omniture

サンシティグループCEOアルヴィン・チャウ: アジアでのVIPサービス事業者がついに日本に上陸

Suncity Group
2020-05-22 06:00

【東京2020年5月22日PR Newswire】

アジアエリアでのVIPサービスの事業者であるサンシティグループは和歌山県政府が3月末にて発表されていた「特定複合観光施設設置運営事業」の公募開始に関しまして、大変興味を示しております。

サンシティグループの経営案とは、日本の現地法人「サンシティグループ・ホールディングスジャパンリミテッド」を通じて経営する前提で、今まで多彩なエンターテイメントサービスを提供している経験を如何に生かすことに集中し、日本にて最も相応しい、国内最初の統合型リゾート(IR)を積極的に取り込むように努めて参ります。

サンシティグループ最高経営責任者及び取締役であるアルヴィン・チャウ氏の指導により、同グループでは最近、カジノの運営がついに始まりました。同グループにおいて、このような方針移行は迅速かつ幅広く行われております。

サンシティグループは2021年にベトナム・ホイアンで最初の統合型リゾートの運営を開始する予定です。2030年までは第1段階の投資額として40億米ドル(約4289億円に相当)がかかる見込みです。一方、同グループは昨年のはじめに、ロシア・ウラジオストクでのカジノリゾート「ティグレデ クリスタル」を運営するサミットアセントホールディングスの筆頭株主になりました。同プロジェクトの第2段階の展開もすでに入りました。

昨年、マニラにて7億米ドルの規模で、マニラでのエンタテイメントシティにあるホテルとカジノの開発予定の「ウェストサイドシティ・リゾートワールド」で、その31ヘクタールの敷地の展開に関しまして、現地事業者の2社と多層的契約を締結しました。

サンシティグループは今までも多様な分野にて展開しており、今後の日本でのIRへの進出は間違いなく世の中で注目されています。映画製作、ライブコンサートの鑑賞ツアーの企画、それからイベントマネージメントの事業を経営している、傘下のサン・エンターテイメント・カルチャー・リミテッド(中国語社名:太陽娯楽文化有限公司)は、日本での多様化のエンタテイメント産業での展開も準備ができている段階です。

そのうえ、アジアで様々な飲食店を経営しております、傘下のサン・フード・アンド・ビバレッジ・グループ・リミテッド(中国語社名:太陽餐飲集団有限公司)は同グループのエンタテイメント事業を補佐する役割のその一つです。同社は現在、マカオのAIAタワー最上階である「SKY21」をはじめ、9つのレストランを経営しており、中国の成都と重慶ではベトナム料理を中心に8つのレストランを経営しております。これは、同グループのベトナムリゾート「ホイアナ」にて、四川料理の飲食店をオープンする予定をきっかけにして、お互いの珍味で2つの文化を融合するを図っております。

2つの目的地の間につながっているために、傘下のサントラベルは「サン・トラベル」というスマートフォンアプリで、サンシティグループの存在性と様々な地域での地理的の優位性を活用して、グローバル観光における全面的なサービスプラットフォームを目指しております。

サンシティグループは、マカオでのスポーツ事業、エンタテイメント事業、それから企業の社会的責任の展開を成功事例として、これまでと相変わらず、社会へのサポートを力に入れていきたいと存じております。サンシティグループは特に企業の社会的責任を尽くすため、平和で暖かい社会を築くために、今後も引き続き積極的にボランティア活動を努めて参ります。

公式ウェブサイト:https://www.suncitygroup.co.jp/

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: Suncity Group