omniture

SRI Internationalが川田テクノロジーズと川田工業と提携

SRI International
2019-09-19 07:00 467

【メンローパーク(米カリフォルニア州)2019年9月19日PR Newswire=共同通信JBN】

*溶接可視化技術と次世代3D溶接ヘルメットを開発

*新しい3D溶接ヘルメットは、ダイナミックレンジが広い作業中のシーンと溶接データを溶接技能者の目に安全な形で提供することによって、新規の溶接技能者を訓練し、既存の溶接技能者の生産性を向上させることができる

非営利研究センターのSRI International(SRI International )(SRI)は、川田テクノロジーズ株式会社(Kawada Technologies, Inc )(KTI)および川田工業株式会社と提携し、Xtreme Dynamic Range(XDR)溶接可視化技術を開発し、画像処理を使用して溶接技能者に作業中の溶接の細部を安全に可視化すると発表した。XDRはさらに、カメラを使用する次世代3D溶接ヘルメットに採用され、溶接の世界を完全に変革してきた。

SRI International XDR Helmet In Use
SRI International XDR Helmet In Use

▽XDR溶接可視化技術

このプロジェクトの目標は、より多数の溶接技能者の人材を育成し、高額な特殊イメージセンサーではなく通常のイメージセンサーを使用して、溶接場面の可視性を大幅に向上させることによって、溶接品質を向上させることである。特に、新開発の技術は、画像がマイクロセカンド解像度で撮影されて画像を取得し、リアルタイムのXDR Fusionを達成するシャッタースピードと時間を管理する。その結果、市販カメラの制限された60-70 dBのダイナミックレンジではなく、XDR溶接ヘルメット搭載の商用カメラを使った可視化シーンのダイナミックレンジは特殊なイメージセンサーの必要もなく、150 dBまでに拡大された。

▽次世代3D溶接ヘルメット

XDRを装備した次世代3D溶接ヘルメットは、立体カメラ装置として画像を取得し、合成する。この画像は、立体画像としてステレオヘルメット内部の頭部装着型ディプレー(HMD)に最小遅延で表示される。このヘルメットシステムはウエアラブルのホットスワップ可能なバッテリーで動作するため、外部電源がない環境で無制限に使用可能である。このヘルメットは、溶接に関するさまざまなリアルタイムの溶接状況パラメーター(温度、電圧、電流など)の表示および記録機能も内蔵している。これによって溶接技能者は有用な情報を収集・点検できることから高品質な溶接が確実になり、その結果として学習曲線が加速する。最終的に、溶接をヘルメットの中のスクリーンを通じて間接的に見ることなるため、溶接技能者の目はアーク放電から完全に保護される。

米カリフォルニア州メンローパークに本社を構える研究センターのSRI Internationalは、人々がより安全、より健康で、より生産的になる世界を一変させるソリューションを開発している。厚鋼板を製造する川田工業株式会社の独自技術は、建設および橋梁業界における多くの成功につながってきた。SRIと提携して、KTI川田グループはXDRを開発した。KTI川田グループはヘルメットで取得したデータ分析にも取り組み、溶接の品質および信頼性を向上させるためにさまざまな試験も実施している。

SRI InternationalのVision Systems担当上級技術ディレクターであるマイク・ピアセンティノ氏は「川田は新規の溶接技能者を訓練するために必要な時間を大幅に短縮するとともに、効果的な方法で溶接知識を新しい溶接技能者に伝える必要があって、SRIにそれを依頼してきた。SRIが開発したリアルタイムの溶接可視化技術は、より大きなダイナミックレンジを提供し、人間および溶接ロボットが溶接技術を超越したものを見ることを可能にする。リアルタイムで溶接を見る能力は品質を保持し、低品質な溶接、ないしは失敗の可能性がある溶接を溶接技能者に知らせる。これは、精密な溶接が建設および橋梁などのインフラストラクチャーの構造保全、公共安全に極めて重要な場合、従来の溶接に比べ大きな優勢性がある。

次世代3D溶接ヘルメットは来年にかけて性能が向上し、川田工業株式会社で溶接技術を教えるために活用される。KTI川田グループは、新しい技術および製品開発に応用できる知見を獲得できると期待している。

川田技術研究センターの金平徳之プロジェクトリーダー兼ディレクターは「溶接は、熟練溶接技能者から新人技能者に移転するうえで、最も重要かつ難しいスキルである。それには可視化がカギとなる。SRIが開発したこの新しい技術は、適切な輝度とコントラストで作業空間全体を明りょうに可視化する。溶接の可視化は、溶接品質の安定とトレーサビリティーの提供に直接つながる」と語った。

▽SRI Internationalについて

SRI Internationalは独立系の非営利研究センターであり、クライアントと協力して最先端の研究開発を研究室から市場に提供している。SRIは米カリフォルニア州メンローパークに本社がある。SRIは政府および業界にサービスを提供し、技術および科学分野で協力して真のイノベーションを生み出し、クライアントの高価値を創出する。SRIは現在最も困難な課題を解決し、将来のニーズを見据えるソリューションを開発している。SRIは70年以上にわたり、画期的な製品、技術、産業の発見と設計をリードしてきた。これらにはSiri、オンラインバンキングをはじめ、超音波治療、がん治療などがある。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/973640/SRI_International_XDR_Helmet.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/924219/SRI_Logo.jpg

ソース: SRI International
Related Links: