omniture

Miaozhen Systems:中国の2019年デジタル広告トラフィックは31.9%が無効、業界に280億元の負担に

Miaozhen Systems
2020-06-12 16:12 720

【北京2020年6月12日 PR Newswire=共同通信JBN】オムニ測定とビジネスインテリジェンス・アナリティクスソリューションにおける中国の有力プロバイダーであるMiaozhen Systemsの新リポートによると、中国の2019年のオンライン広告トラフィック全体のうち31.9%が無効で、中国のブランドマーケティング産業に280億人民元の負担になっていると見積もられている。

その種のものでは初めての当該リポート「China Digital Advertising Invalid Traffic Report in 2019(2019年中国デジタル広告無効トラフィックリポート)」は、新しい広告フォーマットとメディアにおける無効トラフィックを検証している。PC広告とモバイル広告に加え、このリポートはNEW TV広告、オフラインとオンラインの広告、オンラインの消費者リード、ソーシャルメディア広告、KOLマーケティングなどでの無効データの状況を分析した。データは1200のプラットフォームで展開された2000のブランドによる6万5000キャンペーンから収集され、この件に関するリポートとしてはこれまでで最も正確で包括的である。


2019年の重要な調査結果要旨は以下の通り:

*中国のデジタル広告トラフィック全体における無効トラフィック(IVT)は31.9%で、2018年比で1.7ppの増加;

*バーティカルメディア・トラフィックの39.9%が無効。IVT率が最も高いのはITバーティカルの49%で、2018年比で14ppの増加;

*業界全体のうち、インターネットと通信のIVTが最も増加(2018年比で6.3pp増)し、IVT率が最も高い;

*NEW TVの広告トラフィックの10%が無効だった。エージェンシーが最も無効な掲出をもたらした;

*オンラインの消費者販売リード全体の10%が無効で、オンラインリードの収集に依存する自動車やその他の産業に大きな影響を与える;

*屋外広告の4.2%が無効、あるいは表示されなかった;

*ソーシャルメディアの広告トラフィックの48%は無効だった。KOLファンの平均57.5%が無効で、無効ファンの割合が最も高かったのは幼児と母親のKOLだった(65.1%)

Miaozhenは2013年以来、中国デジタルマーケティング・エコシステムの健全な発展に専念している。国内のデジタルマーケティング産業基準に貢献するほか、Miaozhenは革新的かつ最先端のIVTフィルターとインフルエンサー評価の両ソリューションを提供し、業界がより透明で信頼されるよう支援している。MiaozhenのインテリジェントIVTフィルターソリューションであるSmartVerifyを使用した顧客の平均IVT率は4.7%で、2019年の平均である31.9%よりも大幅に低く、無効トラフィックによって失われていた可能性がある見積り総額45億人民元を救済した。

Miaozhen Systemsについてさらに知るにはwww.miaozhen.com を参照。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200611/2827530-1?lang=0

ソース: Miaozhen Systems
Related Links: