随する。内蔵のAlexa機能は利用可能な市場で無料OTAアップデートによって可能となる。Amazfit Band 5の高品質画像はhttps://bit.ly/3hbyk6M からダウンロードできる。

▽Amazfitについて

2015年9月に創設されたAmazfitは、Humai Technology(NYSE: HMI)が所有するプライベートブランドで、Stratosシリーズ、Basicシリーズ、Flagshipシリーズ、Healthシリーズ、Fashionシリーズ、Outdoorシリーズ、Xシリーズの7シリーズから成るスマートウオッチおよびブレスレット製品を提供している。Amazfitは、TWSスポーツイヤホン、スマートトレッドミル、スマート体脂肪計、スポーツギアを含め、スポーツとヘルスに関連するその他のスマートハードウエアも提供している。優れたデザインとクラフトマンシップによって、Amazfit のスマートウオッチ製品はドイツのiF Industrial Design Award、Red Dot Design Awardなど多数の賞を受賞した。現在、Amazfit製品は、米国、ドイツ、日本を含む70以上の国・地域の市場で販売されている。IDCの世界ウエアラブルバンドデバイス市場追跡リポートによると、2020年前半にAmazfitウオッチは、イタリア、スペイン、インド、その他の地域の成人向けウオッチ市場で最大のシェアを誇り、中国、ドイツ、フランス、ロシア、ブラジルなどの地域ではトップ製品の仲間入りをしている。

Amazfitに関する詳細はウェブサイトhttps://en.amazfit.com/about.html を参照。

2013年創業のHumai Technologyはクラウドベースのヘルケアサービスプロバイダーであり、世界をリードするスマートウエアラブルテクノロジーを提供している。2018年2月、Humai Technologyはニューヨーク証券取引所(NYSE)(株式コード:HMI)に上場された。

▽報道関係問い合わせ先

press@huami.com

(注1)ラボ条件下でのバッテリー寿命テストは使用および条件によって異なる可能性がある。

(注2)小売価格は市場によって異なる可能性がある。

(注3)Amazfit Band 5内蔵のAlexaは、マーケットがAlexa利用可能ならば、OTAアップグレードが近く可能になる。利用可能であれば、通知がZepp App(旧名Amazfit App)とデバイスを介して表示される。プッシュ時間はマーケットによって異なる可能性がある。

(注4)この製品は医療機器ではない。全てのデータおよび測定は医療診断ないしは医療モニタリングを対象としていない。

(注5)2020年6月のHumaiのAI Innovation Conference Keynote

(注6)Science of PAI。研究者はHUNT Studyデータを使用し、PAIの正当性を確認した。HUNT Studyはこれまでで最大のヘルス研究の1つであり、ノーベル賞を受賞したノルウェー科学技術大学医学部によって実施された。これは、25年にわたる4万5000人以上の個人および家族の病歴から成るユニークなデータベースを含んでいる。https://www.paihealth.com/science-of-pai/default.htm

(注7)研究者はPAIアルゴリズムをHUNTデータに適用することによって、個人が100 PAIを維持することに匹敵する強度で継続的に運動すれば、全ての年齢の男女の循環器疾患の死亡リスクを平均25%軽減し、その他の生活習慣病の死亡リスクを軽減することに結び付くことを発見した。研究者はさらに、100 PAIが平均余命を平均5年延長することも発見した。https://www.paihealth.com/science-of-pai/default.htm からの引用。オリジナルリンクはhttps://cdn.flipsnack.com/widget/v2/widget.html?hash=fd1pf7owi 。また、Personalized Activity Intelligence (PAI) for Prevention of Cardiovascular Disease and Promotion of Physical Activity(https://www.amjmed.com/article/S0002-9343(16)31069-5/abstract )も参照

(注8)上記の注を参照

(注9)ラボ条件下でのバッテリー寿命テストは、使用および条件によって異なる可能性がある。

(注10)デバイスは、第3者機関が実施した5 ATMレベル防水テストをパスした。

(注11)OTAアップデートによって搭載。米国市場が最初になり、Alexaが利用可能ならば、その他の市場が続く。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200917/2919079-1?lang=0

ソース: Amazfit