omniture

ZainがParallel WirelessのOpen RANを採用し既存の2Gおよび3Gインフラストラクチャーを最新化

Parallel Wireless
2019-02-20 21:00 371

【ナシュア(米ニューハンプシャー州)2019年2月20日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界初の仮想化2G、3G、4G、5G統合Open RANは効率性とコスト節約を実現

すべてのジェネレーション(All G)(2G、3G、4G、5G)における世界初のエンドツーエンド・ソフトウエアベース統合ネットワーク・ソリューションで世界をリードするParallel Wirelessは21日、中東、アフリカの8市場における有力モバイル通信イノベーターであるZainがParallel Wirelessを採用し既存の2Gおよび3Gネットワークを最新化して運用効率性を向上させると発表した。

GSMAリポートによると、中東および北アフリカのモバイルブロードバンド接続は2016年末までに2Gとパリティーに到達し、昨年末には3Gが主力のモバイルテクノロジーになった。これによって地元のMNOには課題が生じ、MNOは両テクノロジーをサポートすると同時に4Gおよび5Gに向けてネットワークの準備を整える必要がでてきた。

Zainの最新化イニシアチブの主要目標は、Parallel Wirelessの2G/3G/4G/5G統合モバイル・アーキテクチャーによって2Gおよび3Gを全面的に仮想化することである。これはコスト節約と運用効率性の体験を開始するだけでなく、4Gおよび5Gに備えネットワークを将来も使用できるようにすることである。

▽Parallel Wireless Open RANソリューションが類まれな理由

Parallel Wirelessの革新的な仮想化マルチテクノロジーOpen RANソリューションはハードウエアとソフトウエアを切り離し、展開を容易かつ手ごろな価格にしてあらゆる未来テクノロジーをインストールし、メインテナンスし、アップグレードする。

*Converged Wireless System(CWS)、オールインワン・マルチテクノロジー・ソフトウエア定義GPPベースの基地局で、Zainがレガシー2Gおよび3Gシステムを置き換え、2Gおよび3Gを同一基地局で同時稼働させ、優れたデータおよびボイス・サービスをZainの顧客に提供することを可能にする。マルチテクノロジーのCWSノードは展開およびメインテナンスが容易であり、2Gから3G/4G/5Gへの明確なテクノロジー進化を実現する。さらに、CWSはバックホール向けにレジリエントな無線メッシュを使用して、より高価な輸送の提供を不要にする。

*HetNet Gateway(HNG)はAll Gソフトウエアプラットフォームであり、ALL Gネットワークの簡略化および自動化によって、All G Ranと中核機能(例えば2G向けのvBSC、3G向けのvRNC、4G向けのスモールセルおよびコアゲートウエー)を仮想化してRANのコストを軽減する。HetNet Gatewayは、2Gおよび3Gを現在使用し、4Gおよび5Gを将来利用するZainの顧客に対し、最高のサブスクライバー体験を実現するシームレスなモビリティーと低レイテンシーも提供する。HNGソフトウエアは、ネットワーク・コンポーネント間のスタンダードベースおよびオープンなインターフェースを使用することによってOpen RANアーキテクチャーを実現しており、その結果、新しいRAN製品のネットワーク管理に加え、リアルタイムSON搭載のネットワークのコアへの統合を簡略化し自動化する。

▽賛辞

Zainのグループ最高技術責任者(CTO)であるヒシャム・アラム氏は「仮想化Open RANはZainに大きな成長機会を提供し、コストを軽減し、新規の収益成長を促すと確信している。戦略パートナーとしてParallel Wirelessを当社が選択したことによって、われわれは効率的で統合されたコスト効率に優れたネットワークを構築し、ビデオ、ゲーミング、ヘルス、IoT、教育の分野でより良いサービスを当社顧客に提供することが可能になる。Parallel Wirelessが統合された全面仮想化Open vRANにおける専門知識とイノベーションを提供したので、われわれは大幅な節約を体験することができた」と語った。

Parallel WirelessのEME事業開発責任者であるアムリット・ヒール氏は「6大陸のオペレーターは、Parallel Wirelessの仮想化Open RANがネットワークおよび収益にもたらすことができる変革によるコスト節約のメリットを認めている。われわれは同地域の先駆者である革新的オペレーターのZainと提携し、Zainの顧客がテクノロジーのすべてのジェネレーション2G、3G、4G、5Gで利用可能な新規サービスを体験することを可能にする統合ネットワークを提供できることをうれしく思う」と語った。

▽Zain Groupについて

Zainは中東・アフリカの有力な通信オペレーターであり、2018年12月31日時点で4900万以上のアクティブカスタマーにモバイル・ボイスおよびデータサービスを提供している。8カ国で商用プレゼンスがあるZainはクウェート、バーレーン、イラク、ヨルダン、サウジアラビア、スーダン、南スーダンで業務展開している。同グループはレバノンで、政府に代わり「タッチ」を管理している。Zainはモロッコで合弁企業を通じて「INWI」の株式15.5%を保有。ZainはBoursa Kuwait(株式ティッカー:ZAIN)に上場している。詳細はウェブサイトwww.zain.com を参照。

▽Parallel Wirelessについて

Parallel Wirelessはネットワークの再構成によって未接続の40億人を接続することを使命としている。統合されたエンドツーエンドの2G GSM、3G UMTS、4G LTE、および5G Open RANソリューションにより、オペレーターは地方、エンタープライズ、公共安全、M2M、Iot、スマートシティー、過密都市かどうかにかかわらず、エンタープライズWi-Fiと同じように容易かつコスト効率に優れた形で、リアルタイムのSONを使用してあらゆるGセルラーネットワークを展開することができる。同社は世界中の多くの主要オペレーターと提携し、Telefonica(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2376175-1&h=972671279&u=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Dhj42QmHbrDw&a=Telefonica )とVodafone(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2376175-1&h=3661283721&u=https%3A%2F%2Fwww.vodafone.com%2Fcontent%2Findex%2Fwhat%2Ftechnology-blog%2Ftelecoms-industry-first-openran-rfi.html&a=Vodafone )によって、すべてのジェネレーションにおける最高のベンダーと評価されてきた。マルチテクノロジー・オープン仮想化RANソリューションにおけるParallel Wirelessのイノベーションおよびエクセレンスは、MWC19 GLOMO(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2376175-1&h=1208013770&u=https%3A%2F%2Fwww.mwcbarcelona.com%2Fconference-programmes%2Fglobal-mobile-awards%2Fglobal-mobile-awards-2019-nominee-shortlist%2F&a=MWC19+GLOMO )でファーウェイ(Huawei)、エリクソン(NASDAQ: ERIC)とともに、最優秀モバイルネットワークインフラストラクチャーの指名候補を含め、50の業界賞によって高く評価されている。LinkedIn(ttps://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2376175-1&h=355440432&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fparallel-wireless-inc-&a=LinkedIn )およびTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2376175-1&h=2093319394&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FParallel_tw&a=Twitter )でParallel Wirelessのフォローを。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/795321/Parallel_Wireless_Logo.jpg

ソース: Parallel Wireless
Related Stocks:
Kuwait:ZAIN