omniture

AGCに対する米ケマーズ社によるHFO-1234yf に関する特許違反訴訟の提起

The Chemours Company
2019-11-20 15:50 426

デラウェア州ウィルミントン、  2019年11月20日 – フッ素化学品、チタニウムテクノロジーズ、ケミカルソリューションの分野でリーディングマーケットポジションを持つ世界的化学企業であるThe Chemours Company(以後 ケマーズ社)は本日、AGC株式会社に対して日本における特許違反の民事訴訟を提起することを発表しました。これは、Opteon(TM)冷媒への投資を強く保護し、またOpteon(TM) HFO-1234yf (R-1234yf)冷媒の未認可製造、マーケティング、および販売については、どの国においてもあらゆる法的手段をもってその停止のために継続的に尽力するというケマーズ社のコミットメントを改めて示すものです。

本民事訴訟は、ケマーズ社が保持する特許に対する違反が、自動車用エアコン装置およびその他固定冷蔵装置における日本でのHFO-1234yf製品の組成と利用に及ぶことを強く主張しています。これはケマーズ社がHFO-1234yfの開発と商業化に要した投資を保護するため、また顧客が真正の冷媒を確実に得られるようにするために、国際特許資産を使用していることを示す非常に良い例です。

「イノベーションと製品開発は、我々ケマーズ社の核である」とケマーズ社フロロケミカルス事業のヴァイスプレジデントであるディエゴ・ボエリは言います。「イノベーションを守ることによって、我々のお客様がケマーズ社とOpteon(TM)ブランドを信頼し、安全かつ高品質の冷媒を入手できるよう保証しています」と彼は付け加えました。

Chemoursは、商業冷蔵装置、空調設備、ヒートポンプ、そして冷却装置マーケットの長期的なニーズを満たし、性能、安全性、持続可能性、および総保有コストの最適なバランスをもたらす、低GWP HFO製品の幅広いポートフォリオをOpteon(TM)ブランドのもとで提供しています。 これらの製品はより持続可能性の高い冷媒の選択と、HVACR産業において二酸化炭素排出量を減少させる装置デザインを促すことはもちろん、代替される製品と比較し性能の維持ないしは改善を行うと同時に、ますます厳密さを増す世界的な規制を満たすために開発されました。

Opteon(TM)冷媒についての詳細な情報は、opteon.com をご覧ください。 

The Chemours Companyについて

The Chemours Company (NYSE: CC)は、チタニウムテクノロジーズ、フッ素化学品、ケミカルリューションのグローバルリーダーであり、市場が求める製品、製品専門技術、そして化学を基盤にしたイノベーションで幅広い業界の顧客にソリューションを提供しています。ケマーズ社の製品は、プラスチックやコーティング、冷媒と空調設備、鉱業、そして一般製造業で利用されています。主な製品は、Teflon(TM)、Ti-Pure(TM)、Krytox(TM)、Viton(TM)、Opteon(TM)、Freon(TM)、そしてNafion™などの有名ブランドを含んでいます。ケマーズ社は初の企業責任コミットメントレポートを2018年に発表しましたが、これは国連の持続可能な開発目標に沿ったゴールを強調しています。同社はおよそ7,000人の従業員と28ヵ所の製造拠点を有し、120ヵ国以上で3,700社を超える顧客を持っています。本社はデラウェア州ウィルミントンにあり、CCのティッカーシンボルでニューヨーク証券取引所に上場しています。

さらなる情報をお求めの場合は、chemours.com をご覧いただくか、Twitter @Chemours あるいは LinkedIn. をフォローしてください。

将来予想に関する記述

本プレスリリースは、1995年 私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項における将来予想に関する記述を含んでおり、リスクと不確定要素があります。将来予想に関する記述は、未来の出来事についての信頼に足る前提に基づく現時点での期待を示すもので、すべての記述は過去あるいは現在の事実と直接関連するものではありません。「信じる」「期待する」「だろう」「予想される」「計画する」「推定する」「目標とする」「企画する」などの用語、またそれらに類似する表現は、一般的に「将来予想に関する記述」を示すもので、本記述が作成された時点のみにおけるものです。かかる将来予想に関する記述は、すべての未確定あるいは未来の環境責任の結果もしくは解答、着手、すべての規制照会の結果もしくは解答、調査あるいは訴訟、始動、すべての訴訟の結果あるいは解決、当社製品への要求あるいは採用に影響を与え得るアメリカ合衆国その他司法による環境規制の変化、予想される未来の業績および財務パフォーマンス、ビジネス計画、予測、目標、ゴールと公約、資本投資と事業、配当あるいは自社株買戻の計画、十分かつ長期に渡る知財保護、経費節減目標、利益および事業成長の伸長計画、買収能力、獲得した事業あるいは資産の経営への統合、予期される相乗効果あるいは経費節減の達成、純売上の見込み、調整後EBITDA、調整後EPS、フリーキャッシュフロー、実行税率、投下資本利益率(ROIC)を扱うことがあり、これらすべては相当のリスクや不確定要素を伴い、記述の中で明示あるいは黙示されたものとは大きく異なる実際の結果を引き起こす可能性があります。将来予想に関する記述は、未来の出来事についての信頼に足る前提に基づいており、正確でない、あるいは実現しない可能性があります。これら記述は将来の業績を保証するものではありません。将来予想に関する記述はまた、リスクと不確実性を含んでおり、それらはケマーズ社の制御するところではありません。さらに、現時点でケマーズ社が認識することが不可能なその他のリスクや不確定要素、あるいはケマーズ社が現在見込んでいないビジネス上の物質的影響がある可能性があります。それら因子は相違を引き起こす、あるいは寄与する可能性があり、それはリスクや不確実性、あるいは米国証券取引委員会に提出したForm 10-Kによる2018年度年次報告書を含む当社の文書内で論じられたその他の要素を含んでいます。ケマーズ社は法律による要求を除き、いかなる理由においても、将来予想に関する記述を改訂または更新する義務を負いません。

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: The Chemours Company
キーワード: 化学