omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

Tufinがアジア太平洋地域セールス担当の副社長にボスナー氏を任命

2019-02-11 08:00

【ボストン2019年2月11日PR Newswire=共同通信JBN】Network Security Policy Orchestrationで市場をリードするプロバイダー(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2366763-1&h=532883892&u=https%3A%2F%2Fwww.tufin.com%2Ftufin-orchestration-suite&a=Network+Security+Policy+Orchestration )であるTufin(R)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2366763-1&h=2515765838&u=http%3A%2F%2Fwww.tufin.com%2F&a=Tufin%C2%AE )は、マイケル・ボスナー(Michael Bosnar)氏をアジア太平洋地域(APAC)セールス担当副社長に任命したと発表した。ボスナー氏は副社長として、アジア太平洋地域および日本でTufinの事業の成長戦略を策定し、それを実行し、先進的なアカウントベース・モデルを通じて顧客およびチャンネルとのパートナーシップを促進する。また、ボスナー氏の戦略は、主要なファイアウォール・ベンダー、クラウドプロバイダー、エンタープライズ・サービス・マネジメント・ベンダーとのアライアンスを同地域での成功のカギとして重視する。同氏はメルボルンを本拠とし、Tufinのケビン・マロニー上級副社長(グローバルセールス担当)に直属する。

マロニー副社長は「ボスナー氏はTufinがAPACにおけるTufinの事業展開を拡大し、同地域のより多くの企業にTufin Orchestration Suiteを提供する。Tufinは世界中で急成長の勢いを持続しており、テクノロジー業界における同氏のセールス専門知識はTufinにとって大変貴重なものである」と語った。

ボスナー氏はITソフトウエア企業で20年以上にわたり上級幹部職を歴任した。ボスナー氏はTufinに入社する前にAppSenseでAPJ(アジア太平洋地域・日本担当)副社長を務めAPACおよび日本でAppSenseの業務を確立したほか、IVANTIのエリアバイスプレジデントとして1つの地域にある10社を合併させてAPAC事業の基盤を築いた。ボスナー氏は、CA TechnologiesでANZ(オーストラリア・ニュージーランド担当)ディレクター、SybaseでANZディレクターを務めた。ボスナー氏は政治学士号を受け、INSEADで大学院の勉学を修了した。

ボスナー氏は「大企業はセキュリティーとアジリティーのバランスを保つツールを求めており、Tufinは素晴らし成長段階にある。このため、Tufinは同社の2000以上の顧客すべてのために現実のビジネス、セキュリティー、コンプライアンス問題にソリューションを提供するベンダーとして注目されている。APAC地域はTufinが重視し投資する地域であり、Tufin APACが同地域の企業に大きな貢献を提供できるようにすることを大変うれしく思う」と語った。

▽Tufinについて

Tufin(R)はエンタープライズ・サイバーセキュリティー向けのNetwork Security Policy Orchestrationのリーダーである。フォーブスのGlobal 2000のトップ50社の半数以上はTufinに依頼して、数千のファイアウォール・ネットワーク機器、新たなハイブリッドクラウド・インフラストラクチャーで構成される世界最大かつ最も複雑なネットワークの一部の管理を簡略化している。企業は受賞歴のあるTufin Orchestration Suite(TM)を選択し、絶え間なく変化するビジネス要件に直面しながらもアジリティーを向上させるとともに強固なセキュリティー態勢を堅持している。このSuiteはセキュアかつ信頼できるアプリケーション・コネクティビティーへのアタックサーフィスを縮小し、より優れた可視性のニーズに応える。そのネットワークセキュリティー・オートメーションによって、企業は先を見越したリスク分析と持続的なポリシー順守によって変更を数分で実装することが可能になる。Tufinはあらゆる業界、あらゆる地点に展開する2000以上の顧客にサービスを提供している。同社の製品および技術は米国をはじめその他の国で特許で守られている。詳細はウェブサイトwww.tufin.com を参照、ないしはTwitterの@TufinTech( https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2366763-1&h=2730196056&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FTufinTech&a=%40TufinTech )でフォローするか、ないしはTufinのブログSuite Talk(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2366763-1&h=2932695688&u=https%3A%2F%2Fwww.tufin.com%2Fblog%2F&a=Suite+Talk )を参照。

TufinをTwitterの@TufinTech(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2366763-1&h=2730196056&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FTufinTech&a=%40TufinTech )でフォロー。

TufinのブログSuite Talk(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2366763-1&h=2932695688&u=https%3A%2F%2Fwww.tufin.com%2Fblog%2F&a=Suite+Talk )を参照。

▽問い合わせ先

Dan Gaffney

fama PR for Tufin

+1 (617) 986-5036

Tufin@famapr.com

ソース:Tufin

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/397425/tufin_logo_Logo.jpg

関連リンク:
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー