omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

Viomi TechnologyがIDCと協力し、Consumer IoT Outlook 2025白書を発表

2019-03-08 15:21

【ニューヨーク2019年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】

*消費者IoT市場における6つの大きな傾向

中国の大手IoT @ Home技術会社Viomi Technology Co., Ltd(「Viomi」または「同社」)(NASDAQ: VIOT)は7日、International Data Corporation(「IDC」)と協力し、Nasdaq MarketSiteで白書を発表した。この「Consumer IoT Outlook 2025」と題した白書は、消費者IoT市場における6つの主要傾向を予測している。

Viomi TechnologyがIDCと協力し、Consumer IoT Outlook 2025白書を発表
Viomi TechnologyがIDCと協力し、Consumer IoT Outlook 2025白書を発表

*消費者IoTデバイスのコンピューティング機能は急速に増大する。AI + IoTは消費者IoTの今後の発展の鍵である。消費者IoTはまた、スマートホーム・デバイスの根幹であり、検出技術、データ収集能力、意思決定知能の開発を推進する。

*多様なネットワークプロトコルはハイブリッドネットワークとして連携し、どこでもいつでも安定した高速接続を提供する。アドホックないしメッシュ・ネットワークの発展は安定した高速接続を実現するのに役立つ。さらに、間近に迫った5G時代はどこでもいつでも接続に勢いを与える。

*エッジコンピューティングとローカルストレージはスマートデバイスに広く使われ、コンピューティング効率と個人のプライバシーを高める。ローカルストレージに基づいたエッジコンピューティングは、コンピューティング効率を大きく向上させ、ローカルストレージの消費者IoTデバイスへの使用は、個人のプライバシーを著しく高める。

*消費者IoTデバイスは技術とシナリオに関し、よりオープンなインテグレーションを持つ。相互運用性は、製品、プラットフォーム、アプリケーションの間の境界を打ち破ることによって実現される。

*人とデバイスの相互関係はよりユーザーフレンドリーになり、より自然に感じる。相互関係の進化は、よりユーザーフレンドリーで多様なやり方につながり、これは音声、イメージ、顔、接触に基づいた相互関係を含むが、これらに限定されるものではない。

*スマートデバイスは間もなく急増の段階に移り、関連のサービスやアプリケーションの登場につながる。中国のスマートホーム・デバイスの出荷量は2018年から18.9%の年平均成長率で増加し、2022年までに約3億ユニットに達するとみられ、電化製品が最大のセグメントになる。

Viomiは、2019年3月13日午後7時(北京時間)に中国・上海のAppliances & Electronics World Expoでの製品発売イベントで同白書を説明する計画である。同社は、同イベントでIDCと協力し、2025年までの消費者IoT市場における傾向の展望と洞察を紹介する。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190307/2393625-1

ソース:Viomi

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=331268

Related Stocks: NASDAQ-NMS:VIOT

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー