omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US zh_TW zh_CN ja ko_KR th_TH

ウインドリバーとAirbiquityが提携

2019-06-04 18:00

【デトロイト2019年6月4日PR Newswire=共同通信JBN】

*コネクテッドおよび自動運転車両向けのVehicle-to-Cloud OTAソリューションで

TU-AUTOMOTIVE DETROIT 2019 – 重要インフラストラクチャー向けIoTソフトウエア提供のリーダーであるウインドリバー(Wind River(R))(Wind River® )とコネクテッド車両サービスのリーダーであるAirbiquity(R)(Airbiquity )は、車両からクラウドに及ぶコネクテッドおよび自動運転車両向けのエンドツーエンドのソフトウエアライフサイクル管理ソリューションを開発するため、重要テクノロジーの統合に取り組んでいる。このソリューションは、安全でインテリジェントなオーバージエア(OTA)ソフトウエアのアップデートとデータ管理を可能にする。

車両のライフサイクルを通してソフトウエアを適切かつ先を見越して管理することは、性能の向上、価値の維持、安全とセキュリティーの脅威への対応においてますます重要になっている。OTAを使用することで、自動車メーカーは診断・運用データを安全に送信し、ソフトウエアアップデートを効率的に展開してリコールの経費を削減し、車両の新しい機能を実現することができる。

ウインドリバーとAirbiquityは、市場をリードするソフトウエア技術のコンポーネントを組み合わせ、オープンで柔軟なOTAソリューションを自動車産業に提供する。その狙いは産業をリードする両ソフトウエア技術企業の専門知識に支えられた包括的、相互運用可能かつ認証済みのOTAソリューションを構築することである。

ウインドリバーは、高度モジュールかつOTAアップデート、ソフトウエアライフサイクル管理のソリューションである同社のEdge Sync(Edge Sync )を提供する計画である。AirBiquityは、OTAオーケストレーション、キャンペーン管理、ソフトウエア・データ管理、Uptaneベースのセキュリティーフレームワークの各機能を含む同社のOTAmatic(TM)(OTAmatic™ )ソリューションを提供する。

Edge SyncとOTAmaticを組み合わせた統合ソリューションは、医療、工業、航空宇宙、軍事、電気通信といった多様な非自動車IoT分野にも適用できる。

ウインドリバーのマルケス・マッカモン自動車担当副社長は「自動車メーカーは非常に複雑な機能を導入し、さらなる価値を常に提供するというプレッシャーに直面している。自動車のライフサイクル全体に安全に対処するためのソフトウエア管理を推進することは、自動車メーカーが費用効率の高い状態を保ちながら、より多くの継続中のイノベーションを提供するのを支援するのに効果的な戦略である。Airbiquityのようなリーダーと提携することで、われわれは、自動車メーカーが進化する顧客とビジネスのニーズに対応するのを支援することができる」と述べた。

Airbiquityのカムヤール・モインザデ社長兼最高経営責任者(CEO)は「Airbiquityは、有名サプライヤーの実績のある相互運用性を備えた堅固、安全、そして高度にスケーラブルなOTAソリューションへの市場ニーズを理解している。当社は、ウインドリバーのような非常に優れた技術、マーケティング、そして販売のパートナーと協力し、自動車やその他の市場に、この共同OTAソリューションを提供することを楽しみにしている」と述べた。

Edge Syncは、市場をリードする高性能ソリューションを提供してソフトウエアとファームウエアへの迅速、安全かつ確実なアップデートを実現し、長期にわたって車の価値と顧客体験を継続的に向上させる。それは、OTAアップデート実行の際に最小の差分アップデートを可能にする技術も備えている。アップデートを最小に保つことで、配信時間、費用、アップデート伝送時間、自動車用エレクトニック・コントロール・ユニット(ECU)に必要なメモリーを低減する。

OTAmaticは業界をリードするマルチECU OTAソリューションであり、クラウドからの車両ソフトウエアアップデートとデータ管理を安全に調整し、自動化する。OTAmaticは、高度に定義された車両およびデバイス・ターゲティング、個別ポリシーおよびプライバシー管理、カスタマイズ可能な消費者通信、多層のサイバーセキュリティー保護、そしてソリューション展開の柔軟性を備えた、洗練されたOTAサービスを提供する。

ウインドリバーの自動車ソリューションと技術についての詳しい情報はhttp://www.windriver.com/markets/automotive/ を参照。

Airbiquityの自動車ソリューションと技術についての詳しい情報はhttp://www.airbiquity.com を参照。

▽ウインドリバーについて

ウインドリバー(Wind River)はエッジ向けソフトウエア提供のグローバルリーダである。同社の技術は1981年から世界中の最も安全、セキュアなデバイスに力を与えており、20億以上の製品で使用されている。ウインドリバーは、世界クラスのグローバルな専門サービス、サポート、広範なパートナーのエコシステムに支えられた総合的なポートフォリオを提供する。ウインドリバーのソフトウエアと専門知識は、最高レベルの安全性、セキュリティー、性能、信頼性が要求される重要インフラストラクチャーシステムのデジタル変革を加速している。詳しい情報はウインドリバーのサイトwww.windriver.com を参照。

▽Airbiquityについて

Airbiquity(R)はコネクテッド車両サービスの世界的リーダーであり、自動車向けテレマティクス技術の開発および設計のパイオニアである。自動車向けイノベーションの最前線にあるAirbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベースのコネクテッド車両サービス配信プラットフォームChoreo(TM)を運営するとともに、OTAmatic(TM)によってオーバージエア(OTA)ソフトウエアアップデートやデータ管理などの主要な使用事例全てをサポートする。自動車メーカー、自動車サプライヤーはAirbiquityと提携し、極めてスケーラブルで扱いやすく安全なコネクテッド車両サービスプログラムを、世界の60カ国以上の顧客のニーズに応じて展開している。Airbiquityについての詳細はwww.airbiquity.com を参照、または@Airbiquity(@Airbiquity )で会話に参加を。

ウインドリバー(Wind River)はWind River Systems, Inc.,とその関連会社の商標または登録商標である。Airbiquity、Choreo、OTAmaticはAirbiquity Inc.の商標である。その他の商標は各所有者の商標の可能性がある。

▽報道機関問い合わせ先

Jenny Suh

Wind River

+1-510-749-2972

jenny.suh@windriver.com

Noel Wurst

Airbiquity

+1-904-673-4427

media@airbiquity.com

ソース:Airbiquity

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/892596/Airbiquity_Wind_River_Partnership_Logo.jpg

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー