omniture
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

ウン・タト・ユン教授が大気水から水素燃料を製造するグリーンエネルギーソリューションを発表

2018-10-31 17:03

【香港2018年10月31PR Newswire=共同通信JBN】International Scalar Wave Quantum Instituteの創立者で、High-Level International Conference on UN Water Action Decade(国連水の国際10年行動計画に関する高級国際会議)国際運営委員会委員のウン・タト・ユン教授は、「Zero-pollution Hydrogen Fuel Sustainable Green Energy Solution(汚染ゼロ水素燃料の持続可能なグリーンエネルギーソリューション)」である大気水の電気分解による水素製造の革新的ソリューションを発表した。これは大気造水(atmospheric water generation)技術の産業開発と応用が新しいエネルギー分野にまで到達した重要なマイルストーンである。

ウン教授が大気水から水素燃料を製造する画期的で持続可能なグリーンエネルギーソリューションを発表
ウン教授が大気水から水素燃料を製造する画期的で持続可能なグリーンエネルギーソリューションを発表

ウン教授は、大気水技術を組み合わせることで水素燃料を真に持続可能なグリーン電力にすることを示唆している。水素燃料電池アプリケーションの人気はグローバルなトレンドとなるだろう。水素製造の原材料としての水資源は、水資源に対するグローバルな需要を拡大させることになる。世界はいま、新たな水不足と深刻な汚染の問題に直面している。地表水が気候変動により不可逆的な影響を受け、地下水が枯渇した場合、水素燃料としての水素を製造するための十分な水の確保が課題となろう。大気造水技術は、水素製造に必要な水の供給を確保するための持続可能で信頼できる革新的な水資源を提供する上で、重要な役割を果たすことができよう。モバイルな大気水プラントは、いつでもどこででも水資源を供給することができる。持続可能な水素発電のための「大気水」と水素燃料電池の統合は、真に持続可能な水とクリーンな電力ソリューションを提供する。

ウン教授の研究チームは、スカラー波量子インプラント技術の開発成功は量子物理学の世界への実用的な応用への扉を開いたと述べた。この技術で処理されたスーパーメタル(高純度金属)は、プラチナ(白金)、レニウム、ルテニウム、パラジウムなどの一般に使用されている希少金属、すなわち水素燃料電池の電力効率を解決するために使用することができるゼウス・スーパーメタル・シリーズの潜在的な適用効率を効果的に高める波-粒子の二重性の量子状態を有することが確認されている。通常の性能の貴金属に取って代わる触媒コンバーターの性能の急伸を伴うゼウス・スーパーメタルの使用は、水素燃料電池車の普及に資する車両の全体的な性能、すなわち出力と耐久性を効果的に向上させることができる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181029/2282087-1

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー