omniture

LaserficheとFujitsu Australiaがデジタルワークプレース・ソリューションバンドルで登録NGO、政府、教育、ヘルスケア組織を支援

Fujitsu Australia Limited
2020-09-15 08:00 1914

*COVID-19期間中の支援

【シドニー2020年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】

インテリジェントなコンテンツ管理とビジネスプロセス自動化で世界をリードするプロバイダーであるLaserfiche((Laserfiche )は15日、オーストラリアと近隣市場で最大級の情報通信技術(ICT)ソリューションプロバイダーであるFujitsu Australia Limitedとの独占的ソリューションバンドルを発表した。これによりオセアニアの登録NGOおよび政府、教育、ヘルスケア組織のデジタル変革への取り組みをサポートする。同地域の適格申請者は2020年12月31日まで、Fujitsu Image Scanner fi-800Rにバンドルされている3カ月のLaserfiche Cloud(の使用)を無料で申し込むことができる。

LaserficheのSean Tang国際事業担当副社長は「COVID-19パンデミックにより、地域全体の公共サービスとコミュニティーサービスは大規模な混乱に見舞われた。LaserficheはFujitsuと協力して受益者、市民、学生、および患者のニーズに効果的に対処しつつ、今回の危機の最前線にいる組織の運用上の負担軽減および、事業継続性とリモートワーク機能の実現を支援することにコミットしている」と語った。

ユーザーはLaserfiche Cloud(Laserfiche Cloud )とFujitsu Image Scanner fi-800Rをエンドツーエンドのソリューションパッケージとして活用し、ソフトウエアとハードウエアのバンドルを実装して、組織全体のさまざまなドキュメント管理プロセスを最適化することができる。バンドルは、社会的距離と在宅勤務指示の期間をナビゲートしつつ、主要プロセスを最適化、合理化できるようにするもので、オセアニアと北米のLaserficheとFujitsuが推進する他のCOVID-19救援イニシアチブの延長である。

Fujitsu Productsのポートフォリオ責任者、Peter Uher氏は「地域全体の国々がパンデミックの最新の波と戦っている中で、当社は組織がクライアントやコミュニティーとデジタル接続し、この前例のない時期に彼らのニーズに対応するのに役立つツールを提供することを強く望んでいる。当社はLaserficheと協力し、これらの必要な公共サービスを実施する組織をサポートすることに専念している」と語った。

オセアニアの登録NGOおよび政府、教育、ヘルスケア組織向けLaserfiche Cloud-Fujitsu fi-800R Bundleに関する詳しい情報はclick here をクリック。

▽Laserficheについて

Laserfiche(Laserfiche )はインテリジェントなコンテンツ管理とビジネスプロセス自動化(business process automation )で世界をリードするプロバイダーである。Laserfiche(R)プラットフォームは強力なワークフロー、電子フォーム、ドキュメント管理・分析により、手動プロセスを除去し、反復的なタスクを自動化して、ビジネスの遂行を加速する。

Laserficheは30年以上にわたりエンタープライズコンテンツ管理(enterprise content management )でペーパーレスオフィスを開発した。今日、Laserficheは、80カ国以上の組織がデジタルビジネスへの変革を実現するため、クラウド、機械学習、AIでイノベーションを続けている。政府、教育、金融サービス、製造業を含むあらゆる分野の顧客は、Laserficheを使用して生産性を高め、ビジネスを拡大し、デジタルファーストの顧客体験を提供している。

世界中のオフィスにいるLaserficheの従業員は、顧客に力を与え、人々がテクノロジーによって生活をどのように変革できるかを再考するように促すという同社のビジョンにコミットしている。

Laserficheとつながろう:

Laserfiche Blog(Laserfiche Blog

Twitter(Twitter

LinkedIn(LinkedIn

Facebook(Facebook

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/626076/Laserfiche_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Laserfiche