omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

カネカが米医療機器会社に出資

2019-02-05 20:28

【東京2019年2月5日PR Newswire=共同通信JBN】株式会社カネカ(本社:東京、社長:角倉護)は、米国の医療機器会社(社名は未公表、以下「同社」)と投資・戦略契約を結んだ。この契約によってカネカは同社に18.5%出資し、日本で同社の特許FFR製品の独占販売業者として2020年に販売を始める計画。同社のFFR製品を加えることによりカネカは診断機器の売上高が2022年までに1億ドルを突破する見通しで、米国と欧州、アジアなどでこの事業分野の発展を加速させる。

冠動脈の狭窄で起きる血流阻害状況を示すFFR(血流予備量比)は、心筋梗塞など虚血性心疾患(注1)に対する最適の治療法を探るために利用されている。FFRを活用すれば、狭窄の生理的影響を測定し、事前に最適の治療法を選べるため、医療費のかなりの抑制が期待できる。日本では2018年4月の診療報酬改定で手術前の機能的虚血評価(注2)が加えられた。この法改正のためFFR製品の市場規模は近い将来大幅に拡大すると見込まれる。

バルーンカテーテルや塞栓コイルを含むインターベンション血管内治療の従来の製品に加えて、カネカは診断医療機器に事業を広げていく。この分野は同社の先端技術を生かしたFFR製品を手始めにして、大きな成長が予想される。

カネカは提携と合併・買収(M&A)の機会を求め続け、世界で健康といきいきとした生活を支えるソリューションを提供し、2022年までに医療診断分野で1億ドルの売上高を達成することを目指している。

(注1)虚血性心疾患=心臓の冠動脈が狭くなるなど血液の流れが滞る疾患

(注2)機能的虚血評価=造影検査による定性的な判断ではなく血流を定量的に評価する

▽問い合わせ先

Kiminori Toda

Kiminori.Toda@kaneka.com

ソース:Kaneka Corporation 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/635217/Kaneka_Corporation_Logo.jpg  

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー