omniture

Reed Huabo Exhibitionsが中国のギフト産業市場の分析を提供

Reed Huabo Exhibitions
2020-03-17 16:10 1232

【深セン(中国)2020年3月17日PR Newswire=共同通信JBN】顧客が現在と未来について知ることをさらに支援するため、ビッグデータの掘り起こしと調査に重点を置き、中国(深セン)国際ギフト見本市(China(Shenzhen)International Gift Fairs)の主催者であるReed Huaboは現在、ギフト産業市場の徹底的な分析を提供している。

  1. 消費の高度化、人口増加および他の要因が中国のFMCG(日用消費財)市場の消費を押し上げたことから、継続的な下降にもかかわらず消費は2017年に回復し始めた。主な消費者は中間層および若年世代に集中し、健康で便利な生活の質の追求が主要なトレンドとなっている。
  2. 中国では、ギフトには主にビジネス用と幸福のためのギフトがある。製品卸売り業者にとって、最も価値のある情報は産業データ、購買者の地位、ユーザーの消費データ、フィードバックなどの明確な理解を有することである。
  3. ギフトサービスのサプライヤーはニューリテールの分野に入り始めた。中間層にとって、消費はTaobaoからTik Tokへ、価格から品質へと変わった。企業にとって、異なるタイプの企業は製品への異なる要求事項があり、そのため適切なギフトを薦めるには企業のタイプを知る必要がある。
  4. 硬直的需要(rigid demand)、高頻度(high frequency)および顧客の痛点(pain spots)が良い製品を選択するための6語ルールである。例えば、基本的な生理的欲求を満たすためのFMCG製品、質の高い生活を送るためのトランクなどである。2017年、中国のビジネスギフト市場で最も人気の高かったトップ5は、トランク、家庭用品、デジタル電子機器、パーソナルヘルス機器、小型家電である。

未来と消費トレンドを予測することを楽しみにしているが、モバイル電子関連製品と個人生活の質を向上する製品が新たな消費トレンドを引き起こすだろう。消費者重視、継続的な消費の高度化、ニューリテールの機会捕捉によってのみ、サプライヤーは堅固な基盤に立つことができる。

最後に、中国(深セン)国際ギフト・手工芸品・時計・家庭用品見本市は2020年5月25-28日に延期され、Shenzhen World Exhibition & Convention Center(深セン国際会展センター)で開催される。

来場者は詳しい情報について公式ウェブサイトhttp://en.reedhuabo.com/ の参照を。

ソース:Reed Huabo Exhibitions

ソース: Reed Huabo Exhibitions
Related Links: