omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US zh_TW zh_CN ja ko_KR

IIGFがアジアの「PPP Agency of the Year 2019」を受賞

2019-06-26 14:58

【シンガポール2019年6月26日PR Newswire=共同通信JBN】インドネシア財務省の特別任務機関であるIndonesia Infrastructure Guarantee Fund(IIGF、インドネシアインフラ保証基金)(http://www.iigf.co.id/)が、「PPP Agency of the Year 2019」の団体賞部門でAsia Infrastructure Award(アジアインフラ賞)を受賞した。同賞は、アジアの金融サービス総合マルチメディア企業、The Assetによって授与された。

IIGFがアジアの「PPP Agency of the Year 2019」を受賞
IIGFがアジアの「PPP Agency of the Year 2019」を受賞

シンガポールで開催された「The Asset Triple A Asia Infrastructure Awards 2019」の式典でIIGFのアルマンド・ヘルマワン理事長が語ったように、受賞はアジアにおける官民連携(PPP)プロジェクトに対する政府保証を提供する唯一の単一窓口政策としてのIIGFの立場を強化した。それは国家インフラストラクチャープロジェクトに資金提供することへの信用を一層高めるものと期待される。

アルマンド氏は「われわれは、株主そして利害関係者として、IIGF幹部、財務省が継続的支援のため大変尽力されてきたことに感謝している。この賞は、われわれがインドネシアのインフラ開発をより速やかに成功させていく自信を与えてくれた」と語った。有料道路、輸送、飲料水、電気、電気通信向けの約22のPPPプロジェクトに対する保証の供与で、インドネシアは国内のインフラ資金調達においてPPP市場を成功裏に構築してきた。

インドネシアのスリ・ムルヤニ・インドラワティ財務相は優れた実績を称え、「今回の受賞で、IIGFの貢献は国際的に認知された。戦略的イニシアチブの展開で、PPPスキームは政府によって実施され、投資家に受け入れられるようになった。われわれは、PPPが同スキームでインフラ資金調達に取り組むのを支援している。このように、IIGFを通じて、国家予算(APBN)の資金調達ギャップは解消されるだろう」と述べた。

同相は、IIGFが案件形成支援(PDF)で契約代理店を継続的に支援してきており、市場のニーズに見合った適切な準備と取引を保証していると付言した。PPPの各部門とIIGFの関連機関との積極的な協力を通じ、同機関や投資家のいかなる懸念も解消される。

「The Asset Triple A Asia Infrastructure Awards 2019」は、国際金融機関や投資会社が出席した「The 4th Asia Infrastructure Finance Leaders Dialogue」に関するパネルディスカッションの一環だった。IIGF理事長は、The Assetの編集長がモデレーターを務めたパネルセッション「アジアのインフラストラクチャープロジェクト:回顧と展望」にスピーカーとして出席した。

IIGFはこれまでに、SWA Magazineの「The Best State-Owned Company 2018」、Asian Risk CMRの「The Best Risk Asian Award 2018」、Corporate Governance Perception Indexの「The Trusted Company 2018」など、数々の賞を受賞している。

▽PT PENJAMINAN INFRASTRUKTUR INDONESIA(PERSERO)/ INDONESIA INFRASTRUCTURE GUARANTEE FUND(IIGF)

Indonesia Infrastructure Guarantee Fund(インドネシアインフラ保証基金、Persero)は、官民連携(PPP)計画プロジェクトに対する政府保証の提供を担当する、財務省唯一の特別任務機関(SMV)である。IIGFは、マンダリカ経済特区プロジェクト向けPT ITDCを含む各国諸機関への国営融資に保証を提供し、保健、道路、輸送分野の5つのPPPインフラプロジェクトの案件形成支援を行っている。

2019年6月、IIGFは5つの部門から11の有料道路プロジェクト(バタン - スマラン、バリクパパン - サマリンダ、パンダアン - マラン、マナド - ビトゥン、ジャカルタ - チカンペックII高架、クリアン - レグンディ - ブンダー - マニャル、チレウニ - スメダン - ダウアン、セラン - パニンバン、プロボリンゴ - バニュワンギ、ジャカルタ - チカンペックII南側)、4つの電気通信プロジェクト(西部、中部、東部パラパ・リングと多機能衛星)、1つの電気事業(バタン)、3つの飲料水プロジェクト(アンブラン、バンダルランプン、スマラン西部)と1つの輸送/鉄道プロジェクト(マカッサル - パレパレ鉄道)を含む22のPPPプロジェクトに対する保証を実行した。IIGFは、1つの非PPPプロジェクト、マンダリカ経済特区に保証を提供している。

▽メディア問い合わせ先

PRATOMO ISMUJATMIKA
EVP Corporate Secretary & Communications
Tel: 62-21-57950550
Fax: 62-21-57950040
Email: i.pratomo@iigf.co.id / corcomm@iigf.co.id

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190625/2507491-1

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー