omniture
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

即席麺ブランド「満漢大餐」が徒歩で台湾一周した日本人女性伊藤千明さんを新しいCMの主役に起用

2018-02-06 09:00

【台北(台湾)2018年2月6日PR Newswire=共同通信JBN】最近、ある日本人女性が、有名な即席牛肉麺ブランド「満漢大餐」から注目を集めた。徒歩で台湾を一周する冒険に出かけた伊藤千明さんは、同ブランドから今年の新しいCMの主役に起用された。

日本人女性伊藤千明さんは身長150㎝に満たない小さな体に、10数キロのリュックを背負い、2016年に徒歩で台湾を一周しました。
日本人女性伊藤千明さんは身長150㎝に満たない小さな体に、10数キロのリュックを背負い、2016年に徒歩で台湾を一周しました。

2016年10月、身長150cmにも満たない女性、伊藤千明さんは、10数キロのリュックを背負い、2カ月余りをかけて徒歩で台湾を一周する旅に出かけた。伊藤さんは台湾の文化と恋に落ち、彼女のユニークな冒険はすぐ台湾メディアの注目を集めた。伊藤さんはかつてFacebookに「私は小さくて、ご飯はあまり食べないけど、夕食に『満漢大餐』を食べればとても幸せ」と、投稿した。伊藤さんが自社ブランドを好んでいることに気付いた満漢大餐は、彼女のストーリーや経験を通じて台湾の牛肉麺や地元の観光名所を世界中の人々に広めることを期待し、伊藤さんを今年の新しいCMの主役に起用した。

伊藤さんが好きな台湾の牛肉麺メーカーが、伊藤さんを台湾の旅のCMに起用しました。
伊藤さんが好きな台湾の牛肉麺メーカーが、伊藤さんを台湾の旅のCMに起用しました。

台湾は日本人観光客の興味をそそる魅力的な旅行先となってきた。有名な観光地や地元の台湾のブランドだけでなく、台湾の文化も彼らの心をとらえた。そのため、台湾で「長期滞在旅行」を開始し、その真の美しさを探求する日本人観光客が増えている。伊藤千明さんはその一人である。

一周旅行の間、予想外なことに伊藤さんのストーリーは台湾でオンラインでカバーされた。それ以降、彼女は台湾のマスコミ、そして満漢大餐をはじめとする地元の人々や企業から注目を集めた。伊藤さんが旅行中に賞味した即席牛肉麺のメーカー、満漢大餐は彼女がまだ訪れていない地元観光スポットに連れて行くことを提案した。満漢大餐は、その間に撮影された映像を使用して新しいCMを制作し、彼女をCMビデオの主役とした。

伊藤さんは「私にとって旅行とは地元の美しい風景を訪れ地元の人々と交流することを意味している。何年も前に行った2日間の台湾旅行で経験した美しい思い出があるので、今回は歩いて台湾を回ることを決めた。徒歩の旅は地元の人々との交流や、車の旅行では決して起きなかった思いがけない驚きをもたらした。旅の間に出会った多くの台湾の人々からは様々な訪問先を勧められた。ガイドブックには載っていない新しく、一般に知られてないスポットをたくさん見つけた。そのうえ、私が大好きな満漢大餐のCMに出るなんて思いもしなかった」と語った。

満漢大餐は、このCMが美しい台湾の自然と地元の習慣を世界に紹介するのを助け、日本からより多くの旅行者を引き寄せて、台湾での「長期滞在」体験を楽しみより深く知ってもらうことを望んでいる。伊藤さんは「台湾は日本と似通っているため、何千人もの日本人が休暇のために台湾を訪れる。彼らはたった2、3日間の短い休暇で台湾を訪れる。私の友人のほとんどは少なくとも一度は台湾を訪れている。日本人にとって台湾は好きな観光スポットである。そこで、私は台湾への2カ月間の台湾旅行を計画した。その後もここに滞在するとは考えもしなかった!」と述べた。

伊藤さんは、台湾は、近所の人々が互いに助け合い訪問者には親切に接する昭和時代の日本に似ていると考えている。彼女が台湾で一人旅をしたにもかかわらず、寂しさを感じなかったのはこのためである。彼女は2カ月間の旅行中、様々な観光地を訪れ、あらゆる種類の料理を楽しんだ。伊藤さんによれば、彼女が発見した最も印象的な製品は、満漢大餐即席牛肉麺だった。彼女は初めてこれを食べて驚いた。伊藤さんは、牛肉麺の中で本物の肉の塊を味わうことができると強調した。スープの豊かさは、日本のラーメンのように味わい深いので、日本人の味覚によく合っている。

伊藤さんは本物の牛肉が入った満漢大餐牛肉麺に、非常に驚きました。簡単なトッピングを加えるだけで、風味豊かな料理に変身します。
伊藤さんは本物の牛肉が入った満漢大餐牛肉麺に、非常に驚きました。簡単なトッピングを加えるだけで、風味豊かな料理に変身します。

伊藤さんはリュックに満漢大餐を入れ、旅行中に撮影された映像を通して台湾の地元の美しい風景と美味しい食べ物を紹介する。満漢大餐は伊東さんの旅行の本物の体験を披露するため、10年前に、台湾を自転車で一周する(環島・ファンダオ)ブームを引き起こした映画「練習曲」の有名な映画監督、陳懐恩氏をCMの共同監督に招いた。伊藤さんの驚くべき旅行は、映画での感動的な台詞「今やらなければ、一生できない」の完全な実現化である。

伊藤さんは、新竹北埔にある太陽味柿餅という台湾人地元スポットが、印象深かったと言います。
伊藤さんは、新竹北埔にある太陽味柿餅という台湾人地元スポットが、印象深かったと言います。

伊藤さんは旅行後、日本から訪れる人にお勧めする場所は、と聞かれた。 「たくさんの美しい場所があります。そのすべてをシェアしたい。深坑の古い町並みには独特のレトロな雰囲気があり、新竹の北埔も魅力的だ。これらの場所には外国人旅行者はほどんどいない。台湾旅行のトップチョイスとしては美しい景色と美味がオススメだ。だが多くのキャンプ愛好家が滞在するキャンプゾーンが最も印象的である。初めて出会った人々と食べ物を共有することは、心温まる光景だ」と伊藤さんは語った。

CM撮影時、伊藤さんはキャンプ愛好家の方と一緒に見たきれいな夕焼けに、感動しました。
CM撮影時、伊藤さんはキャンプ愛好家の方と一緒に見たきれいな夕焼けに、感動しました。

伊藤さんに続いて、台湾を旅し、異なる種類の台湾文化と地元のおもてなしをお楽しみください。満漢大餐の新しいCMには、旅行ガイドにはない特別な呼び物がある。詳細は、以下にアクセスを。https://youtu.be/VJZy5mb1YF0

満漢大餐について
満漢大餐について

満漢大餐について

「満漢大餐」は台湾の名シェフ傅培梅氏が開発し、既に台湾で30年以上ベストセラーである。傅培梅氏は台湾で初めて、テレビ番組で料理を教え、また日本のフジテレビでも、中国料理番組を5年間務めた。満漢大餐は傅培梅氏と共に、この牛肉麺が台湾人の味のひとつになることを願っている。今では、満漢大餐は外国人観光客が台湾旅行で必ず買いたい土産の1つにもなっている。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180123/2036477-1-a
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180123/2036477-1-b
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180123/2036477-1-c
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180123/2036477-1-d
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180123/2036477-1-e
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180123/2036477-1-f

ソース:満漢大餐

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー