omniture

SAEの2017年パワートレーン、燃料潤滑油国際会議が北京で閉幕

SAE International China Office
2017-11-01 12:53 874

【北京2017年11月1日PR Newswire=共同通信JBN】SAEの2017年パワートレーン、燃料潤滑油国際会議(International Powertrains, Fuels & Lubricants Meeting、PF&L)は10月16日から19日にかけて、20カ国以上の642人が参加して北京国家会議センターで行われた。

中国工程院会員でFAW副技師長の李駿博士が「Technology Development Analysis on Low Carbon for Power of Heavy Duty Commercial Vehicle in China」をテーマに基調講演
中国工程院会員でFAW副技師長の李駿博士が「Technology Development Analysis on Low Carbon for Power of Heavy Duty Commercial Vehicle in China」をテーマに基調講演

 

精華大学自動車の安全と省エネルギー国家試験所の帥石金教授
精華大学自動車の安全と省エネルギー国家試験所の帥石金教授

 

ハンブルクのシェル・テクノロジーセンター副社長スティーブ・ブライス博士が「Powering Progress Together - Innovation through Collaboration」について基調講演
ハンブルクのシェル・テクノロジーセンター副社長スティーブ・ブライス博士が「Powering Progress Together - Innovation through Collaboration」について基調講演

 

20カ国以上の642人が参加して北京で開催された2017年パワートレーン、燃料潤滑油 国際会議が閉幕
20カ国以上の642人が参加して北京で開催された2017年パワートレーン、燃料潤滑油 国際会議が閉幕

年1回のPF&Lは1933年以来、パワートレーン、燃料、潤滑油に関し各国で巡回開催されている著名な技術会議である。会議の議長を務めた精華大学自動車の安全と省エネルギー国家試験所の帥石金教授、バーミンガム大学(英国)の徐宏明教授、アルゴンヌ国立研究所(米国)のトマス・ウォルナー氏、アブデュラ王立工科大学(サウジアラビア)のベンクト・ヨハンソン教授、および業界専門家10人以上の強力なサポートを受けた2017年PF&Lは、2008年以来の中国開催である。

中国工程院(CAE)会員でFAW副技師長の李駿博士、ハンブルクのシェル・テクノロジーセンター副社長スティーブ・ブライス博士、カミンズ副社長のウェイン・エカール博士、サウジアラムコ最高技術責任者(CTO)のアーマド・コワイター氏、Ricardo最高技術革新責任者のネビル・ジャクソン氏がそれぞれ「Technology Development Analysis on Low Carbon for Power of Heavy Duty Commercial Vehicle in China(中国ヘビーデューティー商用車向け動力用低酸素の技術開発分析)」「Powering Progress Together - Innovation through Collaboration(ともに動力を発展-協力を通じた革新)」「Future Cummins Powertrains and Implications for Future Fuels and Lubricants Systems(カミンズの将来のパワートレーンと将来の燃料&潤滑油システムが意味するもの)」「Overview of Global Transportation Fuel Supply(世界的な輸送燃料供給の概観)」「Trend of Future Automotive Engine Technology(将来の自動車エンジン技術の傾向)」と題して基調講演を行った。

2つの特別セッション-「China 6 Light-Duty PN Regulation(中国の6軽量PN規制)」に関する会合と「Clean Fuels for Future High Efficiency Engines(将来の高効率エンジン用のクリーン燃料)」がテーマのシンポジウム-があり、中国環境保護省(MEP)と欧州委員会(EC)の専門家、Kunlun Lubricant(崑崙潤滑剤会社)、Sinopec(中国石油化工)、サウジアラムコ、シェル、Afton、ルーブリゾール、シェブロン、コーニング、BASFなど石油化学・素材の大手、さらに自動車業界、大学の第一人者が規制と政策、パワートレーン技術の進路、クリーン燃料、先進エンジン技術、その他について講演を行った。

パワートレーン、燃料、潤滑油に関する論文245点が公表された。2018年のPF&Lはドイツのハイデルブルクで9月17-19日に開催される。論文提出期限は2018年2月12日。

SAE International(SAEインターナショナル)は、技術専門家の最高の知識源になることを目指す世界的組織である。12万7000人を超える技術者、専門家を結びつけて、広範な業界全体の知識と専門技術を推進する。SAE Internationalは、モビリティー技術専門家のための生涯学習奨励と業界技術基準の設定という2つの優先事項に従って行動している。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171030/1978145-1-a
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171030/1978145-1-b
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171030/1978145-1-c
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171030/1978145-1-d

ソース: SAE International China Office