omniture

Airbnbとオーシャン・コンサーバンシーが「南極研究の旅」を発表 南極調査隊に参加するボランティア5名を募集

Airbnb
2019-09-25 00:00 501

※このプレスリリースは2019923日にAirbnb Inc.が発表したプレスリリースの和訳です。

一生に一度、体験できるかどうかの南極研究の旅。氷のフロンティアで人類が環境に及ぼす影響について一緒に調べてみませんか?

冒険心、環境への関心、選考突破の意欲を持って挑んでみませんか? 「南極研究の旅」はキャリアの小休止の間に社会や自身に変化をもたらすことを 喚起するAirbnbサバティカルプログラムの一環です。

サンフランシスコ, 2019年9月25日 /PRNewswire/ -- Airbnb Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下:Airbnb、日本語名 :エアビーアンドビー)は、本日、オーシャン・コンサーバンシーと「南極研究の旅」 の共催を発表しました。

 

2019年12月、地球の果てに向かい、南極科学者Kirstie Jones-Williams(キースティー・ ジョーンズ=ウィリアムズ)氏率いるかつてない科学調査ミッションを支えるためのボ ランティア5名を一般公募で募ります。

ボランティアは市民科学者として雪のサンプルを採取し、マイクロプラスチックが南極内陸部の氷雪にどこまで浸透しているのかを調査します。南極研究の旅の目的は、世界 で最も未解明な部分が多く、最も隔離された生態系に人類がもたらす影響への理解を深め、人々の意識を高めることにあります。市民科学者は世界のどこかで発生したプラス チック汚染の影響を解明することによって、グローバルコミュニティとして私たちが南極と地球を守るためにできることを知らせ、具体性を与えてくれるでしょう。

「南極と言えば、けがれなき最果ての地のイメージがありますが、近年はそんなところにまでプラスチック汚染の影響が及んでいることを示す証拠があります。今回の遠征 は、マイクロプラスチックが南極のような遠隔地に到達する過程の解明に役立ちます。 自然を守るため、人類の責任を今こそ問うべきです」と、ジョーンズ=ウィリアムズ氏は説明します。「遠征は極寒の地で科学的に厳密な精度が求められ、過酷な作業に携わ ることが予想されます。地球に暮らす一員として強い意識があり、チームの一員であることに喜びを感じ、帰国後も成果を世界中に広めてくれる、やる気に溢れる人を探して います」

1か月の遠征中、市民科学者は次のことに携わります。

  • チリのプンタ・アレーナスで実践トレーニングに参加。氷河学の授業を受け、現 地でのサンプル採集を練習し、研究室での作業や各種機器の扱い方を学びます。
  • 南極に飛んで、科学調査ミッション開始。飛行機が着陸するのは、南極内陸部に ある、自然が生んだブルーアイス上の滑走路。調査はここで行われます。
  • 南極内陸部の雪を採取し、異物であるマイクロファイバーが混入していないか調 べ、廃棄物や汚染が世界中をめぐってどこまで到達したかを把握します。
  • 南極点を訪問。ここではわずか数歩で地球を一周できます。
  • ドレーク氷瀑、チャールズピーク、エレファントヘッドなどの絶景を回って、南 極大陸の地理を学びます。
  • チリに戻って、南極遠征の研究成果をさらに掘り下げ、オーシャン・コンサーバ ンシーと共同作業をしながら海洋保護のアンバサダーとなるスキルを身に着けます。この任務では、プラスチックごみが地球の環境に及ぼす影響を最小限に止め るために、Airbnbコミュニティと一般の方々ができることを広め、オーシャン・ コンサーバンシーのミッションを支えていきます。

Airbnbは、旅のあらゆるシーンで持続可能な旅のスタイルの選択を提供することを自ら の責務と考えています。その責務をさらに前進させるべく、オーシャン・コンサーバンシーと力を合わせて、南極研究の旅で得た成果を活かす教育活動や環境保護活動に努め ていきます。また、Airbnbでは、人類が環境にもたらす影響を評価・把握し、環境負荷 を軽減するためにできる対策を特定するため、環境影響アセスメントも実施しています。こうしたステップを足掛かりに今後のコミットメントとビジョンを見据え、持続可 能な旅のリーダーになることを目指してまいります。

「南極研究の旅でAirbnbと提携できたことは、海洋プラスチック汚染と戦う活動を続 け、この問題に対する一般の認識を高めるための素晴らしい機会です」と語るのは、オーシャン・コンサーバンシーの CEO、Janis Searles Jones(ジャニス・サールズ・ ジョーンズ)です。「国際海岸クリーンアップキャンペーンでは例年、ボランティアのみなさんが世界中の海岸や川でゴミを拾ってくれるのみならず、拾ったゴミの全内訳ま で世界共通のデータベースに入力してくださっています。このようにオーシャン・コンサーバンシーは市民科学者の方々と協力してきた長年の実績がありますので、今回の遠 征の成果も世界規模の解決策に活かせるのではないかと今から楽しみでなりません」

Airbnbコミュニティは健全な旅を大切にしています。2018年にAirbnbを利用したゲス トの64%が、「個人宅の空いているお部屋を有効活用」することが環境的に持続可能な旅の選択肢*だからという理由でAirbnbを選んでいます。

  • Airbnbに掲載されている環境にやさしいリスティング(宿泊施設)に宿泊したゲ ストの数は2018年8月以降、のべ500万人を超えます**。
  • 受け入れる側も環境負荷の少ない洗剤を選んだり、リサイクルをしたり、ゲスト に公共の交通機関の利用をすすめたり、ソーラーパネルを設置するなど、できるだけ環境に負荷を与えない努力をしているホストが全体の88%を占めます*。
  • Airbnbの体験でも、地球にやさしく、持続可能な社会の実現に取り組む各地のエ キスパートや市民運動の仲間と出会える体験は人気が高く、持続可能なエコ体験の予約数は前年比196%増です**。

