omniture

Witkoffがボビー・ボールドウィン氏をWitkoff副会長兼Drew Las Vegas CEOに任命

Witkoff
2019-11-01 20:15 729

【ラスベガス2019年11月1日PR Newswire=共同通信JBN】Witkoffは、ゲーム業界の名高い経営幹部ボビー・ボールドウィン(Bobby Baldwin)氏をWitkoffの副会長、およびラスベガス・ストリップで開発中の67階建てリゾート・カジノDrew Las Vegasの最高経営責任者(CEO)に任命した。ボールドウィン氏は直ちに新ポストに就く。

高い評価を得ている業界リーダーと手を組むことは、Drewの長期的成功に対するWitkoffのコミットメントを象徴している。Drewはラスベガスの次世代ラグジュアリー、さらに、この観光地全体の基準を設定する。約3800室を擁するリゾートは最先端のカジノ、レストラン、ショップ、プール、活気あるナイトライフ・オプション、画期的なスパ、ウェルネス施設を売り物にし、ラスベガス体験に全く独自の場面をもたらす。

ボールドウィン氏はWitkoff副会長という付加的な役割の中で、長期的な成長戦略に不可欠なラスベガス以遠プロジェクトにリーダーシップと知見を提供する。

Witkoffのスティーブン・ウィットコフ会長兼最高経営責任者(CEO)は「当社は建設の最終準備を進めているところで、比類ない経験のある革新的リーダーと協力するまたとない機会を得た。ボビーはプロジェクトの進み具合を見て、われわれのビジョンと戦略の支えになる。彼はミラージュ、ベラージオ、シティセンターなどラスベガスの一流リゾートの多くで指揮を執ってきた。ボビーの業界の評判、経験を考えると、彼はこのプロジェクトを成功裏に開始し、Witkoffエンタープライズ全体の戦略推進に寄与する理想的人物と確信している」と語った。

ボールドウィン氏は「Witkoff社とDrew Las Vegasチームに加わることができて喜んでいる。世界的な不動産開発、金融、運営におけるWitkoffの実績は、特にDrewの導入と合わせると、すばらしい機会になる」と語った。

ボールドウィン氏はラスベガスで類いまれな実績があり、強力な財務成果を達成したことで広く知られている。Witkoff副会長兼Drew Las Vegas CEOになる以前、ボールドウィン氏は直近でMGMリゾーツ・インターナショナルの最高顧客開発責任者、約92億ドルかけて開発されたシティセンターの社長兼CEOを務めた。

▽Witkoffについて
Witkoffは、ポートフォリオのあらゆるプロジェクトに独創的思考をもたらす垂直統合型の不動産企業で、独創性に対する眼識、業務中心のアプローチ、30年の実績を合わせ、独自の体験、繁栄するビジネス、莫大な利益を生み出している。Witkoffはディールソーシングから資金調達による事前開発、建設、運用に至る不動産ライフサイクルの全局面に関与し、参入障壁が高く需要ドライブが多様化している市場で、付加価値を生み、置き換えられない立地の資産を追求している。その結果、ホテル、住宅物件、商業ビル、事業運営、さらに将来開発する土地まで多様なポートフォリオを保有している。

▽Drew Las Vegasについて
2022年第2四半期にオープンする67階建てのリゾート・カジノ、Drew Las Vegasは旅行者に独特の新ホスピタリティーブランドを紹介する。モハベ砂漠にある本拠地に触発されて、Drewは屋内外の体験を織り合わせ、本物の場所という感覚をつくり出す。同時に砂漠を超える世界文化の影響を活用して、独特の刺激的体験をもたらす。ラスベガス・ストリップの北端、2777 Las Vegas Boulevard Southに位置するDrew Las Vegasには約3800室の客室とスイートがあり、3つの個別ホテル―The Reserve by Drew、マリオット・インターナショナルのエディションおよびJWマリオット―で構成される。55万平方フィート超のコンベンションスペースも擁し、ラスベガス・コンベンションセンター周辺と歩道橋で結ばれる。このリゾートは、レストラン、ショップ、プール、活気あるナイトライフ・オプション、そして、画期的なスパ、ウェルネス施設も備える。  

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/871305/Witkoff_Logo.jpg

ソース: Witkoff