omniture

Erickson Inc.とBell Textron Inc.がBell 214STおよびB/B1ヘリコプターの型式証明書の譲渡を開始する契約締結を発表

Bell Textron Inc.
2020-09-07 13:54 3422

【ポートランド(米オレゴン州)2020年9月7日PR Newswire=共同通信JBN】Erickson Inc.とBell Textron Inc.は、モデル214STおよびB/B1ヘリコプターの型式証明書のErickson Incorporatedへの譲渡を開始する契約を締結したことを発表した。この譲渡はFAA(米連邦航空局)を通じて処理され、年末ごろに完了する見通しである。

今回の契約は、2015年に両社間で締結された以前のライセンスおよび製品サポート契約に取って代わるものである。214STヘリの最大の運用事業者の1つとして、Ericksonは、1992年に取得したS-64プラットフォームの場合と同様に、214プラットフォームの性能向上と運用の持続可能性をサポートする次のステップに入る用意ができている。EricksonはBellと協力して、型式証明の完全なサポートが可能になるよう残っている主要な機能とプロセスを移行する。

「214は極めて実用的な回転翼プラットフォームである。われわれは、過去30年間にS-64 Air Crane(R)ヘリコプターで実施してきたように、この航空機(214ST)の未来を導くために当社の革新的な精神と運用経験を適用することを楽しみにしている。214モデルは、Ericksonのサポートしている航空機ポートフォリオへの追加として歓迎される」-Doug Kitani最高経営責任者(CEO)

▽ERICKSONについて
Ericksonは国防・国家安全保障、製造、保守・修理・オーバーホール(MRO)、商用サービスに特化した航空サービスの大手グローバルプロバイダーである。Erickson ManufacturingとMRO servicesには、航空宇宙の相手先ブランド製造(OEM)のための重要パーツだけでなく、OEMとしてS-64 Aircrane(R)ヘリコプターの製造も含まれている。商用航空サービスには、Ericksonが所有、展開するS-64 Aircrane(R)ヘリコプター20機の運用が含まれ、消火活動、送電線建設、木材収穫、HVAC(冷暖房空調施設)、石油・ガスのための特殊な重量物運搬を行う。Ericksonは1971年に設立され、米オレゴン州ポートランドに本社を置き、北米、南米、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋、オーストラリアで事業を展開している。

▽BELL TEXTRON INC.について
熟慮に熟慮を重ねること、それが私たちがやっていることである。80年以上にわたり、私たちは飛行の体験-そしてそれが私たちをどこに連れていくことができるのかについて繰り返しイメージし直してきた。

私たちはパイオニアである。私たちは初めて音の壁を破り、商用ヘリコプターを認証した。私たちはNASAの初の月面ミッションの一部であり、先進的なティルトローター・システムを市場に導入した。今日、私たちはオンデマンドモビリティーの未来を定義している。

Textron Inc.の完全子会社として、テキサス州フォートワースに本社を置く当社は、世界中に戦略的拠点を有している。当社労働力の4分の1近くが関与しており、軍がそのミッションを達成するのをサポートするは当社の情熱である。

何を置いても、当社の画期的なイノベーションは顧客に並外れた体験を提供する。効率的に。確実に。そして最前線で、常に、安全に。

当社の製品とサービスに関する詳細については、ERICKSONINC.COMを参照。

 

ソース: Erickson Incorporated