omniture

エマニュエル・クーロン氏をOANDAの最高技術責任者に任命

OANDA
2020-01-27 16:00 590

【ロンドン2020127PR Newswireオンラインマルチアセット取引サービスと通貨データ・分析の世界的リーダーであるOANDAは、エマニュエル・クーロン(Emmanuel Coulon)氏の最高技術責任者への任命を発表しました。同氏は、同社の世界的な技術戦略を推進し、ビジネスの全領域で技術的リーダーシップを提供することに責任を負います。

約30年に及ぶキャリアを持つクーロン氏は、大手の金融サービスおよび技術企業数社で長年にわたって勤務しました。同氏は、前職であるADSSでグローバル技術責任者を務めました。それ以前はICAP、Grupo CIMD、Effix Systems / Reutersといった大手企業に勤務した経験を保有します。

OANDAのギャビン・バンベリー最高経営責任者は「約30年の経験を持つクーロン氏は、電子取引業界への徹底的な理解と奥深い技術的専門知識を併せ持っており、当社が技術を活用して将来の成長を推進するための新たな方法を探る中で、それは当社の成功にとって極めて重要である。私は、同氏を新しい最高技術責任者に迎えられることを喜んでいる」とコメントしました。

クーロン氏は「真のフィンテック企業であるOANDAは長い間、イノベーションと技術的卓越性の文化によって推進されてきた。従って、私はこのようなダイナミックなチームの一員であることに興奮しており、当社の技術ソリューションをさらに強化することを楽しみにしている」とコメントしました。

OANDAについて

1996年に創立されたOANDAは、インターネット上において為替レートのデータを無料で提供した最初の企業であり、その5年後にFX取引プラットフォームを立ち上げ、ウェブベースの為替取引の開拓に貢献しました。今日、同社はオンラインマルチアセット取引や通貨データ・分析を小口および企業顧客に提供し、外国為替における他社の追随を許さない専門知識を実証しています。世界で最も活発な金融市場の6つで認可組織を有するOANDAは、外国為替ビジネスの変革に尽力し続けています。詳しい情報はoanda.com を参照、またはTwitter、Facebook、YouTubeで同社のフォローをしてチェックしてください。 

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: OANDA