omniture

Xinhua Silk Road:世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラムで安徽省のスマート製造を提示する特別企画がスタート

Xinhua Silk Road
2020-09-16 15:48 604

【北京2020年9月16日PR Newswire=共同通信JBN】中国東部・安徽省のめざましいスマート製造産業の発展を集中的に提示する特別企画が9月12日、省都の合肥市で開催されたWorld Manufacturing Convention Jianghuai Online Economic Forum(世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラム)で公開された。

世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラム=9月12日撮影
世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラム=9月12日撮影

この企画は、投資環境の最適化という安徽省の実りある取り組みを具体化させた合肥における典型的なスマート製造の開発例、ならびに現地のスマート製造産業の産業配置で構成されている。

近年、合肥はスマート製造分野の開発に多大な努力をし、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)開発を製造業分野と統合し、質の高い発展を推し進めてきた。

現在、安徽省は量子情報、新ディスプレー、スマートボイスとロボットといった一連の最先端スマート・ハイエンド製造産業を育成している。同省では産業用ロボットの生産高が1万ユニットを超え、新エネルギー車両の生産高と販売は全国合計の約13%を占めている。世界初の10.5世代生産ラインが導入され、世界で最も薄い0.12ミリメートルのセンサーガラスが生産されている。

これを背後で支えるのは、イノベーションを利用してスマート製造分野の開発を促進する安徽省の継続的な取り組みである。

今年の初めから現在までに、Hefei Comprehensive National Science Center(合肥総合国家科学センター)、Hefei Binhu Science City(合肥浜湖サイエンスシティー)、Hefei-Wuhu-Bengbu National Innovation Demonstration Zone(合肥・蕪湖・蚌埠国家イノベーション実証ゾーン)をはじめとする4つのイノベーション・マスタープラットフォームが形成された。また、安徽省はチップ製造、フラットパネルディスプレー、機器製造と産業用ロボット、AIと製造の統合に重点を置いた近代的産業システムの確率を加速している。

最も完全な産業チェーンを誇る中国有数の省として、安徽省には40の大規模産業分野があり、その多くは健全な支持および補助産業基盤を持っている。

安徽省は中国で家電を大規模に生産する省でもある。中国製の冷蔵庫3台、洗濯機4台、エアコン5台、タブレットコンピューター8台のうち、各1台は安徽省で生産されたものだ。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミック下にある現在の不確実なグローバル経済において、安徽省の有益なデジタルとインテリジェンスのサプライチェーン技術は、現地企業が成功裏にこの危機を乗り越えることに貢献している。

例えば、その多様化された航空、鉄道、海運の各物流システムは、現地メーカーが製品を全世界126の国と地域の270の主要都市に輸送することに寄与している。

オリジナルリンク: https://en.imsilkroad.com/p/316161.html 

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200915/2917558-1?lang=0

ソース:Xinhua Silk Road

ソース: Xinhua Silk Road
キーワード: 機械 鉱業/金属