omniture

世界トップクラスレーザーディスプレイマニアが青島に合流 レーザーテレビが高度成長期を迎える

Hisense
2019-09-27 13:54 1064

【青島(中国)2019年9月27日PR Newswire】「画面が曲げられる、隠せられる斬新な製品が次第に登場する。より小さいサイズの複合機、家庭用に適するより豊かな情景化アプリ、未来的なホログラフィックスクリーンさえも次々と市場に出る。」近頃、第一回グローバルレーザーディスプレイ技術と産業発展フォーラムはレーザーテレビの将来に強い自信を示した。産業チェーンが新しいテクノロジーを共有し続けるにつれ、レーザーディスプレイ製品の更迭と技術革新が絶え間なく加速している。


レーザーディスプレイ産業チェーンのスーパーマニアが初めて合流した。ハイセンスは今回初めてのグローバルレーザー表示技術と産業発展フォーラムの運営者の一つです。ハイセンス、長虹、極米、華録などレーザーディスプレイ整機メーカ―だけではなく、テキサスインスツルメンツ、日亜科学、大日本印刷、リコーなどのレーザーディスプレイ上流サプライヤー、及び蘇寧電器、国美電器、京東商城などレーザーディスプレイ製品のチャネル業者なども含めて、産業チェーン上下流にある企業が100社を超えた。外界の判断によると、レーザーディスプレイ産業チェーンの企業が集結の角笛を響くことはレーザーディスプレイの革新スピードを迅速に推進するものとなることがわかった。


レーザーディスプレイチップ企業であるアメリカテキサスインスツルメンツ(TI)副最高執行責任者のAne Sacksはフォーラムで、レーザーテレビ産業の拡大は多方面の努力がないといけない。レーザーテレビは高成長の潜在力があると信じて、高い光度、低い消耗などの面において、TIは持続的に進化していくことを示した。


 レーザー光源企業である日本日亜レーザー事業部長の小崎徳はリーディングブランドの重要役目を強調した。今はレーザーディスプレイ産業を成長させる最高の時期であり、ハイセンスグループレーザーテレビの急速発展とともに、産業チェーン企業の共同発展も牽引された。日亜はレーザーディスプレイ事業発展に、先端技術貢献を果たしていく決意であると表明した。


レーザースクリーン企業である大日本印刷常務執行取締役土屋充はレーザーテレビの将来に自信を持っている。「レーザーディスプレイのような新たな技術は今後の主流となり、巨大な成長を遂げられる見通しである。大日本印刷のビッグサイズの折りたたみ式スクリーンは業界により大きな貢献を果たそうとする。」


レーザーレンズ企業の日本リコー光学事業部長菊池幸喜も同じくレーザーディスプレイ産業の発展を評価し、支持する観点を示した。リコーでは既に4Kシーンに対応できるレーザーレンズが開発されており、これからも品質の高く、光度の高いレンズを作り、レーザーディスプレイ産業の発展に助力することを望んでいると話した。

第一回グローバルレーザーディスプレイ技術と産業発展フォーラムからチップ、光源、スクリーン、レンズ、整機などを含むレーザーディスプレイ産業チェーン企業が協力と革新を強め、結束して一つの声で外界に宣言し、産業が大いに成長していく過程で運命共同体を形成していることがわかりにくくもない。


 産業チェーン企業の共同の努力のもと、レーザーテレビ市場は未曾有の高度成長の勢いを表している。調査機関中怡康のデータによると、2018年中国レーザーテレビの販売量は前年同期比で483.23%成長し、2019年上半期レーザーテレビ80インチ以上のテレビ販売量は58%に達し、2022年まで、レーザーテレビの年間複合成長率は92%に達する見通しである。

(日本語リリース:クライアント提供)

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593258-1-a?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593258-1-b?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593258-1-c?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593258-1-d?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593258-1-e?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593258-1-f?lang=0

ソース: Hisense