omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US id_ID ja ko_KR ms_MY th_TH vi_VN

トリナ・ソーラーがN型i-TOPCon両面発電モジュールの量産体制を確立

2019-06-13 14:00

【常州(中国)2019年6月13日PR Newswire】太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供する世界有数の総合ソリューション・プロバイダーであるTrina Solar(以下「トリナ・ソーラー」)は、このほど、N型i-TOPCon両面発電モジュールの量産体制を確立したと発表した。144ハーフカット i-TOPCon太陽電池セルを備えるモジュールの表面の最大出力は、425Wp(ワット・ピーク)であり、最大変換効率は20.7%に達する。

この新しいi-TOPCon PVモジュールは、80%の両面発電性能、マルチバスバー(MBB)、両面ガラス、スクエア型単結晶、両面、ハーフカット技術をN型両面i-TOPCon電池セルに統合している。この高効率モジュールは低温度係数、低光誘起劣化(LID)の機能を備えており、実出力を大きく改善する。同製品はまた、裏面から5-30%の追加となる出力を供給し、30年リニア保証付きである。

フランホーファー太陽エネルギー研究所(Fraunhofer ISE)が開発した小面積、片面TOPConセルの変換効率25.8%の世界記録は、研究機関や業界のパッシベーションセルの研究・開発を促進させる結果となった。トリナ・ソーラーの研究所であるState Key Laboratory of Photovoltaic Science and Technology(SKL PVST)は2015年、大面積両面TOPCon電池セルの研究を開始したが、それは量産を目指すもので、i-TOPCon電池セルと命名された。トリナ・ソーラーは2019年、i-TOPCon電池セルで23%超の表面の変換効率(中央値)を達成した。

i-TOPCon電池セルは、表面がボロン(ホウ素)エミッター、裏面がパッシベーティングコンタクトを用いている。SKL PVSTによって開発された後、常州のトリナ・ソーラー工場で全面的な量産態勢に入った。トリナ・ソーラーは2019年5月、同社のSKI PVSTがN型単結晶シリコン(c-Si)i-TOPConセルで変換効率24.58%の世界新記録を樹立したと発表した。この成果は、ドイツのISFH CalTeCによってバスバーを含む全領域(244cm2)の測定値として認定された。

画像リンク:https://www.trinasolar.com/sites/default/files/TSM-NEG15MC.20%28II%29.jpg

キャプション:トリナ・ソーラーの新製品 i-TOPConセル技術採用の高性能モジュール TSM-NEG15MC.20(II)

■トリナ・ソーラーについて

1997年に設立されたトリナ・ソーラーは、太陽光発電製品の研究開発、製造、販売、および、太陽光発電所の開発、O&M、スマートマイクログリッドとマルチエネルギー補完システムの開発と販売、および、エネルギークラウドプラットフォームの運用という太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供するグローバル企業です。

2018年にはエネルギーのIoT(モノのエネルギーインターネット)ブランドを立ち上げ、世界のトップ企業や研究機関と共同でトリナエネルギーIoT産業開発同盟と新エネルギーIoT産業イノベーションセンターを発足しました。

当社は、スマートエネルギーのグローバルリーダーになるべく全力を注いでいます。

詳細については、http://www.trinasolar.com/jp をご覧ください。

関連リンク:
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー