omniture

◎新職場環境基準は面積当たりの生活の質 コアネット・グローバル

CoreNet Global
2013-02-09 04:01 1184

【上海2013年2月8日PRN=共同JBN】コアネット・グローバル(CoreNet Global)は、企業が採用すべき新ビジネスモデルとして従業員の健康と仕事・生活の支援を訴えている。

コアネットの新しい意見表明書によると、企業は「1平方フィートごとの生活の質」を測定し、職場の設計を含む主要な改革に知識労働者の声をもっと反映する必要がある。意見表明書はさらに、社会的に責任ある企業活動として職場環境と職務体験の質的向上を提唱している。

「従業員の健康と定着を促進する職務体験の向上」は、この3月26-28日に中国の上海で開かれるコアネット・グローバル・アジア太平洋サミット(Asia-Pacific Summit)(http://www.corenetglobal.org/Events/ShanghaiSummit2013/index.cfm?navItemNumber=16954&navItemNumber=16871)で検証されるテーマに含まれる。

上海サミットについての詳しい情報は以下をクリック

http://www.corenetglobal.org/Events/ShanghaiSummit2013/index.cfm )。

コアネット・グローバルの7700人以上の会員は、世界の企業職場の設計と運営に影響力を持っている。

知識労働者の最大70%は一つの職場に定着せず、また束縛されないように努めているため、その経済的重要性は人的資源の価値と同じように高まっている。

コアネットは企業社会に対し、以下のように職場の改善を提案している。

*総体的で統合的な職場設計。共同作業や集中、研修、交際を狙いとしたオープンで革新的な職場。可能であれば在宅勤務やその他のモバイルな勤務形態を併用する

*健康と快適さを高める持続可能な対策の重視。例えば

  •  非毒性および再生素材の活用
  • 人間工学に基づく家具や機器
  • エネルギー効率の高い窓による昼間採光と眺望
  • 多機能エアコンによる自然な換気
  • バランスの取れた室温調整
  • 高性能照明装置
  • 日よけ、クール・ルーフ(太陽光反射型屋根)とグリーン・ルーフ(屋上緑化)
  • 水資源の保全と豪雨対策

*総合的な健康に目を向けたアメニティーの組み入れ。例えば

  •  フレキシブルな労働条件、勤務時間
  • 主な職場に代わる「第3の場所」、「第3のスペース」
  • 仕事と生活を支援する「エコシステム」の延長として、個人情報機器と企業システムを一体化する。従業員は自分の技術を持ち込める(BYOT=ブリング・ユア・オウン・テクノロジー)
  • フィットネス・クラブ、ウオーキングとランニングのコース
  • 健康面から選択ができ、新鮮な地場食品を提供するカフェテリアや喫茶コーナー、フード・サービス。健康的な食生活を促進するプログラム

*通勤による二酸化炭素の排出量を以下の手段で減らすことを奨励する

  •  公共交通とのリンク、マイカー乗り換え、カープール(車の相乗り)、自転車専用路、自転車置き場

意見表明書はさらに、企業不動産(CRE)担当役員が1平方フィート当たりのコストや従業員1人当たりの売上高といった古い生産性の「2次元的測定基準」から発想を転換するよう勧めている。企業によっては事務管理部門でCREと人的資源(HR)の間で顕著な提携が浮上している。

注釈:不動産に対する「1平方フィート当たりの生活の質」という手法は、コアネット・グローバル・ストラテジック・パートナー(Strategic Partner)であるソデクソ(Sodexo)が開発した考え方。ソデクソは、個人や組織のパフォーマンスに欠かせない生活の質を向上させるサービスでは世界的な大手企業。

コアネット・グローバルはCREおよび職場の担当重役や同サービスプロバイダー、経済開発担当者の世界的組織で、7700人以上の会員がいる。

さらに詳しい情報は下のサイトで
www.corenetglobal.org
上海サミットの取材に関心があるプレスのメール送信先は
david@harrisoncommunications.net

▽問い合わせ先
Richard Kadzis
+1-404-589-3240
rkadzis@corenetglobal.org

ソース:CoreNet Global

ソース: CoreNet Global
キーワード: 教育 人事管理/人事