omniture

日本初METex14スキッピング検査試薬Archer®METの販売開始

ArcherDX
2020-08-04 08:30 2362

東京, 2020年8月4日 /PRNewswire/ -- ArcherDX, Inc.は、進行性非小細胞肺がん(NSCLC)に生ずる変異の一つMETエクソン14METex14)スキッピングの検出を目的とするArcher®METコンパニオン診断システム(ArcherMET)の日本での販売が開始されたと発表しました。ArcherMETは、新しい標的抗がん剤による治療の可能性があるMETスキッピング陽性患者を特定し、切除不能又は進行非小細胞肺癌患者適用の国内初に承認されたMET阻害剤テプミトコ®の適用判定の補助に用いる目的で承認された、初の次世代シークエンシング(NGS)を使ったコンパニオン診断システムです。ArcherMETに関する詳細情報はこちらをご覧ください。

「日本初のNSCLCにおけるMETex14スキッピングをターゲットにした抗がん剤のコンパニオン診断システムであるArcherMETが日本で発売されたことを大変うれしく思います。ArcherDX独自のAnchored Multiplex PCR(AMP™)ケミストリーを使用したArcherMETは、腫瘍組織RNAまたは血漿中のctDNAを次世代シークエンサーで配列を調べることで、METex14スキッピングを効率的かつ正確に検出することができます。またArcherMETはあらゆるNSCLC診断ワークフローに容易に加えられる検査なので、対照の患者様はより早く効果的な治療を受けられるようになります。ArcherMETの日本での発売は、がん患者様に貢献するという当社の目標に一歩近づくことができました」とArcherDXのCEO兼共同設立者であるJason Myers博士は話します。

肺がんは世界で最も多いがんの一つであり、2018年には約200万人が肺がんと診断されています。[i]また、肺がんは日本で2番目に多いがんでもあります。METex14スキッピングなどのMETシグナル伝達経路の変異は、NSCLC症例の3%から5%を含む様々な種類のがんで見られ、腫瘍の侵襲性増殖や予後不良との関連がいわれています。[ii],[iii],[iv]

テプミトコ®について
テプミトコ®は、MET遺伝子異常による発癌性のMET受容体シグナル伝達を阻害する機序を有する経口MET阻害剤です。ドイツのダルムシュタットのメルクKGaA自社で創薬・開発され、高選択的な作用機序を持つ設計になっており、特定のMET遺伝子異常を有する予後不良の侵攻性腫瘍の転帰を改善する可能性があります。MET遺伝子の再構成を有する切除不能、進行又は再発非小細胞肺癌適用の国内初の経口可能なMET阻害剤として、テプミトコ®は2020年3月に厚生労働省の承認を取得しました。

ArcherDXについて

ArcherDXは、腫瘍の個別化医療を目指してよりシンプルに資料方針の決定に貢献するために、積極的に高い精度のゲノム解析を提供するトップ企業です。独自のAnchored Multiplex PCR(AMP™)ケミストリーを中核としたArcher®プラットフォームは、治療を最適化し、様々なサンプルタイプに対応したモニタリングを可能にする業界トップの製品とサービスの開発を可能にしました。次世代シークエンサー研究用(RUO)試薬の開発と並行して、体外診断用(IVD)試薬の開発をすすめ、お客様固有のニーズや臨床用途に適合するサービスを提供しています。当社の研究用試薬ポートフォリオは、VariantPlex®、FusionPlex®、LiquidPlex™、Immunoverse™から構成されています。固形腫瘍のバイオマーカーの同定および腫瘍の個別化医療を目的として現在開発中のIVD試薬は、いずれもアメリカ食品医薬品局(FDA)から画期的な先進医療機器指定を受けています。ArcherDXはコロラド州ボルダーに本社を置いています。詳細については、www.archerdx.comでご覧ください。

Homepage www.archerdx.com
Twitter @ArcherDXInc
Facebook Archerdxinc
LinkedIn Archerdx

販売名:ArcherMETコンパニオン診断システム
一般的名称:体細胞遺伝子変異解析セット(抗悪性腫瘍薬適応判定用)
承認番号:30200BZI00007000
外国承認取得者:Archer DX, Inc.
選任製造販売業者:株式会社コーブリッジinfo@cobridge.com

 [i] Bray F, et al. CA Cancer J Clin. Global cancer statistics 2018: GLOBOCANは、世界185カ国の36のがんの発生率と死亡率を推定している。 2018;68(6):394–424. https://doi.org/10.3322/caac.21492 PMID:30207593

[ii] Reungwetwattana T, et al. Lung Cancer 2017;103:27-37.

[iii] Mo HN, et al. Chronic Dis Transl Med 2017; 3(3):148-153.

[iv] Lutterbach B, et al. Cancer Res 2007;67:2081–8.

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/735770/ArcherDX_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: ArcherDX
Related Links: