omniture

Aetina x SmartCow:パンデミック環境ケアのための医療アシスタントを発表

Aetina Corporation
2020-05-28 16:10 727

【台北2020年5月28日PR Newswire=共同通信JBN】ヘルスケアシステムは人間の文化の基盤であり、あらゆる革新的医学研究は継続、拡大するためにサポートと価値を示している。世界はCOVID-19に苦しんでおり、AIデベロッパーはヘルスケアシステムを維持するために医療アシスタントを求めている。GPGPUおよびエッジAIコンピューティングソリューション・プロバイダーのAetina CorporationとAIソリューション・デベロッパーのSmartCow Co. Ltd.は、エッジコンピューティング・プラットフォームに基づく6種類のAIモデルのアルゴリズム構築に協力した。

Aetina x SmartCow:エッジAIコンピューティングプラットフォーム搭載のパンデミック環境ケアのためのスマート医療アシスタント
Aetina x SmartCow:エッジAIコンピューティングプラットフォーム搭載のパンデミック環境ケアのためのスマート医療アシスタント

Aetina AN110-NAOプラットフォームで構築されたAI駆動のヘルスケアアシスタントであるEdgarは、安全な作業環境と患者のケアのために開発された。一般に、AIはオリジナルの機器や他のマシンを最も効率的に組み込まなければならないが、AN110-NAOは完全に87.4x67.4x46 mm(ファン付き)の大きさであった。さまざまなI/Oサポートは、簡潔かつ単一のソリューションを構築するための最良の方法である。一般的なI/Oに対応するAN110-NAO プラットフォームには、音声を発するI2Sスロットが含まれており、これは警報モジュール用に設定されたEdgarのアプリケーション環境に適している。一方、カメラサポートは中核的なビジュアルAIソリューションである。このプラットフォームは、MIPI CSI-IIインターフェース1x 4kまたは2x FHDカメラをサポートする。準備が整っているだけでなく、Edgerからの要求も満たしており、高解像度画像は正確な実態の認識を可能にする。

Edgarは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の判断、マスクの検出、安全なくしゃみの行動分類のような6種類のAIモデルをサポートする。これらの機能によって、Edgerは医療緊急時に安全な環境を整え、第一線の医療スタッフが呼吸器系疾患を予防するのを支援する。例えば、Edgerの能力の1つはフェースマスクの認識である。これはアクセス時に容易に設定し、施設に入るマスク着用者を識別する前にマスクディスペンサーマシーンへの誘導、案内を提供することができる。フェースマスクの種類はPPE、N95、外科手術用を対象とした。Edgarのもう1つの専門技能はソーシャルディスタンスの検出である。このデバイスは政策ネットワークと結び付き、一般市民の活動を2人の間で6フィートに維持することができる。

データ爆発の時代には、セキュリティーとプライバシーが最大の関心事である。EdgarはGDPR(一般データ保護規則)に準拠している。画像は処理され、エッジシステムに残る。いかなるデータもクラウドに移動しない。これは一般市民のために十分に準備が整っており、市場を支援する用意ができている。さらに、Aetina Jetsonシリーズは、AI開発のために包括的で経験豊かなR&D(研究開発)のアドバイスとエッジAIエコシステムのプロップを提供する。

詳細はAetinaのウェブサイトwww.aetina.com を参照、またはsales@aetina.com に問い合わせを。

ソース:Aetina Corporation

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364172
キャプション:Aetina x SmartCow:エッジAIコンピューティングプラットフォーム搭載のパンデミック環境ケアのためのスマート医療アシスタント

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200525/2812501-1?lang=0

ソース: Aetina Corporation
Related Links: