omniture

セルラーはIoTデバイスをクラウドに接続する最もコスト効率に優れた方法、Cavli WirelessがHubble99を発売

Cavli Wireless, Inc.
2020-06-24 08:00 1071

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2020年6月24日PR Newswire=共同通信JBN】

*企業はIoT展開のためにセルラーテクノロジーの導入でジレンマに陥ることはなくなる。セルラーIoTはサブスクリプション・エコノミー時代に入っており、Cavli WirelessはHubble99によるディスラプションの先頭に立っている。

米カリフォルニア州を本拠にして欧州、中東、アジアで事業展開するCavli Wirelessは、ディスラプティブなIoT導入計画Cavli Hubble99 を発売することによって、世界のIoT展開の様相を一変する。

 

IoTコネクティビティーは、モジュールメーカー、テレコムオペレーター、プラットフォームプロバイダーを含むマルチステークホルダー・エコシステムで、ハードウエア、コネクティビティー、サブスクリプションを管理する。現在、SMBやエンタープライズにとって、セルラーテクノロジー導入の所有コストは、LoraWAN、Sigfox、Weightlessなどの選択肢と比較して、高額である。これは、セルラーモジュール、SIMカード、データ、デバイス管理の個別出費に起因する。

Hubble99は、現在のバリューチェーンを再構築することによって断片化している現在のIoTエコシステムを簡素化しようとするCavliの試みであり、次の数十億のデバイスが容易に接続するための道を開く。Hubble99サブスクリプション計画は、グローバルLTEないしはLPWANコネクティビティーをプレインストールしたeSIM統合セルラーIoTモジュール、さらにメッセージング・インフラストラクチャーを備えるデバイス、サブスクリプション管理をバンドリングしている。コネクティビティーハードウエアの個別コストが一切ないため、顧客は初年度のコストを最大50%節約できる。顧客はLTE-CAT4/CAT1/GSMで160カ国、NB-IoTで23カ国、LTE-Mで8カ国のカバレッジがあるセルラーテクノロジーから選択できる。CavliはマスIoT展開のために最もコスト効率にすぐれスケーラブルな計画を提供することによって、セルラーIoTを根底から改革することを目指している。

Cavli Wirelessのジョン・マシュー最高経営責任者(CEO)は「物理世界のあらゆるオブジェクトをインターネットに接続することで、幅広い問題をシームレスかつ効果的に解決し、生活の質(QoL)と人的生産性を大幅に向上させることができると確信している。これは、『インターネット・オブ・シングス』の真のパワーであり、Hubble99によって世界中の企業にこのパワーを提供していきたい」と語った。

▽Cavli Wireless, Inc.について
Cavli Wirelessはインターネット・オブ・シングスのイネーブラー であり、セルラーモジュール、世界規模のコネクティビティー、クラウドプラットフォームを含め、ソフトウエアからハードウエア製品に至るスイートによってIoTセクターを民主化することを目標にしている。Cavliのソリューションポートフォリオは、IoT製品メーカーおよび企業が最もセキュアで可能な限りシームレスな方法で、世界中でIoTソリューションを開発、コネクト、スケールすることを可能にする。

▽問い合わせ先:
Ajit Thomas, CMO, ajit@cavliwireless.com, +1-650-535-1150

 

Hubble99: The world's first truly global IoT adoption plan
Hubble99: The world's first truly global IoT adoption plan

 

 

ソース: Cavli Wireless, Inc.