omniture

Whale CloudがIndia Mobile Congress 2019で5G Operation Mapを発表

Whale Cloud
2019-10-16 13:25 192

【ニューデリー2019年10月16日PR Newswire】アリババグループの子会社であるWhale Cloudは、10月14日から16日までニューデリーのエアロシティーで開催される今年のIndia Mobile Congress 2019で5G Operation Mapを発表する。

5G時代には、事業者は社会全体のデジタル変革の技術センターになる。Whale Cloudは、CSPが5Gネットワークとビジネスをよりうまく運用し、5G投資の収益をスピードアップし、コアコンピタンスを向上させられるよう案内する5G Operation Mapを開発した。

Whale Cloud Internationalのチーフデジタルコンサルタント、スティーブン・チョー氏は「われわれは、5Gの開発には3つの段階があると考えている。第1段階は、通信会社が5G接続サービスを提供する。第2段階は、通信会社がネットワークスライシングによってさまざまな垂直産業向けにネットワークを収益化する。最終段階は、事業者が既存のダイナミックネットワーク、クラウドコンピューティング、エッジコンピューティング、AI、IT機能を活用し、デジタル社会の役に立つエコシステムを構築できるプラットフォームエコノミーがビジネスモデルになる」と語った。

5G Operation Mapは、5Gネットワーク展開のさまざまな段階にある事業者をサポートできるよう設計されている。マップには、5Gの収益化成功に必要な4つの重要な機能が含まれている。

インテリジェンスセンターは、高度なデータ分析とAI技術を提供し、事業者がネットワークと事業活動のためのインテリジェンス機能を構築するのを支援する。運用センターは、計画、オーケストレーション、ネットワークスライシング、運用管理を含む包括的な5Gネットワーク管理に重点を置いている。また、エコシステムパートナーにIT・ネットワーク機能を開放するAPIプラットフォームも提供する。エコロジーセンターは、事業のオンボーディング、市場から収益管理サポートまで、さまざまな産業顧客向けのデジタルエコシステムを構築する。バリューセンターは、デジタル技術と革新的ビジネスモデルを使用し、エコシステムパートナー、オンライン・オフラインのチャンネル、および顧客の価値を最大化する。5G Operation Mapに加え、Whale Cloudは、デジタル通信会社変革アプローチであるDigital Telco Maturity Map(DTMM)(http://en.iwhalecloud.com/article/188.html )、実績あるAIとビッグデータプラットフォーム、革新的なTelco New Retail and Digital Sales Channels Managementソリューション、スマートシティーソリューションも発表した。

Whale Cloud Internationalのベン・ジョウ最高経営責任者(CEO)は「CSPの担う重要な役割が5Gの未来を決定することになる。通信会社はビジネスと運用のモデルを改革し、持続可能な事業開発のために技術とプラットフォームを刷新する必要がある。Whale Cloudは、チャンスをつかみ、変革を成功させるため、事業者と同じ船に乗っている。5G Operation Mapは、当社の5Gのビジョンと機能を世界の事業者と共有するためのものだ」と語った。

ソース:Whale Cloud

 

ソース: Whale Cloud