omniture

SolomonのAIベース3Dビジョンでロボットの複雑なタスク遂行を実現

Solomon Technology Corporation
2018-09-03 08:00 1065

【東京2018年93日 PR Newswire=共同通信JBN】世界中のメーカーは、コンピューターと自動化が全く新しい方法で一体化するインダストリー4.0への対応に備えている。AIをベースにしたSolomonのマシンビジョン・ソリューションのように、機械学習アルゴリズムを持ったコンピューターシステムにロボティクスがリモートで接続すれば、先進的な製造プロセスの監視を強化して生産性を高めることが可能である。

AIをベースにしたSolomonのマシンビジョン・ソリューションはロボットを「インテリジェント」かつ柔軟にし、生産性を大きく高めると語るジョニー・チェン会長
AIをベースにしたSolomonのマシンビジョン・ソリューションはロボットを「インテリジェント」かつ柔軟にし、生産性を大きく高めると語るジョニー・チェン会長

ランダム・ビンピッキングを例にあげてみよう。この一見簡単そうなタスクは、ロボットにとっては決して簡単ではない。しかしSolomonのAccuPick 3Dシステムは、その3Dスキャナーが高速で高品質のポイントクラウドを生成する能力を持つことから、高い識別率、そして簡単な操作でビンピッキングを行える。本システムは最大の効率と正確さでモノの複雑な形状を識別する能力を備えている。

AccuPickの動作計画モジュールは自動車部品、エレクトロニクス、食品包装、マシンテンディング、倉庫デバレタイズに及ぶ範囲の産業で、特大ビンの内部で動作するロボットアームが要求されるアプリケーションを具体的な対象としている。AccuPickはUniversal Robots(UR+認定)、Fanuc、Staubli、安川電機、Kuka、ABBなどの大手ロボットブランドに対応し、複雑な環境下で作業を行うことができる。

密封、組立、溶接、検査といった高度なタスクもロボットにとっては難しく、時間を必要とする作業である。SolmationはSolomonの3Dビジョンが誘導するロボットソリューションで、作業対象物の3次元の位置と配置を正確・高速に決定して特有の形状を識別することで、こうした一見して困難なタスクから複雑性を取り除く。

Solscan 3Dスキャナーで必要なのは、ロボットが動くべき経路をソフトウエアが即座にマッチさせ、計算する前の段階で作業対象物のスナップショットを撮ることだけである。そのアプリケーションで幾つかの例をあげると、自動車部品の密封、フットウエア部品の接着、金属やプラスチック注入物の高度な検査、モーターの溶接である。

工業環境における定義困難なキズ、染み、ヒビ割れ、そのほか多くの種類の不具合といった不規則なパターンの欠陥や外観については、SolomonのAIベースソフトウエアのSolvisionを使用すれば検査の課題をさらに解決できる。このソフトウエアのディープラーニングは面倒なコードを書くのが不要で、多様な種類の欠陥を検査できる。

必要なのは欠陥の種類を分類する2 – 3のサンプルだけだ。それを機械が学習し、検査タスクをシンプルにし、技術者がプログラムを書く時間を大きく節約する。Solvisionが持つもう1つの優位性は他のロボット、6軸ロボットSCARA、Solomonの3D Solscanスキャナー、ソフトウエアとシームレスに統合できることである。それにより、検査済みの対象物は適切に、自動的に分類される。

https://www.solomon-3D.com/jp

SolomonのAIベースのマシンビジョン・ソリューションの詳細については、同社は9月5日から7日に「ポートメッセなごや」で開催の第1回名古屋ロボデックスのブースNo. 21 – 43で最新のイノベーションを展示する。

▽メディア問い合わせ先

Mr. Yang
+886-2-87918989
https://www.solomon-3D.com
inquiry@solomon-3D.com

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180830/2224698-1

ソース:Solomon Technology Corporation

ソース: Solomon Technology Corporation