omniture

声明:Vision Impact Instituteは職場で眼鏡を着用する権利を要求する日本女性を支持する

Vision Impact Institute
2019-11-12 12:40 163

【ダラス2019年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】

*眼鏡をかけている女性の汚名は晴らされねばならない

日本の日本テレビとBusiness Insider Japanで放映された最近のリポート(reports )で、多くの業界で働く日本女性が仕事で眼鏡の着用を控えるよう会社から指示されていることが明らかになった。同様のルールは、男性社員には適用されていない。社の方針としている理由は、外見から安全性までさまざまである。Vision Impact Instituteは、こうした決定に対して最近、異を唱えた数千人のソーシャルメディアユーザーと従来からの報道機関を称賛したい。

 

Vision Impact Institute(Vision Impact Institute )のグローバル・エグゼクティブディレクター、クリスタン・グロス氏(Kristan Gross )は 「女性の眼鏡着用に関する世界的な負のイメージが、人口の半分以上を占める人々の健全な視力、教育と仕事における平等、将来の生活の質を維持する能力をいまだに抑圧しているというのはショックだ」と語る。世界保健機関(WHO)によると、世界の目の不自由な人の56%、視覚障害者の55%(55% of the people )は女性だ。女性が視力矯正を妨げられれば、失明などの深刻な長期的影響が生じる可能性がある。

経済的観点からは、2009年の調査研究(research study )が、視力低下に関連する日本の潜在的な生産性の損失が年間70億米ドルに上ることを示唆している。

グロス氏は「われわれは、今回の記事がソーシャルメディアで受けた支持の盛り上がりを見て意を強くしている。女性が自ら選択した形で視力を矯正する権利のために戦うには、個々人の勇気と集団行動の両方が必要だ。変えるのが可能なことは分かっている」と述べた。

▽Vision Impact Instituteについて

Vision Impact Instituteの使命は、良好な視力を世界的な優先事項とするため、視力の矯正と保護の重要性に対する認識を高めることである。その諮問委員会は、次の6人の独立した国際的な専門家で構成されている。ケビン・フリック氏(米国)、クレア・ギルバート氏(英国)、アリヤラ・ナンダクマル氏(米国)、アルン・バラト・ラム氏(インド)、セルジュ・レスニコフ博士(スイス)、ワン・ウェイ博士(中国)。

Vision Impact Instituteは501(c)(3)非営利団体として登録されており、眼科光学の世界的リーダーであるEssilorのVision for Life Fundから支援を受けている。Vision Impact Instituteは、ユニークな研究データベースであるインタラクティブなウェブプラットフォームを運営している。アクセスは https://visionimpactinstitute.org まで。

▽問い合わせ先
Andrea Kirsten-Coleman
Global Communications and Awareness Manager
andrea.kirsten@visionimpactinstitute.org

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/832635/Vision_Impact_Institute_Logo.jpg

ソース: Vision Impact Institute
キーワード: ヘルスケア/病院 公益