omniture

2019年World Sensors Summit and Expoが中国の鄭州で開催

APUS
2019-11-12 13:54 410

【鄭州(中国)2019年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】2019年 World Sensors Summit and Expo(世界センサー・サミットおよび博覧会)が2019年11月9日から11日まで、中国河南省の鄭州市で開催された。サミットは中国科学技術協会の指導の下、中華人民共和国工業・情報技術省、河南省人民政府、中国計器制御協会、河南省科学技術局、河南省工業・情報技術委員会、河南省外交委員会事務局、河南科学技術協会、および鄭州人民政府が組織した。

2019年World Sensors Summit and Expoが中国の鄭州で開催
2019年World Sensors Summit and Expoが中国の鄭州で開催

会議は、カンファレンス、展示会、コンテスト、サービスおよびビジネスなどさまざまな活動を統合して、カンファレンスのプラットフォームを通じて業界の人材を集め、ブランド会合を形成し、センサー技術の進歩を促進し、上流と下流の産業チェーンを向上させ、産業システムの開発を最適化し、産業エコシステムを構築した。

2019年World Sensors Summit and Expoが中国の鄭州で開催
2019年World Sensors Summit and Expoが中国の鄭州で開催

カンファレンスには10人以上の学者が出席。中国石油天然ガス集団(CNPC)、マイクロソフト、シーメンス、JD、パナソニック、オムロン、GE、ハネウェル、ダッソー・システムズ、Alibaba Cloudなどの有名企業、および世界トップ500と中国トップ500のうち300社以上の企業や有名センサー業界がこのカンファレンスに参加し、センサー、IoT、産業用インターネットの高度な技術をデモンストレートした。

中国のユニコーン企業で、14億のグローバルユーザーへのモバイルサービスプロバイダーであるAPUSは、APUSシステムに組み込まれたプラットフォームと広告配信のAI駆動ソリューションを介して、2019年World Sensors Summit and Expoのプロモーションをサポートした。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191111/2638310-1-a?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191111/2638310-1-b?lang=0

ソース: APUS