omniture

水素モビリティーに関する国際展示会・会議H2 Mobility+ Energy Show 2020が韓国で来年3月開催へ

The H2 Mobility+ Energy Show Organizing Committee
2019-12-04 08:00 715
  • 展示会は2020年3月18日水曜日から2020年3月20日金曜日まで京畿道高陽市にあるKINTEXで開催
  • 韓国に水素産業インフラを確立し、世界に貢献する方法を模索へ

【ソウル(韓国)2019年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】

H2 Mobility+ Energy Show Organizing Committee(H2 Mobility+エネルギーショー組織委員会)が、同組織委員会会長でKAMA (Korea Automobile Manufacturers Association、韓国自動車製造業者協会)会長であるマーンキ・チョン氏の指揮の下で、H2 Mobility + Energy Show 2020を2020年3月18日水曜日から2020年3月20日金曜日まで京畿道高陽市にあるKINTEXで開催する。

H2 Mobility+ Energy Showキービジュアル
H2 Mobility+ Energy Showキービジュアル

H2 Mobility+ Energy Show 2020は韓国の水素産業にとり最大の展示会兼会議であり、KAMA(隔年のSeoul Motor Showも主催)、H2KOREA(韓国の水素産業を管理・推進する)、Hydrogen Energy Network(HyNet、水素補給ステーション建設のために組織された特別目的会社(SPC))により共催される。

このイベントのスポンサーは、貿易省、産業エネルギー省、国土交通省、環境省、科学技術情報通信省、中小ベンチャー企業省、外務省、National Assembly Hydrogen Economy Forumとなる。

このイベントの目標は、韓国の潜在的成長エンジンとしての水素産業の基盤を準備し、ひいては韓国がこの分野で世界的に貢献できるようにすることである。KOTRA(韓国貿易投資振興庁)の積極的支援により、多くの海外バイヤーが招待され、B2Bカウンセリングセッションが準備される。

韓国最大の完成車企業、Hyundai Motor Group(現代自動車グループ)はこのイベントに参加し、伝えられるところによれば、同社は水素乗用車(NEXO)、新しいバス路線、新しいトラックなどの新しい多様な技術を紹介する準備を行ってきた。またHyundaiは、Hyundai Mobisの燃料電池技術と、Hyundai Rotemが製造する水素トラムを紹介する予定である。

また、韓国電力公社(KEPCO)や韓国ガス公社(KOGAS)などのエネルギー企業、京畿道、安山市、平沢市、華城市などの行政機関も参加する。これらの地方自治体は、水素に優しい都市になるための準備を進めており、水素バスの拡大、水素補給ステーションの設置、水素燃料電池発電所の建設などの取り組みを促進するための政策を導入する。また、米国、英国、カナダ、オーストラリア、中国の海外企業の参加も予定されている。

マーンキ・チョン組織委員会会長は「韓国最大の水素産業展示会として、水素産業の最先端、新製品、新技術に関する情報が提供される。われわれは、最新の製品とテクノロジーが脚光を浴び、企業が集まり、世界中のカウンターパートの間で自社および潜在的なビジネスのプロモーションを行うことができるマーケティングの機会を提供するよう努める」と語った。

詳細な情報はhttp://www.h2mobility.kr/html/en/main.php を参照。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656430-1?lang=0

ソース:The H2 Mobility+ Energy Show Organizing Committee

ソース: The H2 Mobility+ Energy Show Organizing Committee
キーワード: 化学 ガス 公共サービス