「Airbnbはオーシャン・コンサーバンシーと力を合わせ、マイクロプラスチックが環境 にもたらす問題に着目し、私たちの生き方が地球環境にどのような影響を及ぼすかにつ

いて、世界中の人々に一丸となって考えることを呼びかけます」こう語るのは、Airbnb グローバルポリシー&パブリックアフェアーズ(公共政策)責任者のクリス・レヘインです。「すでに建てられた空間を利用するAirbnbは、ほかの旅行の仕方よりもはるかにエコフレンドリーですが、人間が環境にもたらす負荷をどのように減らすかについて私 たちは模索しなければなりません。まだまだ課題はたくさんありますが、少しずつ取り組んでゆきたいと思います」

AirbnbとWonder Grottole(ワンダー・グロットレ)が共同で実施した地方再生プロジェクト「イタリア、サバティカル休暇の旅」では、存亡の危機に瀕する南イタリアの 歴史ある村グロットレにボランティア5人が3か月間住んで、村の活性化を支援しました。南極研究の旅は、それに続くシリーズ第2弾となります。サバティカルは、有給休 暇を活用し、人々や社会に恩返しする活動に参加し、人生に変容をもたらす体験を促すことを目指すプログラムです。

南極研究の旅への応募を希望する場合は、airbnb.com/sabbaticalにアクセスし、必要事項を申込書に入力してください。応募条件が適用されます。***

*2018年、Airbnbゲストのアカウントから特定の国に旅をしたゲストを任意抽出してアンケートを実施し、12,000件近くの回答を集計したゲストの意識データ。アンケート 調査回答への謝礼や報酬は支払われていません。

**201881日~201981日、環境にやさしい宿泊施設(「土の家」「ユルト」「ツリーハウス」「テント」「ネイチャーロッジ」「ログハウス」にあてはまる建物タ イプ)とAirbnb体験を予約した全世界の宿泊者数の伸び率を前年同期と比較したAirbnb 社内のデータ。

***ウェブサイトにある選考規約をよくお読みの上、ご応募ください。応募資格は応募時に18歳以上であること。201911月から12月までの1か月間、ボランティアは市民 科学者として研究活動を行うためにチリと南極への渡航が可能であること。遠征と研究に携わるレベルの英会話ができることです。市民科学者5名の最終選考結果発表は、 20191030日です。「南極研究の旅」サバティカルのボランティアは、次の国と地域にお住まいの方が対象です。アルゼンチン、オーストリア、オーストラリア、ベル ギー、ブラジル、カナダ、チリ、中国、デンマーク、ドバイ、フランス、ドイツ、アイルランド、インド、イタリア、香港特別行政区、日本、韓国、マレーシア、メキシコ、 オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、ロシア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾地区、タイ、英国、米国。

Airbnbについて

2008年に創業されたAirbnbは、誰でもどこでも居場所が見つかる世界をつくることをミッションとしています。その実現のために、地方ならではの旅をサポートし、多様な選択肢とすべての人々の参画機会 がある、持続可能な観光産業を支援します。独自のテクノロジーを活用し、空き家・空き部屋や、ホスピタリティ精神に溢れる起業家としての才能や情熱をプラットフォームに掲載し、収入を得る手段とす ることによって、世界中の地域・個人に持続的な経済効果をもたらしています。当社のマーケットプレイスには、世界191か国以上、約100,000都市で700万件を超えるユニークな宿泊施設が掲載されていま す。「体験」では、世界1,000以上の都市で、40,000件以上のホストのオリジナリティ溢れるアクティビティが提供されており、今までになかった地域コミュニティそのものを体感いただけます。Airbnbの人 と人をつなぐプラットフォームがホスト、ゲスト、当社社員、そして地域社会を含む、当社が関わり得 るすべての方々にとって価値あるものとなるよう、努めてまいります。https://airbnb.jp/  

オーシャン・コンサーバンシーについて

オーシャン・コンサーバンシーは、今日、地球で最も解決が難しいとされる課題から海洋を保護する取り組みに関わっています。パートナーと連携し、健全な海とそれに依存する生きものと社会のためにさ まざまな科学的ソリューションを提案しています。https://oceanconservancy.org/  

南極科学者Kirstie Jones-Williams(キースティー・ジョーンズ・ウィリアムズ)氏について

南極科学者キースティー・ジョーンズ・ウィリアムズ氏の専門分野は、マイクロプラスチックが極地海 洋動物性プランクトンに与える影響の調査研究です。英国自然環境研究会議が支援する「GW4+ DTP」 訓練プログラムの助成を受け、英国エクセター大学の生物科学博士課程に在籍中です。 https://www.bas.ac.uk/profile/kirnes79/  

*ここに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

*「Airbnb」「エアビーアンドビー」「エアビー」「Superhost (スーパーホスト)」の各名称およびロゴは Airbnb Inc.の登録商標です。

Airbnbプレスリリースは報道関係者を対象としているものです。Airbnbプレスリリースで紹介する宿泊先 と体験は、あくまで参考イメージの提供のみを目的とするものです。Airbnbプラットフォーム上の特定 の宿泊先や体験を支持・推薦するものではありません。

当プレスリリースに関する資料、画像、動画は こちら よりダウンロードいただけます。

Airbnb
Airbnb

ビデオ- https://mma.prnewswire.com/media/1000160/Airbnb_Antarctic_Launch.mp4  
写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1000159/Airbnb_Antarctic_Sabbatical.jpg  

ソース: Airbnb