omniture

XCMG製4000トンのXGC88000がサウジで最初の海外任務を完了

XCMG
2019-10-28 15:43 675

【ジュバイル・インダストリアルシティー(サウジアラビア)2019年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】XCMG(SHE:000425)が開発した4000トンという能力を持つ世界最大のクローラー・クレーンであるXGC88000は10月24日、サウジアラビアのジュバイル・インダストリアルシティーで、UNITE EOEG IIIプロジェクト用の1926トンの洗浄塔をわずか5時間で吊り上げ、サウジアラビアでのデビューを飾った。

XCMGの4000トンXGC88000がサウジで最初の海外任務を完了
XCMGの4000トンXGC88000がサウジで最初の海外任務を完了

気温がセ氏40度(カ氏104度)に達する砂漠地帯で稼働するXGC88000は、初の作業で最も重く最も重要な機器を所定の位置に配置した。洗浄塔の高さは101.1メートル(331.7フィート)で、直径は8.6メートル(28.2フィート)。 XGC88000は、102メートルのメインブームと27メートルの補助ブームの組み合わせを採用し、1250トンのクレーンとともに、テーリング作業を完了した。

この4000トンのクローラー・クレーンは8月中旬に中国から船積みされ、海のシルクロード経由で30日かけて輸送された。準備として、XCMGは技術者とサービスエンジニアのチームを編成して操作をサポートし、Sinopecのスタッフと協力してクレーンの組み立てとテストを完了した。

XCMGとSinopecが2013年に共同開発した世界最大の吊り上げ能力を持つXGC88000クローラー・クレーンは、中国の8つの省で3万キロメートル(1万8641マイル)以上移動し、11件の主要な建設プロジェクトで総重量12万トンの150台の機器を吊り上げた。これは3つの先駆的技術、6つの世界をリードする技術、80を超える国内特許を誇っている。

Xuzhou Construction Machinery Col, Ltd.のゼネラルマネジャーであるウエイドン・チェン氏は「XCMGは、Sinopecなどの中国企業と協力して一帯一路構想をサポートすることにコミットしている。XCMGブランドを世界市場でさらに改善するための国際戦略を堅持し、サウジでのデビューが成功したことにより、当社の機器が正しい軌道に乗り、世界市場の最前線に位置することが確認された」と語った。

このXGC88000はUNITE EOEG IIIプロジェクト用に1312トンの原子炉2基を吊り上げる予定で、その後は移動し、サウジにおけるNational Industrial Gases Company(NIGC)のGAS-P9空気分離プロジェクトとオマーンの石油精製プロジェクトに参加する。

詳細な情報は、

www.xcmg.com 、Facebook、Twitter(Twitter )、YouTube(YouTube )、LinkedIn(LinkedIn )、Instagram(Instagram )を参照。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191028/2623391-1?lang=0

ソース:XCMG

ソース: XCMG
Related Stocks:
Shenzhen:000425
Related Links: