omniture

中国食品メーカーJinmailangが次世代の即席麺を開発

Jinmailang
2018-08-21 16:32 2075

【東京2018年8月21日PR Newswire】この画期的な発明は、60年前に即席麺が初めて開発された日本の業界に衝撃を与えている

今麦郎CEO範現国氏と日本の著名ラーメン評論家、アイドルが新製品をアピール
今麦郎CEO範現国氏と日本の著名ラーメン評論家、アイドルが新製品をアピール

1958年、日本の安藤百福氏は妻の揚げた天ぷらに着想を得て、世界で最初の世代の即席麺を発明した。60年後の8月21日、即席麺誕生の地である日本は、東京で中国即席麺メーカーJinmailang(今麦郎)のLaofanjia Instant Noodle Shop Noodlesの画期的な発表による即席麺技術の飛躍という挑戦に直面している。中国の伝統的な食生活文化から着想を得て、Jinmailangは中国式スチームボイル製法という発明が発表されたのだ。

日本の油揚げ麺技術から中国式スチームボイル技術へ、日本での発明から中国の再発明へと、60年間の発展の後、即席麺業界は大きな革命を目の当たりにしている。Laofanjia Instant Noodle Shop Noodlesで、Jinmailangは「Made in China」から「Created in China」へ技術において飛躍的な進歩を遂げ、伝統的な油揚げ麺方式からのパラダイム転換を代表する新たな技術として、Noodle Shop Noodles(ラーメン屋の麺)の風味を復元した第2世代即席麺を誕生させた。

大阪で開かれる9th World Instant Noodle Summit(第9回世界即席麺サミット)の前夜の8月21日、東京銀座で、「60年後の即席麺の再発明、即席麺が即席ラーメン屋の麺の時代に入る」をテーマにした中国式スチームボイル技術の記者会見が開かれ、多くの地元メディアの注目を集めた。

記者会見では、Jinmailangの創業者、範現国氏が新製品の背景にある物語を語った。美食家でもある範氏は数十年にわたり伝統的な中国食文化の研究に専念してきた。中国の家庭で見られる蒸しパンとゆで麺の伝統に着想を得て、彼は蒸す過程と煮る過程を結びつけることを通じてLaofanjia Instant Noodle Shop Noodlesを創り出した。この新製品は伝統的なゆで麺の栄養素に加え、最大限になめらかでコシのある食感を実現している。今や世界中の消費者はどこでも、いつでも、だれでもラーメン屋の出来立ての麺の味を楽しむことができる。発表会でこの新しい麺を口にした有力な日本の麺料理シェフは即座に両親指を立てて、まったくラーメン屋の出来立ての麺のようになめらかでコシのある麺だ!と絶賛した。

世界トップの美食文化の一つである中国は、食品を蒸して煮る長い歴史と伝統を持つ。中国古典研究の文献を集めた「Gushikao(古史考)」は「黄帝の治世(西暦紀元前 2717年ごろ)以来、中国人はコメを蒸し、粥を煮る伝統を持っている」と記録している。このように蒸したり煮たりする料理の伝統は数千年の時代をさかのぼり、世代から世代へと生き続けてきた文化的な遺伝子である。画期的なノンフライタイプのスチームボイル製法は数千年以上にわたり引き継がれてきた中国料理の技術から着想を得た。ラーメン屋の出来立ての麺のなめらかで腰のある食感に加えて風味を忠実に再生したこの新製法は、即席麺の再発明としてメディアから称賛されている。Jinmailang は、Laofanjia Instant Noodle Shop Noodlesを日本各地のスーパーで販売し、全世界の消費者とともに中国の蒸して煮る食文化を共有する計画だ。

(日本語リリース:クライアント提供)

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180821/2213913-1

ソース: Jinmailang
キーワード: 食品