omniture

韓国の仏教文化体験ウィークで体と心を癒やそう

Cultural Corps of Korean Buddhism
2018-06-01 18:00 1340

【ソウル(韓国)2018年6月1日PR Newswire=共同通信JBN】体と心を癒やす必要があるなら、香港の韓国文化院(Korean Cultural Centre)に行くことを勧める。韓国仏教文化事業団(Cultural Corps of Korean Buddhism)と韓国文化弘報院(Korean Culture and Information Service)は2018年6月11-13日、寺院料理(Temple Food)とテンプルステイ(Templestay)の振興イベントを開催する。

マルチメディアリリースの全容は以下を参照。

https://www.prnasia.com/mnr/templestay_20180528.shtml

 

 

 

 

禅の瞑想
禅の瞑想

 

ガムジャ・オンシメ・チュク=ポテトかゆ
ガムジャ・オンシメ・チュク=ポテトかゆ

 

コチュソバギ=唐辛子キムチ
コチュソバギ=唐辛子キムチ

寺院料理は、瞑想生活に役立たないとされる肉やガーリック、ネギなどアリウム属タマネギの辛味野菜5種を含まない料理で構成されている。代わりに天然の旬の食材を使用する。テンプルステイは、韓国仏教寺院の日常生活を誰もが体験できるプログラムである。

香港の韓国文化院では、寺院料理とテンプルステイの写真展、テンプルステイ体験、寺院料理クッキングクラスの3プログラムが無料で一般開放される。

写真展は寺院料理、テンプルステイ参加者、韓国寺院活動のさまざまな写真を展示する。クワ繊維の紙、韓紙でできた人形も展示される。ゴンギャンガン(台所と野菜畑)、バルゴンギャン(僧の伝統的な食事習慣)、さらに四季の寺院料理など、寺院生活の多様な局面を伺わせるものである。

ハスの花づくり、ブッダの言葉を彫った木版刷りなど実地体験アクティビティーもある。

3日間の寺院料理クッキングクラスはヨゴ尼僧が担当し、香港市民になじみ深い食材を使って、ガムジャ・オンシメ(ポテトスープ)とコチュソバギ(唐辛子キムチ)の作り方を教える。参加者は野菜を塩漬けして発酵させた伝統的な漬物、キムチについて学び、味わうこともできる。

テンプルステイは、2018年6月14-17日開催される香港国際観光展示会の期間中も体験可能である。扇子ペインティング、伝統模様のコースター作成、6月16、17両日の宝蓮灯づくりなどアクティビティーへの一般参加を歓迎する。

▽問い合わせ先

Korean Cultural Centre
+852-2270-3500 
http://hk.korean-culture.org/hk/welcome 
https://www.facebook.com/kcchongkong/

Korea's Tourism Organization
+852-2523-8065
http://big5chinese.visitkorea.or.kr/cht/MA/MA_CH_9_1_2_1.jsp

Video: https://cdn4.prnasia.com/002071/mnr/201805/templestay/video1.mp4
Video: https://cdn4.prnasia.com/002071/mnr/201805/templestay/video2.mp4 
Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20180529/2144580-1-a
Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20180529/2144580-1-b
Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20180529/2144580-1-c

ソース: Cultural Corps of Korean Buddhism 

ソース: Cultural Corps of Korean Buddhism
キーワード: 芸術 食品 観光